尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:

deadman    「パイレーツ・オブ・カリビアン  デッドマンズ・チェスト」




待ちに待った「パイレーツ・オブ・カリビアン」の続編!“デッドマンズ・チェスト”


あのジャック・スパロウにまた会える!!


しかも今度は2時間半も眺められる!!


と、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウにメロメロの人なら、もう内容なんてどうでもいい!!と

思ってしまうほど興奮できる一本である


ということで、これまでジョニー・デップは、様々な役を演じてきたが、私は、このジャック・スパロウを演じているジョニー・デップが、どのジョニー・デップよりかっこいいと崇拝しているので(笑)今回の採点は、

とにかく甘い。


もう2時間半眺められるだけで、幸せなのだから。。。



しかし、そういった感想だけでは、皆さんの役にはたてないので、少し辛口に評価させていただきたいと思います。



はっきり言って、内容は“1”のほうが面白いと思う。


“1”はとにかく“中だるみ”という言葉を一切知らないかのように始めから終わりまで興奮の連続だった。


しかし、今回は、時間を少し長くしすぎたせいか、“中だるみ”という言葉をこの作品も知ることとなった



それでもこのシリーズのファンにとっては十分に満足できる。


あの「パイレーツ・オブ・カリビアン」の世界をまた堪能できるのだから!


しかし、逆に、“1”のあまりの出来のよさを知ってしまっているからこそ、少々物足りなさを感じてしまうというのも否めないだろう



そして、もう一つの要因は、この作品では、話が一切完結しないということにあるだろう。


次回作で完結するにしても、一応、何かは今回けりをつけて欲しかったようにも思う。


完全に“続く~!!”というかたちで終わられてしまうので、これで一年近く待たすの~とショックを受ける。



しかし!!


さすがパイレーツシリーズ!!


観客の心をつかむのがうまい!


最後の最後まで、これで終わったらちょっと納得いかないなぁ~。と思いつつ観ていると!!


最後の最後で、ある“隠し玉”が出てくる


この隠し玉を観た瞬間!


うっわあ~!!


早く次がみた~~~~い!!


それまでのちょっとした不満が一気に吹き飛んでしまう



ということで、なんだかんだ言っても、この作品は最高である



しかし!


“1”を観ていないのに、話題だからといきなり“2”を観ることだけは絶対にタブーである。


“1”と完全に続いているので、今作をいきなり観ても、このシリーズのよさを堪能することはできない。



そして、もう一つの忠告。


最後まで席を立たないこと









AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

lakesaide   「レイクサイド・マーダーケース」



東野圭吾原作の「レイクサイド」を映画化したこの作品。


中学受験を控えた3組の親子が、受験対策のための合宿で山奥の別荘を訪れる。

そこに主人公:役所広司の愛人が訪れる。

ホテルで待ってる。という愛人のもとへ、仕事だと嘘をつき、一度は行こうとする役所広司だったが、

結局彼は行くのをやめ、家族が泊まっている別荘へと帰る。


しかし、そこで待ち受けていたのは、

ホテルにいるはずの愛人の死体と、彼女を殺したという自分の妻、

そして、子どもたちのお受験のためにこの殺人を隠蔽しようというその他の親たちだった。



またしても、私のお気に入り、東野圭吾の原作。


そして、またしても東野圭吾はすごいと感じさせられる作品だった。



彼は、人間の心理描写が実にうまい



主人公の男は、自分以外が、不気味なほどに団結し、死体を隠蔽しようとする中で、

一人、警察へ行こうと抵抗を続ける。


そんな中、子どもたちの受験はどうなるんだと、みんなに攻められ続ける主人公。



こういった状況に陥った時、人はどうなってしまうのか



この映画は、そんな人の心の変化していく過程を、実にリアルに描いている



あまりにリアルであり、恐怖さえ感じる




また、この作品は、


他の映画ではあまりない、まるで舞台を観ているかのような、淡々をした、もの静かななか展開される


普通、映画でこのようなものを見せられては、退屈で、うんざりしてしまうだろう。


しかし、


この映画は、この淡々とした雰囲気が嫌ではない


逆に、何かに取り付かれたかのように、引き込まれる


この淡々とした雰囲気が、この映画独特の不気味さを最大限のものにし


よりよい作品にしている



不思議な魔力を持っている


他には滅多に観られない作品であろう。



実にリアルである









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

eri   「エリザベスタウン」



人気俳優オーランド・ブルームの主演作。


仕事で大失敗をしてしまい、自殺を考えるほど落ち込む主人公。

今から死のうとするところに、一本の電話が入る。

それは、父親の死を知らせる電話だった。

父親のいる土地へと向かう旅を通して、彼の新たな人生が始まる。



はっきり言って、


この映画は、いい映画だろ?ということを匂わせすぎている


話がよくて、いい映画だったと感じるのではなく、


作り手が、いい映画であるということを売りにしようとしていることがプンプンな映画に仕上がっているので、


観ていて、それが逆効果である。


いい映画にみせようという魂胆がみえすぎて、それほど感動できない。



オーランド・ブルームも今、かなりの人気俳優であるので、ファンの人が聞くと激怒するであろうが、

私は、彼の演技がうまいとは到底思えない。

今回も、その気持ちは変わることはなく、やっぱりうまくないなと思ってしまった。

それに、髪型といいダサいし、今までの作品の中で、最もいけてない彼を目撃してしまうだろう。


彼と出会って、彼の人生を輝かしいものにしてくれる運命の女性を演じるキルスティン・ダンストは、

逆に魅力的な女性を演じている。

こういう女の子って魅力的だね。と思ってしまう。



しかし、そんな2人の恋愛も、それほど感動できるものでもなければ、

感情移入も全くできない


また、父親が、町中のみんなに愛されていて、落ち込んだ主人公にとって、


その愛にあふれた世界は、人生は捨てたもんじゃないんだ!と


希望の光を照らしてくるものとして描かれているが、


あまりに愛されすぎていて、


あまりにいい人しかいなくて、


観ているものにとっては、


逆に興醒めである。



この映画は、


世の中捨てたもんじゃない。


落ち込むことがあったって、きっといいことがあるさ。


人間ってのは、いいもんなんだぜ。


といったことを


誇張表現している映画である。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8gatu   「8月のクリスマス」



韓国映画のリメイクであるこの作品。


はじめ全く関心もなかったのだが、予告を観て、観てみようと思った。



よかった。


久しぶりにこんな風に泣ける映画を観たなぁと感動した



山崎まさよし演じる主人公は写真屋を経営しているのだけれど、

病に侵され、余命は残りわずか。

そんなことを自覚している彼は、自分の運命を受け入れ死を待つ覚悟をしていた。

もう人を好きになることもないと。

そんな時、写真屋に一人の若い女の子が訪れ、次第に仲良くなる。

そして、2人の間にはいつしか愛が芽生えるのだった。



死を目の前にしながらも明るく生きる主人公。

しかし、ふとしたときに死に対する恐怖心に襲われ、取り乱してしまう。

そんな主人公の姿を山崎まさよしが、とても自然に演じていてとてもよかった。


また、山崎まさよしと恋に落ちる女の子を演じた関めぐみも、始めはもうすこし優しい感じのかわいい子のほうがいいのでは?と思って観ていたが、物語が進むにつれ、この役にはこの子がぴったりなのだと思えるようになった。


2人の少しぎこちなく進展していく恋愛模様が、リアルでとても新鮮



また、死を目の前にして、残される家族の為に、静かに準備をしていく様子などは非常に胸を打たれる。

DVDの使い方を、父親に教えるシーンなどは切ない。


また、死の恐怖と戦う息子を見守る父親の姿も、とても胸が痛くなる。


その他にも、胸を絞めつけられるような切ないシーンがいくつかあり、ジーンとくる。




そして、ラスト。


エンドロールが始まると流れ出す山崎まさよしの歌声が、最高にいい


こんなにも心に響く歌声があるだろうかと思えるほど、静かに心に沁みわたり


また新たな涙があふれだす




静かに心に沁みる物語である



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

運命の女    「運命の女」



もう劇場公開されたのは2002年という4年も前の作品なのですね。。。


先日、TVで放映されて、もう一度観てみました。


劇場で観たときに、なんともよく出来た作品なんだろうと感動し、


DVDも持っているにも関わらず、なかなか見直す機会がなくて、TV放送をいい機にもう一度観てみました。



やはりこの作品は、実によく出来た作品だと思います。


その素晴らしさを再度観て、再確認しました。



ダイアン・レイン演じる主人公の女は、リチャード・ギア演じる優しい旦那と、一人の息子に恵まれ、

何不自由ない幸せな日々を送っていた。

そんなある日、強風吹き荒れる中、外出した彼女は、偶然、オリヴィエ・マルティネス演じる若い男と出会ってしまう。

旦那を愛し、日々の生活になんの不満もなかった彼女だったが、偶然に出会ってしまった若い男に惹かれてしまい、2人は愛欲の日々に溺れてしまう。



ダイアン・レインは、この作品で高い評価を受けたが、その演技には納得させられるものがあり、

なんとも大人の女の魅力が溢れている。


そして、今回、私が個人的に彼女の演技よりもさらに評価したいのは、

彼女の夫を演じたリチャード・ギアの演技である。


妻の浮気に気づき、次第に自分を失っていく真面目で一途な夫の姿を、実にリアルに演じている。


これぞ、迫真の演技と言えるのではないだろうか。



何の不満も持っていないはずの日常に、ふと入り込んできてしまった男に、心惹かれてしまう。

いけないとわかっていても溺れてしまう。

不倫という危険な落とし穴

それは、一度足を踏み入れてしまうと、一気に崩れ落ちていってしまうものだということがうまく描かれている大人の物語である。


そして、軽い気持ちで始めた大人の恋愛が、取り返しのつかないことになっていってしまうサスペンスへと発展する。


不倫を隠す妻と、不倫相手を殺めてしまった夫の駆け引きが非常にうまい。


その後の展開など、取り立てて褒めるほどの展開ではないのかもしれない


しかし、その展開が、非常に輝きを放つほど、撮り方がうまいと私は思う。


さすが「危険な情事」の監督である。



そして、夫婦というものの絆や、夫婦関係の重さというもの、


“夫婦であるということ”について、


深く考えさせられる映画である。



とにかく絶賛


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

深紅    「深紅」



野沢尚原作の「深紅」。


野沢尚は、この作品を遺して、この世を去ってしまった。


彼が残した最後の作品の映画化である。



私は個人的に、内山理名の芝居があまり好きではない。

本作品を観ても、その心は変わらなかった。


しかし、そこそこにいい作品ではあったように思う。


8年前に家族全員をある男によって惨殺された内山理名演じる主人公:泰子は、

加害者の男の一人娘の存在に興味を抱き、自分がその事件の被害者であることは隠したまま、

彼女に会いに行く。

加害者の娘:美歩に会った泰子は、何をしようとするのか。。。



殺人事件には、必ず被害者と加害者がいる


その二者の関係を、うまく描いている作品である。



中でも、今回焦点を当てている、非常に意味のあるテーマは、


これらの当事者には、家族がいるということ


その家族の存在が、重く描いてある。


家族、今回の映画では、子であるが、


当事者の家族、残された存在が、その罪を一生抱えて生きていかなければならないということが、


実に切実に伝わってくる出来になっている。




家族の犯した罪に苦しみ、


家族が被害にあってしまったことで、自らが加害者への憎しみを募らせ、


被害者が加害者へと変わるかもしれないという、


一つの犯罪が、連鎖反応のように、多くのものを縛りつけ、苦しみ続けさせるものであるという、


一つの罪の重さをうまく描いている作品である。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

go    「ゴスフォード・パーク」



何年か前に公開になったこの映画。


当時けっこう話題になり、高い評価も受けていた。



確かに、キャストはいっぱい出てきて豪華かもしれない。


ふと気づくと、まだ今のように世に出る前のクライヴ・オーウェンなんかの姿もあり、

ちょっぴりドキっとさせてくれたりもする。



しかし!!


これほどまでに退屈で、面白くない映画に久しぶりに当たってしまった


感想はただその一言に尽きる。



とにかく退屈である。


どこに高い評価が与えられたのか、首をひねるばかりである。




殺人事件の話であるが、


そのメインの殺人事件が起こるまで、なんと1時間20分もかかってしまうのである!!


なんとも前代未聞だ。



それでも、その事件が起こるまでに、殺人事件が起こるまでの過程をミステリアスに描くなりなんなり、

事件の起こりそうな臭いプンプンに描いているのなら、まだ退屈もしない。


しかし、そんなことは皆無に等しく、大勢の登場人物の、聞いても誰が誰だか一切わからない、ややこしい名前が飛び交い、~卿がどうした、~卿がこうした。そんな会話ばかりが延々と続く。


その時点で、すでにうんざりで、これから起こる殺人事件がどうだなんて、どうでもいい気分になる


なので、殺人事件が起こっても、興味はわかず、じっくり見ていれば、面白いのかもしれないが


はっきり言って、


もう内容をわかろうという気にさえならない


そんな映画である。



久しぶりに、劇場に行かなかったことを心底よかったと思い、


DVDをレンタルしてしまったことを心底後悔した作品であった。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

mi3   「M:i:3」



待ちに待ったシリーズ最新作!!


トム・クルーズ主演のスパイアクション「ミッション・インポッシブル」の最新作。



今回は、今までと違い、イーサン・ハントの私生活が描かれるということで話題になったこの作品。


彼女との結婚を選んだイーサンは、現場を離れ、指導者として働いていた。

そこへ、新たな依頼が入り、現場に戻って欲しいと言われる。

仲間を助けるため、現場復帰するイーサンだったが、そのために大切な彼女も危険にさらされ、

自分さえも頭に爆弾を仕掛けられるという史上最悪の事態に陥ってしまう。


今回も、アクション満載。


オープニングのシーンは、イーサンと彼女の危機迫るシーンから始まり、


きゃ~!!どうするの~??イーサン~!!


とハラハラしていると、バンっ!と画面は切り替わり、


お決まりのテーマ曲とオープニング映像!


これほど、このシリーズのファンの心を奮い立たせ、興奮を最高潮に持っていってくれるオープニングがあるだろうか!!


と大満足して、大興奮!



オープニングはこうでなくては!!


この「ミッション・インポッシブル」シリーズ「007」シリーズが、ファンの心を虜にし、つかんで離さないというのは、このお決まりのオープニングやテーマ曲の魔力によるものというのも一理あると言えるだろう。



そして、今作。


今回も、お決まりのスパイアイテムの数々、トム・クルーズ自身体を張ったアクションシーンの数々。


このシリーズならではの魅力満載で、文句なしに楽しめる出来に仕上がっている。



この夏、観るなら本作、もしくは「パイレーツ・オブ・カリビアン~デッドマンズ・チェスト」となるであろう

(パイレーツは観ていないが、あのジャック・スパロウの姿を観れるのに面白くないはずはないという独断と偏見でスンマセン)


なので、細かいことを気にしなければ、文句なしに楽しめる。



しかし、少し厳しい目線でいうならば、つっこむところはある。



今回、キーワードになるのは、敵を演じるフィリップ・シーモア・ホフマンが大量に売りさばこうとしている“ラビットフット”という代物。


しかし、この“ラビットフット”というものが、一体何物なのか、その描きが雑である。


最後まで、はっきりはしない。


普通、こういう話で、こういったキーワード的代物が登場した時は、その物がどういうものなのか、

犯人がその物を使って、なにをどうしたいか、それをすればどうなるのか、ということは明確に描かれる


しかし、今回は、そのことは、非常に大雑把である。


なので、かなりの悪と思わせる感じで登場する悪:フィリップ・シーモア・ホフマンも、結局、何がしたくて、何のためにそんなことをしていたのか??


それをすることでの、あなたの野望は結局なんだったの??


と思ってしまう。



主人公:イーサン・ハント同様、

今回は、この作品自体が、イーサン・ハントの恋人に気を取られすぎていたといえるのではないか



しかし、最後に“ラビットフット”の正体をイーサン・ハントもわからないままで、

上司に聞くと「仕事を辞めなければ教えてやる」などと言われ、

なんだかまんまとごまかされた感じが残った。


でも、まぁ、いいか。と思える程度のものなので、気にしなくても大丈夫である。



それに、逆に考えると、このことが、

イーサン・ハントと観客の立場を同じにするという効果を生み出しているようにも考えられる。



ということで、


そんな不満は少々ありつつも、楽しめる出来なので、損はしないし、アクション満載なので、

観るなら絶対劇場で観ることをオススメする。



最後に、個人的不満を述べさせていただき、終わりにしたいのだが・・・


私的には、ラストがどうも気に食わなかった。


今回、イーサン・ハントの彼女は準主役のような存在ではあったが、


ちょっと出すぎた感じがあったようで。。。


ちょっと立ち入りすぎな感じがして。。。



まぁ。


なんと言っても、おもしろかったですね









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

game    「g@me」



仲間由紀恵・藤木直人 主演の映画「g@me」


原作は、今最も旬な作家:東野圭吾の「ゲームの名は誘拐」。


本を滅多に読まない私が、2作品も一気に読破した、唯一の作家。

「容疑者Xの献身」「白夜行」「殺人の門」のように、

人間の心の奥に眠る暗く秘められた部分に鋭く焦点を当てたものが多い彼の作品。


とても切なく、考えさせられる、読んだあとも切なさが、ただただ後を引く

そんな彼の作品が大好きな私。


そんな東野圭吾の原作ということ。


そして、他のDVDに収録されていた、仲間由紀恵と藤木直人がキスをしている予告編を偶然目にして、

なんだか無性にみたくなった気まぐれな私。



さすが東野圭吾の作品。


最後の最後まで、どうなるのか?これで最後か??と思わせる、最後の最後まで粘るどんでん返しの連続。

それなりに面白い出来だった。


しかし、上に述べたような、切なく、考えさせられるような要素は一切なかった


まぁ、単なる恋愛ものといった感じだった。


それに少々、サスペンスの要素をプラスしたといったところであろう。



しかし、それにしては、最後が粘りすぎて、もういいよ。まだ、何か起こすの?と、

しつこさが残ったようにも思えた。



最後に残った感想は、


こんなんじゃ本当の恋にしたって、何を信じていいのかわからなくなって、

お互いが本気だったとしても最後までその愛に確信はもてないよね。


と、ちょっと冷めた目線で思ってしまう、傍観者的視点で、外から眺める感じの作品だった。


ようは、感情移入はできない恋愛映画



しかし、それなりに面白い


そこは、さすが東野圭吾といったとこだろうか




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

グリム   「ブラザーズ・グリム」




ん~。なんとも子ども騙しな映画ですな。


と言いたいところですが、そうもいかないこの映画。



はっきり言って、全てが中途半端で、薄味な映画である。



話は、グリム兄弟が、インチキな魔女払いなどで金儲けをしているところに、

子どもたちが行方不明になったという依頼がくる。今回もインチキで金儲けをしようとたくらんでいたグリム兄弟だったが、今回は、本当におそろしい魔女が登場するのだった。


魔女がいる森は呪われていて、木が動いたり、魔法をかけられた人間が狼になって登場したりするのだが、

これがなんともちゃちなCGで作られていて、みていてがっかりする。


そこで、始めに述べたように、なんとも子ども騙しのファンタジー映画ね。といいたくなる。


しかし、その割には、そんなところで、そんなグロいことしなくてもいいんじゃないの??


と思えるようなグロいシーンも度々出てくる


なので、子ども向け映画とも言えない



でも、大人向けにしては作りも話も浅すぎる



ということで、



一体、誰が観ればいいのだ??



とつっこみたくなる映画であった。



でも、悔しいかな、観ていて意外とドキドキするシーンもあって、


けなしている割には、ハラハラして、映画に観入っている自分もいたりする、そんな作品であった。



暇つぶしにはいいのではないだろうか。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。