尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:

kentai     「倦怠」



なんだ?!なんだ?!このエロそうなパッケージは!?


劇場で公開されたこの作品。映画雑誌で見かけて少々気になっていたのだけれど。


自分の近くの劇場では公開されず。もちろんかなりマイナーな感じの作品なので、よほどのミニシアター系映画館でしか公開にならないであろう。


※といってもAVでは決してないのですよ(笑)


ちゃんとした芸術系作品で、テーマもきちんとしています


ということで、思い切ってレンタルしてみました(笑)


R-18作品だけあって、かなりエロいシーンは盛りだくさんです。

しかも主人公の男を虜にさせる女の子が、かなり肉付きのいい体つきで、その脂肪がこの上もなくいやらしく見えた。


内容は、ただエロいだけが見せ場ではなく、きちんと描いていますよ。


愛に溺れていく人間の心情の変化


人生の何もかもに嫌気がさしていた主人公の男は、悶々と町を車で走らせていると、若い女の子と親しげに歩く初老の男性を目撃する。なにやらその男性のことが気になった男は、その男性の入ったバーに入り、その男性を眺める。その男性は、勘定をすませようとするが、財布がないことに気づき、店の店員から暴力を振るわれそうになる。そこで、主人公の男は、その男性の勘定を一緒に払ってやるのだが、そうしたことで、その男性は、お金を返すまで預かってくれと男に一枚の絵を渡す。

そこには女の裸体が描かれていた。

そこで、男はその男性の家を訪ねるのだが、彼はすでに死んでいた。なにやら若い女とエッチをしている最中に死んだらしい。

その相手とは、まさしく絵のモデルの少女であり、初めて彼を目撃した時に一緒に歩いていた少女だった。

その彼女と、彼の家で偶然出会った男は、彼女と肉体的関係を結ぶことになる。

そこから彼の人生は一変するのだが。


肉体的関係を重ねるごとに、彼女に溺れていく男の姿が実にリアルに描かれている


この映画の場合、女のほうにつかみ所がなく、今にも自分の前から消えてしまいそうな存在だったが、

日常における男女の関係というのは、これに象徴されるものがあるだろう。


どちらかが執着する。


完全に自分のものにしたい。そう思い、焦り、必死になる姿がとにかくリアルだ。

しかし、そうなるとその相手というのは逃げたくなるのが必然なのであろう。


愛してる。と男は盛んに言ったいたが、果たしてこれは愛なのだろうか


違う気がすると私は思った。


愛と錯覚しているだけの独占欲のような気がした。


なかなか中身のある映画だったように思う。


それに、フランス映画のこのようなジャンルにしては、終わりがある意味爽快で、希望のあるものになっていたので、後味も悪くなく、観やすい出来になっていた。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

omake   「おまけつき新婚生活」



ドリュー・バリモアとベン・スティラー共演のコメディ。


この2人の夫婦が新婚生活を始める新しい家を購入。

この家には、2階にばあさんが一人住んでいた。

この物件を見に行ったときには、このばあさんは今にも死にそうなくらい弱っており、2人は、もうすぐあの世に行くであろう婦人が住んでいることは、そこまでの問題にはなるまいと、家を購入。

しかし、その安易な考えが悲劇を生む。

そのばあさんは、なんだかんだ言っては新婚生活に入り込んできては邪魔をするため、2人は一切新婚生活を楽しむことができない。

苦しんだ2人は、ついにばあさん暗殺計画を企てるのだが・・・


という話。


前半なかなか笑えて面白かったのだが、新婚生活を楽しめない、日々の生活に苦痛を強いられるからといって、このばあ様を殺してしまおうという方向へ話が展開していったのには、少々首を傾げたくなった


このテーマ、このジャンルで、殺しに走るのはちょっと間違っているように思えた。


少々、強引な感が、全編からにじみ出ていた



まぁ、しかし、コメディーということで、


そんなことは気にせず、単純に楽しめば、それなりに楽しめる作品である。


映画館に行っていたら、少々後悔する羽目になっていたであろうことは否めない。


家でお気楽DVD鑑賞に適した一本である


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブレイド3   「ブレイド3」




「ブレイド」シリーズの完結編。


「ブレイド」シリーズはどうしてこうもいつもパッとしないんだろうなぁ。


確かに、ブレイド自体のコスチュームや戦い方とか、全ては完璧にかっこいいのである。


しかも「2」なんて、敵にも最高の工夫を凝らし、かなりリアルで恐ろしく、強いものを作り出していた。


それなのに、なぜかパッとしない


料理をしたときに、マズくはないんだけど、何か足りない。塩でもないし、砂糖でもない気が。。。

一体何が足りないのだろう。。。


といった感じになる時がある。


「ブレイド」シリーズはまさにそんな感じの3部作であった。



特に今回。これが最後となるウィズリー・スナイプスのブレイド。


最後というのに!主役というのに!  なんだか脇役???というほどの活躍ぶり。


今回は敵もなんだか一番最強のはずなのに一番頼りないし。


唯一、ジェシカ・ビールのみが輝きに輝いている作品でした。


彼女のファンにはたまらない一本になるでしょう。



結果、「ブレイド」シリーズは「2」が一番おもしろかったように思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

SPIRIT   「SPIRIT」



ジェット・リーの最新作。


彼の最後のアクション映画といわれているこの映画。


彼の中国武術を思う存分堪能することができる。



この映画は、題名の通り、まさに「SPIRIT」な映画である


この映画のテーマ、言いたいことは、かなりいい!!


素晴らしい話である。


私は、こんな男気の詰まった精神的な映画が死ぬほど好きであるため、かなりいいテーマを描いているな!と感動した。


しかし。。。


そんな素晴らしいテーマとは裏腹。なぜかイマイチパッとしない感が残った


グッとくる来かたが足りない。


そのテーマが伝わらないわけではない。十分に言いたいことはわかる。いいこと伝えてるよ!とわかるのだけれども。。。


本編を観ていて、自然と泣ける!!というほどの感動、感情移入ができない。


ちょっと薄味になっていたのが、なんとも残念だった。



しかし、そんなで言いたいことは100%わかる上、中国武術がはじめから最後まで惜しげもなく披露されるため、損した気分にはならないであろう。



また、もう一つの注目点として、中村獅童の出演というのがあるが、


やはり真田広之の「PROMISE」での芝居を観ていると、全く核が違うなぁ。と思ってしまう結果だった。


しかし、歌舞伎役者でもある彼の存在感はなかなか様になっていたように思う。


ジェット・リーのファンなら観るべき作品だろう。


最近の彼の映画では、アクションシーンにCGが多く使われており、せっかくの彼のアクションが台無しになっているものが多かったが、今作品は、そんな場面は一切なく、多少ワイヤーアクションで無理を可能にしている程度だったので、その点でも高得点である。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

madomo 「マドモアゼル」



24時間という限られた時間の中で恋に落ちる2人。


この映画は、クライマックスを迎えるまではけっこう退屈に感じる作品である。


しかし!


観終わってからジンジンと心に染渡ってくる作品である。



大人の恋愛って。。。


切ないけど、ステキ。。。


あぁ。でも切ない。。。



みたいな(笑)


決して結ばれることのない恋におちてしまっても、その恋は心の中で生き続ける。

大人の恋愛の美しさが、心に沁みる作品である。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

akuma     「悪魔の棲む家」



「テキサス・チェーンソー」とかなり似たこのチラシ。

ホラー好きなら気になって仕方なくなる作品であること間違いない。

だって!あの「テキサス・チェーンソー」と同じ!マイケル・ベイ製作なのだからぁぁぁ!!


ここ数年、ホラー映画を数多く観漁っている私であるが、

「テキサス・チェーンソー」を観てからというもの、観漁る動機に変化が起きた。


「テキサス・チェーンソー」を超える映画に出逢えるかどうか


これまで数多くのホラーを観てきたが、始終恐怖に震え上がらさせられた作品は、この「テキサス・チェーンソー」しか存在しない


それからというもの、超える作品に出逢いたいと思いながらも、また超えることはできなかったな。と思わされて劇場を後にする日々が続いている。


そんな中、その「テキサス・チェーンソー」を手がけたマイケル・ベイ製作の「悪魔の棲む家」が公開になるという。全米でもヒットを飛ばしていたこの作品にかなりの期待が高まった。


しかし、観る前に、ふと、悲しいかな気づいてしまったことがあった。


それは“指定”である。「テキサス・チェーンソー」は“R指定”であったのに対し、この作品は“PG指定”である。


ということは、それほど恐くないということであろう。と少々期待が薄れながらも劇場へ。


結果。。。


やはりこの作品は、ホラーが好きで、死ぬほど恐い思いがしたい!!と望んでいる人にはあまりオススメできない作品であった。そんな人はかなりの物足りなさを感じてしまうだろう。


よって、この映画は、


“ホラー初級者向け、けっこう恐い映画”である。



なぜ、この映画が「テキサス・チェーンソー」を超えられないのか?


それは絶対に不可能な根本的な原因があるように思う。

「テキサス・チェーンソー」は殺人鬼ものであるので、追い詰められる危機感、恐怖感に襲われる。

しかし、この「悪魔の棲む家」のような幽霊ものは、幽霊なので、出てきた時にビックリするという、その場限りの恐怖しか味わうことができない。幽霊に殺されたりという恐怖もあるが、殺人鬼ものに比べるとその恐怖は断然小さくなる。



ということで、今回も「テキサス・チェーンソー」を超える恐怖を味わうことはできず落胆して劇場を後にした。



しかし、主人公演じるライアン・レイノルズの肉体の美しさには満足できる一本であった(笑)

彼らもそれを意識していたのか、過剰なまでに露出される彼の裸体には笑いがでたが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ashura 「阿修羅城の瞳」



“恋をすると鬼になる・・・”


そんな哀しい運命を背負った女や男の登場する話は大好きである。


しかしながら、ちょっと芝居染みているのか??と思いつつ悩んでいるうちに劇場で観る機会を逃してしまった。

この度、DVDにて拝見。


これはかなり面白い!!出来ばえ☆彡でござった。


「あずみ」といい、この「阿修羅城の瞳」といい、邦画のこのジャンルは、時にかなり面白い作品に出逢うことができる。しかし、前回「SHINOBI」という大変裏切り深い作品に出逢ったあとであったので、この作品に挑むのにも、少々勇気が要った。


しかし、これは予告でかなり期待度が高かった上に、その期待をまったく裏切っていない。予告で死ぬほどその気にさせた罪深き「SHINOBI」とは大違いである。


話の展開もテンポよく、また登場人物がみな個性豊かで、観ていて飽きない。


特に、主役の市川染五郎が最高に良かった。

歌舞伎役者ということもあり、映画の中でも少々芝居染みている部分はあるが、そこが逆に彼のキャラクターにより好印象を抱かせる手助けをしているのかもしれない。


染五郎演じる小粋な感じの主人公と、とてもきれいでかわいい宮沢りえの恋物語にかなりのめり込まされる。


CGも使っているが、興醒めするような出来にはなっておらず、かなり楽しめる作品になっていると思う。

比較的スケールの大きな邦画の中では、かなり良い出来ばえの作品ではないだろうか。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

promise   「PROMISE 無極」



劇場で鑑賞してから約1ヶ月遅れの報告になりますが・・・


今日のお題は「プロミス」です。


この映画、予告を観た時点で、期待はずれになる可能性が大であろうと予測がついた。

予告にて、チャン・ドンゴンの「うおぉぉぉ」と走る、あまりにもありえない映像にてすでに興醒めしてしまった。


しかし、真田広之主演ということと、ストーリーに惹かれ、やはり観ておこうと劇場に向かった。


結果、思ったほど悪くはなかった。


確かに、映像にこだわり過ぎ、CGを使いまくって、興醒め映像を作り出してしまっていることは否めない。

前半、チャン・ドンゴンが走るシーンはうんざりするほどさむい。


このことと、前作「キリング・ミー・ソフトリー」から、チェン・カイコーは少々こだわりすぎる監督である。ということを学べたような気がする。

「キリング・ミー・ソフトリー」ではエロにこだわりすぎて、内容がおろそかになっていたように思う。


しかし、ストーリーは、かなり興味深いものになっていた。


貧しかった少女が、神に出会い、真実の愛以外の全てのものを与えよう。しかし、生涯、真実の愛を得ることができないが、それでもいいか?と言われ、それでもいいと誓う。

そして、全てのものを手にした彼女は、3人の男に出会い、彼らからの愛を与えられるのであるが、それは永遠に結ばれることはなく、儚く消えてしまう愛だった。



真実の愛を得ることのできない人生の虚しさ、切なさ、哀しさをけっこううまく描いている作品である。


そして、映像は美しいし、真田広之はかっこいいし、なかなかよい作品だったように思う。


さむいCG映像を大目に見ることのできる人は観てもよい作品ではないだろうか。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ダイヤモンド


「ダイヤモンド・イン・パラダイス」  ☆☆☆☆☆



まさしく!パラダイス!な映画でございました(>_<)


というのも、ピアーズ・ブロスナンがもともとかなり好きな私・・・


そんな私には、それだけで、もう100点満点な映画でございました・・・


今日の評価は、本当に個人的趣味の範囲で行っているという、なんとも情けない私(笑)



そんなこんなで、この映画!



オヤジ好きにはたまらなくヨダレものの映画でございます(>_<)


始めっから終わりまで、かっこいい・・・とため息ばかりつきたくなるほど、どこのどのシーンでも、前から観ても後ろから観ても、どの角度から観ても、とにかくステキなとこばかり・・・


キッチンで料理を作っているサルマ・ハエック。

後ろから来て「何を作ってるんだい?」と抱きしめるピアーズ。


はぁ。なんて夢のような光景なの・・・   みたいな(笑)



この作品で、これまでで一番かっこいいピアーズ・ブロスナンに出逢うことができること間違いなし!


007ももちろんかっこいいが、この映画が一番のような気がする。多少年をとったなぁとも思うけれど、その年取った彼がまたステキ・・・なのである。


とにかく、ステキなオヤジに心癒されたい人は必見!の一本である。



さて、この映画、そんな魅力だけではない。


肝心なストーリーも最高におもしろい!!


最後の最後までストーリー展開に抜かりはないし、またラブストーリーとしても最高にロマンチックな映画である。


今年に入って観た映画で一番である。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。