尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:

先日の「アイランド」に関連して。。。


「アイランド」は先日のブログでも述べたように、


なかなか面白い出来であった。


それなのに、


アメリカでは初登場4位。


日本では初登場5位。


という悲しい結果に終わってしまっている。


マイケル・ベイ監督といえば、かなりの大物監督であって、


これまでの作品も、ハズレはなく、毎回ヒットを飛ばしている。


それなのに、なぜ、この「アイランド」は不発だったのだろうか・・・・・?



それは、


出演俳優が大きく影響している。


ということにあるであろう。



というより、


誰が主演しているかということが、ヒットに大きく影響するのだということが、改めて証明されたように思う。



ミニシアター系などの、内容が優れた作品では、キャストなどはさほど影響しない。


その内容の良さが評価され、広まりヒットしていく。


しかし、


ハリウッドの大作となると、いまや、内容勝負でいけるものは、あまりない。。。


インパクト勝負で、公開時にどれだけはじけることが出来るかが勝負となる。


そこで、


今回の「アイランド」は、


ユアン・マクレガーにスカーレット・ヨハンソン。


スカーレット・ヨハンソンは最近メキメキと出てきている希望の星ではあるものの、


2人ともイマイチインパクトに欠けたと言えるだろう。



この「アイランド」、キャストが違えば、もっとヒットしたかもしれない。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

island     「アイランド」




久しぶりの本格的映画☆


この夏、唯一見ごたえのある作品といえるであろう。


7月、8月と本当に、映画がなくって、飢え飢え状態だったので、


本当に潤うひとときとなりました!



ユアン・マクレガーやスカーレット・ヨハンソンたちは、ある巨大な施設に暮らしている。

みんな白い服を身に付け、健康管理をされ、男女は触れ合うことを禁止され。。。

などの規則の中、共同生活を送りながら、夢の島“アイランド”への移住を心待ちにしている。

彼らは、外界での汚染から生き延びた人たちだといい聞かされており、“アイランド”は、唯一汚染されていない夢の島であると信じさせられている。

“アイランド”行きは抽選で決められるので、みな自分が当選する日を心待ちにしている。

そんな生活にユアン・マクレガーは疑問を抱いていた。

そんな時、恋人である?スカーレット・ヨハンソンが抽選に選ばれ。。。

ユアン・マクレガーが急いで調べると。。。

現実には“アイランド”など存在しないことがわかり。

スカーレット・ヨハンソンを連れて逃走!

自分たちは、臓器移植などを目的に造られたクローン人間であるという驚愕の事実を知るのであった。


ここまでが、前もって公表されていた作品に関する情報。

しかし、前もってここまで言われていると、冷静に考えればそれ以上のものはないのであって。。。


でも、ここまでわかっていても、おもしろく楽しむことができる作品であった。

マイケル・ベイ監督は、やはりアクション映画をみせるのが本当にうまいな。と思わされる作品だった。

観客が、どういう風な映像にしたら、気持ちがより高まるのかということをよく把握しているのだろう。

観客の心をつかむのがうまい。


そして、ストーリーも、なかなか面白かった。

現時点では、まだまだ非現実的と思われる世界だが、きっと近未来には必ずやってくるだろう、

ある意味リアルな世界を描いているだけに魅力的だ。


しいて言えば、アクションを重視しすぎて、クローン技術に関しては、詳しく描かれていなかったところが残念ではあるが、まだまだ非現実的な世界のことなので、よしとしよう。


なんといってもアクションがけっこうすごいので、ただ単に娯楽として十分に楽しめるが、

そんな中でも、人間の持つ良さが描かれていて、生身の人間であることの意味や、良さをあらためて感じ、現代の科学の進歩についても考えさせられる映画だった。


クローン人間を扱った映画で記憶に新しいのは、私の大好きなシュワルツェネッガーの作品「シックスデイ」。

これは、かなり安っぽい感じがした。


しかし、さすがマイケル・ベイ監督作品。

スケールが違い、安っぽさがなく、爽快に楽しめ、以上に述べたように、ちょっと深いところまで考えを広げることができる作品になっていた。


そして、タイトル「アイランド」

これは、2つの「アイランド」を持っているんだなぁ。とラストにおいてしみじみ感じることができた。

そう感じる瞬間のラストシーンは圧巻だった。

タイトルの付け方もなかなかいいね☆と思わされる一品であった。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。