スーさんがいないときのひとり飯に最適で気に入っている食べ物は、サバ缶です。^^

 

最初は、ナチュラル味やグリルされたナチュラル味のサバ缶をわさび醤油で食べていて、にわかなお刺身として重宝していましたが、この頃はいろいろな味を楽しみつつ、一番はまっているのはソース・エスカベーシュ味です。

 

 

 

169g入りで2ユーロ前後です。

 

この缶詰は、開けてそのまま食べることができ、味もかなり好みです!

 

魚を調理するとスーさんがその臭いを大げさなくらいに嫌がるため、独立した台所のない現在は家で魚を加熱調理するのが難しいので、このように開けるだけで食べられるのは便利です。^^

 

ちょっと酸っぱいのですが、酸っぱいもの好きなのにふだん酸っぱい食品をあまり食べることがないので、至福の喜びとなります。

 

 

 

Ingrédients :
Filets de Maquereaux (56 %), eau, vinaigre d'alcool (8 %), huile de tournesol, oignon (2 %), concentré de tomate (1.8 %), échalote, ail, sel, persil, arômes, épaississant : gomme guar, colorant : extrait de paprika.

 

原材料:サバの切り身(56%)、水、酢(8%)、ひまわり油、タマネギ(2%)、トマト濃縮物(1.8%)、エシャロット、ニンニク、塩、パセリ、香料、増粘剤:グアーガム、着色料:パプリカエキス。

 

 

 

こんなに好きな味なので、SAUCE ESCABÈCHEとはどんなソースなのか気になって調べてみました。^^

 

 

Escabèche

 

L’escabèche est une marinade à base d’huile et de vinaigre. Elle est utilisée sur tout le pourtour méditerranéen, en France, en Espagne, au Portugal, en Afrique du Nord en Amérique latine et aux Philippines. Le mot « escabèche » proviendrait du catalan escabetx, lui-même issu du persan sikbâg, « ragoût au vinaigre », via l’arabe. Le sikbâg était un ragoût à base de viande, de vinaigre et d'autres ingrédients.

Traditionnellement utilisée avec des poissons tels que la sardine et le maquereau, l'escabèche se prête également à d’autres produits.

 

Wikipédia

 

 

どうやら南蛮漬けのような調理法で、たいていはパプリカやサフランなどで赤っぽく着色されているようですね!

なるほど、南蛮漬けはわたしの好物でもありますので好きな理由がわかりました。^^

 

 

 

この缶詰の場合は、サバの切り身を揚げたりせずにそのままマリネ液に漬けてあるだけですが、食べ応えもあっておいしいです。

 

たとえば、この缶詰とパンとチーズさえあれば、安価で、火も使わずにおなかいっぱいになりますので、旅行中の軽食にもおすすめです♪

 

 

 

 

サヴァ缶 国産サバのオリーブオイル漬け 170g ×4缶

 

サヴァ缶 国産サバのレモンバジル味 170G×4個

 

ちなみにこちらは日本の缶詰ですが、Ça va ? と尋ねるとフランスみたいですが、可愛いですね。^^

 

 

 

 

 

AD

コメント(14)