フランス人の彼との結婚までの道のりとその後のふたり

1年間の遠距離恋愛の末、婚約。
2012年11月に日本で結婚し、2013年2月からはフランス生活がスタート。

国際結婚手続きと、フランス生活やフランス語の学習記録。
26カ国の旅の思い出も時々織り交ぜて。
フランスの庶民の暮らしの、旬の情報をお届けします!


テーマ:
今日は久しぶりにとても面白い映画を見ることができました!

昔は、映画情報は欠かさずチェックして、マイナーな映画ほどのめりこんでくまなく見ていたものですが、最近はすっかり情報に疎くなり、スーさんの見たいものを一緒に見る、という感じになっています。。

今回見たのは、スーさんも声がマリオン・コティヤールであるという点しか知らず、どういう類の物語なのか前情報がまったくない状態で、わたしは期待していなかったけれどマリオン・コティヤールは好きなのでちょっとだけ見てみようかというスタンスでした。



こちらはフランス語のみの予告編です。


こちらはフランス語音声+英語字幕の予告編です。


こちらは英語吹き替えの予告編です。


わたしは予告編も見ずに、なにもわからないまま本編をすぐに見始めたのですが、最初の瞬間からものすごく気に入ったのです!!

予告編では最初の導入部分とかは見ることができませんが、かなり凝っています。

映像の美しさもさることながら、世界観やストーリー展開がすごくよくて、最後までわくわくどきどきとして見ることができました。




この映画は、2015年6月のアヌシー国際アニメーション映画祭(プチミホさんがお住まいのところですね!^^)で長編部門のグランプリであるクリスタル賞を受賞したそうです。


フランス語版は、主人公の女の子、アヴリル(英語ではエイプリル)の声がマリオン・コティヤール、英語版では警察官の声がポール・ジアマッティ、シメーヌ(ロドリーグの妻)の声がスーザン・サランドンです。


ナポレオン3世の時代の1870年、普仏戦争前夜から物語が始まりますが、パリやブルターニュを舞台とした映像や人物像、背景、小道具、機械の足、猫、すべてが可愛いかったです!




映画の世界観は、フランスの漫画(バンド・デシネ)の人気作家、ジャック・タルディによるものです。

The Extraordinary Adventures of Adele Blanc-Sec: Pterror over Paris and The Eiffel Tower Demon

こちらは、タルディの代表作です。(英語版)


The Extraordinary Adventures of Adele Blanc-Sec 2: The Mad Scientist and Mummies on Parade

2010年にはリュック・ベッソン監督により映画化されたそうです!


シックな映画ポスターですね!!



アデル/ファラオと復活の秘薬 [DVD]

実際はコメディーのようです?^^


AD
同じテーマ 「映画」 の記事

テーマ:
今年の夏は本当に変な感じで、かなり暑い日も数日ありましたが、今日は涼しいけれどまた雨が降ったりで湿度が高く、なんだかすっきりとしません。。

とはいえ、酷暑だった昨年よりは過ごしやすいのでありがたいです。^^


暑かった日にスーパーに買い物に行ったら、スーさんがシロップが欲しいと言い出しました。

わたしはそのようなシロップが売られているのは知っていましたが、甘い飲み物が苦手なので、これらは日本のカキ氷のシロップのように、ただ色のついている毒々しいものだと思い込んでいたのでした。

でもスーさんもたまにはフランスらしいものが欲しかろうと思い、手にとって見ると、それほど悪い原料でもなさそうです。


INGRÉDIENTS 
Sucre, jus de fruits à base de concentrés : 30% (cassis 24%, citron), sirop de glucose-fructose, eau, arômes, acidifiant : acide citrique, antioxygène : acide ascorbique.

原材料:
砂糖、濃縮果汁:30% (カシス24%、レモン)、ぶどう糖液、水、香料、酸味料(クエン酸)、酸化防止剤(アスコルビン酸)。


ものすごくたくさんのフレーバーがあって迷ったのですが、スーさんが好きなものを選んでもいいと言ってくれたので、目にもよさそうなカシスにしてみました。^^

他のフレーバーには果汁の割合がもっと多いものもあり、保存料と着色料も不使用ということで、好感が持てました。



{E035052A-AFB0-4D19-AC0F-DCF1839DCECB:01}
ペリエのような炭酸水で7倍くらいに割って飲みます。

割合によるとは思いますが、想像していたより甘過ぎることもなく、疲れたときには逆にこの甘さが癒してくれる感じですごく気に入りました!

前もって水とシロップと両方冷やしてあれば、暑い夏には格別の飲み物になりますね♪


この缶入りのシロップは600ml入りで3ユーロちょっとでした。かなり長持ちすると思うので、コスパもいいですね!^^

次は王道のザクロ味も買ってみようかなと思っています。おすすめのフレーバーがあれば、教えてください☆





Perrier(ペリエ) 330ml×24本 [並行輸入品]



Teisseire テセール カシス・シロップ 700ml


感想(1件)




テセール ストロベリー フランス産ノンアルコール シロップ 700ml (Teisseire Strawberry Special Barman Syrop) kawahc


感想(2件)

AD

テーマ:
先日、ドイツのサールブリュック(ザールブリュッケン)に日用品の買出しに行ってきました♪

訪れるのは今回で4回目だと思いますが、観光ではなく買い物目的では初めてのことです。



5月の妹夫婦たちとの旅行記もまだ書けていないのですが、とりあえず面白いものがあったのでご紹介します!^^


ドイツのサールブリュックは、フランスのメスから電車で1時間ちょっとで行けて、日帰り旅行にぴったりの場所ですが、物価が安く感じるため(特に飲食代など)、フランスからの買い物客で賑わっています。

今回は買出しが目的ですので、あらかじめ何を買うかリストを作りました。電気ケトルやパソコン用のプリンター、洗濯用洗剤、リステリン、靴下、というようなラインナップで、ショッピング♪というよりは、生活必需品という感じです。^^


買い物リスト作成に際して、ドイツではどんなものが人気なのかインターネットでさっと調べてみたのですが、わりと多くの人がビタミン剤のタブレットについてブログなどに書いていたのでした。


{62687575-5334-4C42-9B1E-9D3A7CECCE4E:01}
そして、わたしもスーパーでみつけたので1個ためしに購入してみました!^^

こちらはクナイプのマグネシウム、カルシウム、ビタミンD3というもので、20タブレット入りで2.89ユーロでした。安いですよね!

クナイプ は、日本でもその入浴剤を数種類常備して気に入って使っていたので、安心できるかなと思って選んだのですが、その他のメーカーのは、1ユーロ未満だったり、45セントのものもあったりして、安すぎてびっくりしました。。



{CBBC5BCB-68BD-419F-BD88-3D08B16AAC9D:01}
とりあえず水道水をグラスに入れて、そこにタブレットを1個投入しました。
(この写真では当初わからなかったので水量が少ないですが、200mlと容器に書かれています。。)


{1AD85F9F-F36C-4DFF-A737-B8AABD161F24:01}
なぜかオレンジ色になりました!!
そしていい感じで発泡しています。^^


{299A5345-7CC7-460E-B3C6-CDE6D3C39DF3:01}
水道からの直接の水道水なので、冷たくておいしいというわけではありませんが、ファンタオレンジよりは好きかも、と思いました。

合成着色料が使われていたら嫌だなあと思ったのですが、容器を見てみると、Farbstoff(着色料)はベータカロチン、との記載があります(でも、これもきっと合成ですね、、)。

ビタミンDは、わたしは以前は冬の間に薬局で購入したものを服用していたのですが、日照時間が足りないときに服用するというイメージがあります。

でも、クナイプのはこの1種類しかなかったし、夏といえども引きこもり生活で、おまけに強い陽射しを遮って室内温度を低く保つために遮光カーテンをおろしていることも多いので、自分には必要かもしれないと思いました、、


これを服用しはじめてから、なんとなく調子がいいような気もするので、次回もまた購入してみようと思っています♪



{9989B322-7B40-458C-8A29-CCDA4730E7CD:01}
ところで、こちらはドイツのデパート、GALERIA Kaufhof の最上階にあったレストランでの軽食です。

サールブリュックのもうひとつのデパート、Karstadt には行ったことがあるのですが、Kaufhofのほうは以前はデパートとは知らなかったので(ファストファッションの店舗かなと思っていた)、素通りしていたのでした。。

今回は行く前に調べてあったので、行ってみたのですが、夏のバーゲン直前(?)だったせいか、ドイツ人の姿はほとんどなく、なぜか聞こえるのはフランス語ばかりでした。^^


トイレの場所をインフォメーションで聞いてみると、最上階のレストランの中にあるとのことだったので、なぜ各階にないのかと思いながらもレストランに向かったのでした。。

レストランは、セルフサービスのような、ビュッフェのような感じで、勝手がわからず戸惑ったのですが、単品で野菜炒めのグリーンカレー風味というのがあり、カわたしが求めていたものがここにあると、テンションがかなり上がりました!(以前行ったヴェトナム系の日本食レストランでイエローカレー弁当が食べたかったのですが、スーさんが拒否したのです、、)


カウンターの向こうに担当者がいて、陽気な感じでその場で1人前をこしらえてくれました。中華鍋が2つあったのですが、そのひとつを使い、油を投入し、次々に野菜を投入し、仕上げにカレーソースを加えて、ちゃんと目の前で作ってくれるのです!

スーさんは、カレーソースつきのソーセージで、それも同じ値段でしたが、こちらはポテトフライと一緒にお皿に盛って渡されるだけでした。


どちらもドイツサイズでかなり量が多いですが、6.95ユーロほどで安かったです!

このレストランもお客はフランス人ばかりでしたが、清潔感があって感じがいいので、また次回もここにしようかと思いました。(でも食後に胸焼けが続いてしんどかったです、、)


AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。