2006-08-22 16:13:27

15年戦争の戦争責任を冷静に考えてみる必要ありや

テーマ:政治・経済

日本経済新聞 2006年(平成18年)89日(水曜日)18

井上ひさし「私を主語に自らけじめを 戦争責任の一端国民にもある」(聞き手 河野孝編集委員)

「東京裁判は戦争責任を一部の人に転嫁したとゆーマイナス面がある-」と指摘した作家の井上ひさしはんの論説について、ものいわしてもろうたことがある 。井上はんは東京裁判を主題にした戯曲三部作の第三部作目「夢の痂(かさぶた)」で当時の日本国民の戦争責任とその要因の日本語について指摘しとるらしい。今回は、そのへんを聞いとるインタビュー記事に掲載されとる井上はんのコメント見てみたい。

井上はん曰く。

「東京裁判では、作戦計画を立案した高級官僚的軍人や、軍国主義的風潮を支えた国民が出てこない。日本人は風向きを読み、自分に得なことをするのは天才的。日本語は状況が主語で、状況が天皇のときは神の国、マッカーサーになれば民主主義に変わる。最近のワールドカップがいい例で、神様だったジーコが負けると敗因をきちんと分析せず次はオシムだと騒いでいる。

日本語は優れた点もいっぱいあるのだから、欠点に気がついて使えばいい。私たちが主語になり、『私もこう思う』とはっきり言う。戦争責任も日本人自らがけじめをつけなければいけないんです。」

A級戦犯が合祀された靖国神社に、終戦記念日の8月15日に小泉首相がとうとう公式参拝したとゆーことがちょっと話題になった。中国・韓国はA級戦犯が合祀されとるところを公式参拝することにオコッとるゆーことで、日本のメディアもその点ばっかり強調しとるが、井上はんの見方を読むと、それはナンセンスやと思う。A級戦犯の人たちが15年戦争を主導したということは確かやろうし責任は問われて然るべきや。しかし、その人たちだけに責任を押し付けて、当時その動きを煽って戦争にのっかった国民やメディアの責任から目をそらしているゆーのは妥当な判断やろう。

A級戦犯合祀と靖国神社云々の感情論にとらわれるよりは、冷静に当時の状況を見つめて、指導層、メディア、国民それぞれの責任を明確化し、今後そないな間違いを犯さんためにはどーしたらいーか考えるほうがよっぽどえーんやないかと思う。特にマスコミは、インタビュー記事で冷静なことゆーとる人をとりあげるだけやなくて、自分たちの論説でそんなことをゆーてみるべきや。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

jdnrhvulfrmens173654nhyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■おしらせ

こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
私は団塊の世代ですが、
12月8日のこともとりあげてみました。
よかったら、寄ってみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

3 ■A級戦犯が15年間指導したのではありません。

東郷英機は4年間です。
だれもぶっつづけで戦争を指導した人はいません。日本にはドイツのヒットラーのような人はいないんです。内閣は18回も交代しているし、誰かだ一貫して日本を指導したというのではないのです。日本はなるべく戦争にならないように頑張っていたのですが、満州を保護する必要があり、支那から切り離したところ、世界に批判されたのですがそれはアメリカが支那で利権を得ようと工作したことと、アジアのクセに植民地を持つのはけしからんという日本に対する蔑視もあったし、蒋介石の奥さんがアメリカで講演したことも影響しているし、三国同盟で一気に嫌われたこともある。アメリカとイギリスが蒋介石のいる重慶にインドシナから軍事物資をどんどん送り込んだので
日本はフランスに頼んで軍をインドシナに入れたところ、(インドネシアからの石油のルートも確保したかった。)アメリカが怒って石油を止めた。オランダもインドネシアの石油を止めた。次々といろんな国が綿や米を止めた。そうなると、2年以内に日本は石油の備蓄も無くなり、自然と衰退する。アメリカとイギリスは各国の植民地で日本と戦うと宣言しているし、軍備を揃えて配置しだしている。日本と戦争する気、満々です。東条英機は、ハルノートを見て、アメリカは戦争をする気だということを確信する。インド人のパール氏も、あんなハルノートを見せられたら、もっと弱い国でもアメリカに宣戦布告するだろうと言いました。
日本国民が住んでいるのに、軍と警察を一気に引けというのです。支那人に日本人は殺されても良いというわけです。
だから、日本は物資がもう無いので奇襲作戦で一気にアメリカの艦隊を潰すしかなく戦争になったそうです。東条英機が東京裁判でそう証言しました。

2 ■TBありがとうございました

はじめまして。
TBありがとうございました。
戦争責任はいまだに曖昧なままで、解決していない問題ですね。

1 ■そうですね

A級戦犯という括りがいけない。
だいたい三国同盟だったわけじゃないですか。
ドイツやイタリアは大人な対応をしっかりしたからこんな問題にならないんです。ナチスは、ナチスと切り離したあたりも上手です。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。