• 16 Jan
    • 結局、昨年度のメンバーズセレクションもザ・クラスのパーカーを選択したという話し 2018-01

      2014年度のJCBザ・クラス メンバーズセレクションから登場したザ・クラスオリジナルのパーカーは、初年度分から2016年度分(3代目)までの計3本を手にしており、それが↑画像です。使用してませんけどw『2016年度 JCBザ・クラス メンバーズセレクションのパーカーが到着 2016-11』JCBザ・クラス メンバーズセレクション 2016先日手配をしていた2016年度JCBザ・クラスメンバーズセレクションのパーカーJCBザ・クラスオリジナル イ…そして勿論、昨年(2017年)度におけるメンバーズセレクションの中にも新たなオリジナルパーカーが用意されていました。よって昨年度分のパーカーは4代目となります。『2017年版 JCBザ・クラス メンバーズセレクションのwebカタログを掲載』JCBザ・クラス メンバーズセレクション2017 webカタログ先般到着した今年度(2017年度)のJCBザ・クラス メンバーズセレクション。JCBザ・クラス…しかし、昨年のメンバーズセレクション内容が発表された際には、4代目のパーカーでなく他の商品を選択する予定でいたのですが、ひょんなことから他のルートでその商品を入手したため、結果として2017年度分のメンバーズセレクションもザ・クラスオリジナルパーカーを選択しました。しかも締切が来月(2月)に迫っていたことから、慌てて今月(1月)手続きを行った次第です、いつものことながら忘れっぽくて危ないですね。さらに4年連続でオリジナルパーカーを選択するザ・クラス会員なんて結構稀なような気がしますw2017年度分ザ・クラスメンバーズセレクションの手配が完了ということで、↑画像の通り手配は完了。おそらく今回も高島屋の法人事業部からの発送だと思われます。商品が到着した際にはまた追加で掲載する予定です。それより何より、この歴代のザ・クラスオリジナルパーカーは読者プレゼントにすると告知したまま未だにその案内ができていませんw なので今回の4代目が到着し、抽選方法や発送方法などを整えた時点で今年こそ速やかに実施したいと考えています。その際、おそらくはメインブログの方で案内を実施すると思いますが、それまでしばしお待ち下さい。『JCBザ・クラスへ向けて初年度年会費無料のJCBゴールドからスタートしましょう』冒頭のキャプチャ↑はJCBゴールドカード公式サイトにおけるキャッチ(ヘッダーともいう)画像です。以前であればJCBゴールド・ザ・プレミアまでしか紹介されていま…『グルメベネフィットも楽しめるJCBプラチナカードが誕生!しかも申込制です』先般、記事にしてから約1ヶ月。このたびJCBオリジナルシリーズにプラチナカードが登場しました。JCB個人向けのカードグレードとしてはJCBザ・クラスに次ぐもの…@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      36
      テーマ:
  • 15 Jan
    • ANAダイヤモンドサービス 2018年度選択式特典の申込みを完了したという話し 2018-01

      2018年度ANAダイヤモンドサービス特典案内年始にANAから2018年度ANAダイヤモンドサービス選択式特典お申し込みのご案内なるメールが届きました。案内から申込締切まで1ヶ月ほどしかなく、失念して締切を過ぎていたという人も毎年数名はいそうな気がしますwそんなANAダイヤモンドメンバー向けに進呈される選択式特典内容は以下となっています。実際のweb画面をそのまま貼り付けてみましょう。選択式特典内容・ANAダイヤモンドサービス 2018年度選択式特典内容①:ANA SKYコイン コース(60,000コイン=60,000円分)②:アップグレードコース(アップグレードポイント12pt)③:ミシュラン星レストランコース(約50店舗のレストランの中から1店舗にペアで招待)④:IHG・ANA・ホテルズグループ宿泊・お食事コース(クーポン40,000円分)⑤:ビジネス&トラベル・リビング・職人の技コース(カタログからアイテムを1品進呈)⑥:自然保護コース(沖縄・恩納村の海にサンゴを植え付け)⑦:コンシェルジュコース(クラブ・コンシェルジュ会員資格:2018年4月1日-2019年3月31日と誕生日ギフト)※コース①~⑤についてはそれぞれコースの内容に加えて国内線・国際線共通機内販売用クーポン(20,000円分)またはANA SUITE LOUNGE利用券(6枚)が選択可能内容は昨年(というより、ここ数年)と変わらず、よって選択する商品にも変わりがありません。予想するに多くの対象者がスカイコインコースか、アップグレードコースでしょうね。またメイン選択商品に付随する機内販売用クーポンとスイートラウンジ利用券ですが、対象者のベース空港にスイートラウンジがある場合はスイートラウンジ利用券も選択肢に入りますが、私の場合(福岡空港)は今年まで機内販売用クーポンの方に選択肢は傾きます。ちなみに下記関連記事は昨年のもの。選択内容も変わらなければ、記事公開日も同じ1月15日となっていますので、ほぼルーティンワークですねw『ANAダイヤモンドサービス 2017年度選択式特典の申込み完了 2017-01』ANAダイヤモンドサービス 2017年度選択式特典案内そういえば、ANAマイレージクラブ(AMC)より2017年度 ANA「ダイヤモンドサービス」選択式特典お…選択式特典申込みの完了ということで、昨年同様にANAスカイコイン(60,000コイン)+機内販売用クーポン(20,000円分)を選択。勿論、ネームタグも。昨年末に行ったふるさと納税で100,000コインの返礼品もいただいたことから、これで計160,000コインとなり、これもまた毎年年始のルーティンワークですがアメックスのポイントを(年間の最大値で)移行する80,000コインも現在手続き中なので最終的なスカイコイン合計は近々240,000コインとなる予定。『ANAのふるさと納税における返礼品10万スカイコインが届きました 2017-12』当月の初旬に手続きを行ったANAのふるさと納税。その返礼品であるANAスカイコインの10万スカイコインが到着しました。正確にいうと、そのチケット番号およびPI…昨年郵送されてきていたANA株主優待券とを合わせ、効率良く使用していきたいと考えています。一連の選択・申込み作業を終え、この画像↑が選択式特典の最終画面です。アンケートはスルーしましたwそういえば、これもまた毎年のことですが昨年いただいた機内販売用クーポンがまだ手付かずで残っていますw 有効期限は3月末のため、そろそろ搭乗時に意識してクーポン券を携行しなければなりませんね。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      31
      テーマ:
  • 14 Jan
    • アメックスゴールドは初年度年会費無料入会キャンペーンで1年間お試し可能!家族会員も1枚目無料です

      初年度年会費無料で29,000円(税別)がお得に!当サイト経由でのアメックスゴールド入会キャンペーン!現在、アメリカンエキスプレスゴールドカード(以下、アメックスゴールド)の入会キャンペーンを実施中です。当サイトを経由することにより通常年会費29,000円(+税)が無料なうえ、家族カード1枚目も年会費無料というお得な内容となっています。【目次】1.キャンペーン内容2.拡充されたアメックス・ゴールドのサービス3.家族カード年会費が1枚無料4.メンバーシップリワードポイント5.その他のポイント交換先6.保険・補償 安心のサポート7.充実したイベントの開催8.空港ラウンジ同伴者1名無料9.ICチップ搭載でセキュリティと利便性がますます向上10.入会に際しての疑問点に回答11.まとめキャンペーン内容point! 初年度年会費無料◆当サイト経由の入会が条件となり、・特典:初年度年会費無料!(通常年会費:29,000円+税が免除)といった内容になっています。通常年会費29,000円(+税)が免除され、いわゆるお試しとして初年度1年間が年会費無料となります。これによってアメックスゴールドに付帯する様々な特典・サービスが試せるというもの。またアメックス ゴールドの初年度年会費無料キャンペーン入口(取扱)サイトは少なく当サイト経由でのキャンペーンとなりますので、その詳細を早く知りたい方は、下記↓ボタンより公式サイトをご覧下さい。ちなみにアメックスゴールドにおけるAmazonギフト付の入会キャンペーンは当サイトも含め各サイト終了しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆check! 最大3万ポイント獲得?この記事では「まずはお試しでアメックスを利用してみたい」といった人に最適な初年度年会費無料キャンペーンをご紹介しておりますが、メインブログの方にて「初年度年会費が掛かるものの最大3万ポイントが獲得できる入会キャンペーン」も同時にご紹介しておりますので、入会後に買い物や旅行などでまとまった決済を予定している人の場合は、ぜひソチラの記事も1度ご覧ください。◆関連記事:アメックス ゴールド&グリーン 最大30,000ポイント入会キャンペーン!◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆拡充されたアメックス・ゴールドのサービスアメックス ゴールドは、2014年9月から年会費の改定とサービスの拡充が実施され、通常年会費が29,000円(+税)へと改定されました。しかし改定額以上のベネフィットが現在付帯しているのをご存知でしょうか?その代表的なサービスといえば食事代1名分が無料となる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」でしょう。現在では全国主要都市の参加レストランが増加し、プライベートディナーや取引先との食事などさまざまシーンで活用できます。またこれを利用し2-3回食事に行けば、年会費が有料となる2年目以降でも年会費の元は簡単に取れますねw むしろこのサービスを享受したくてアメックスゴールドを取得する人もいるほど。(ちなみにグリーンカードはこのサービスがありません)家族カード年会費1枚無料そして、アメックス・ゴールド サービス拡充におけるもうひとつのポイントは「家族カードが1枚無料」になったことです。しかもカードの色をグリーンまたはゴールドから選択が可能。これにより生活を共にする家族(夫婦)も好きな方の色を選んで使用できますね。さらにアメックスの場合、結婚前の婚約者など別姓の方へも家族カードを発行することが可能な数少ないクレジットカードです。(2枚目以降は12,000円+税)メンバーシップリワードポイントアメックス ゴールドで貯めたメンバーシップリワードポイントの使用先として利用価値の高いものといえば、やはり各種航空会社マイルへの移行でしょう。ANAやデルタ、キャセイなどの提携航空会社(13社)や、直接JALマイレージバンクへの移行はできませんが、そこは同じアライアンスメンバー(ワンワールド)であるBA(ブリティッシュエアウェイズ)を経由することで特典航空券利用が可能です。よって、貯めたポイントは航空会社のマイルへ移行するのが効率的でおすすめ。その他ホテル系ポイントへの移行先はHオナーズ・SPGのホテルグループ(2社)が運営する各プログラム、そしてアマゾンギフト券などへのポイント移行(交換)が可能となっています。その他のポイント交換先さらに、アメックス ゴールドで貯まったメンバーシップリワードポイントはマイルやアイテム交換ができるほか、カード利用代金への充当も可能ですから、幅広い選択肢があります。これがプロパーカードの魅力といえますね。安心のサポートどうしてもキャンペーン内容だけに目が行きがちですが、アメックス ゴールドを保有して手に入れられる最大のベネフィットは、そのサポート体制にあると言っても過言ではありません。①旅行傷害保険:海外旅行⇒最高1億円/国内旅行⇒最高5,000万円まで補償②航空便遅延延期保証:航空便の遅延による宿泊料金や食事代の出費を補償。また、手荷物の到着遅延や紛失により負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償。③オンライン・プロテクション:インターネット上での不正使用による損害を補償④ショッピング・プロテクション:購入商品の破損・盗難の損害を補償⑤リターン・プロテクション:アメックス ゴールドで購入した商品の返品が可能⑥キャンセル・プロテクション:出張や入院による海外旅行などのキャンセル費用を補償⑦オーバーシーズ・アシスト:海外でのレストランの予約などを、日本語で対応point!特にお薦めなのが、アメックスのゴールドカード以上に付帯している「オーバーシーズ・アシスト」です。海外にいても全て日本語で対応してくれる、いわばコンシェルジェ的なサービスで、様々な手配を行ってくれます。そのサポートは緊急時に最も力を発揮してくれ、ベルギー滞在中に(パスポートを含む)スリ被害に遭遇した私自身、オーバーシーズ・アシスト経由でアメックス現地オフィに助けられた経験があります。さらには購入した商品の返品をアメックスが受入れてくれる「リターン・プロテクション」も他には見られない魅力的なサービスですね。特にweb(インターネット)で購入するサイズ物(服や靴など)の場合、実際手元に届いた後「サイズが合わない」というリスクが伴いますが、アメックスが引取るこのサービスで解消してくれます。充実したイベントの開催また、カードスペックだけでなく、毎年定期的に開催されるアメックス主催のイベントは、人生において普段では決して体験できない貴重な経験(=お金で買えない価値)を与えてくれるモノが多いことも特徴です。過去、私も実際に参加させて頂き、さらにこれからも参加したいと考えています。①:第65回 アメリカン・エキスプレス 正倉院特別セミナー&鑑賞会 2013-10②:アメリカン・エキスプレス限定イベント「京都・醍醐寺の桜の特別夜間拝観」③:アメックス ゴールドカード会員限定イベント④:アメックスゴールドイベント 代官山 T-SITE THE GOLDEN TEA BAR空港での快適な空間(空港ラウンジ同伴者1名無料)アメックス・ゴールドと利用当日の搭乗券を呈示すれば、他社ゴールドカードでは殆どが同伴者有料のなか、アメックス・ゴールドだと国内28空港・海外2空港の空港ラウンジをカード会員及び同伴者1名までもが無料で利用可能です。そしてラウンジによっては到着時にも入室できることから、到着先の空港で集合する場合などでもラウンジでドリンクをいただきながら待機することができます。これを利用しないテはありません。◆伊丹空港の対象ラウンジ利用記事 ⇒ ラウンジ オーサカ 2015-09ICチップ搭載でセキュリティと利便性がますます向上2015年10月発行分から、アメックスゴールドへICチップが搭載されました。特にヨーロッパ方面では、そのセキュリティ面(スキミングなどを回避すること)からICチップ搭載カードでの決済を求められることが多々あります。このICチップ搭載により日本発行のアメックスゴールドもグローバルスタンダードになったといえるでしょう。サインレスでの決済が可能となり利便性も向上しました。※2017年4月発行辺りからアメックスゴールドの券面デザインが変更されたようです。◆関連記事:アメックスゴールドの券面デザインが変更?以前と少し印象が異なります 2017-05 ◆関連記事:ICチップを搭載した新しいアメックスゴールドカード 2015-10(AMEX)入会に際しての疑問点に回答しますQ.アメックスゴールドの入会基準は?基本的には年齢25歳以上で日本国内に定住所をお持ちで安定した収入がある方(パートやアルバイトの方は不可)となっています。ちなみに知人のご子息は大学院卒1年目の25歳で取得されていますし、他にも27歳のOL(年収330万)で取得した方も実際この目で見ています。よって年齢25歳前後、年収300万辺りで取得は可能(過去のカード履歴等は考慮せず)というのが最新の情報です。◆関連記事:アメックスゴールドの審査・発行を年収や勤続年数などから検証してみた話Q.審査日数はどれくらいかかる?◆審査日数は早ければ即日から2日程度で完了しています(上記関連記事の検証協力の彼女は1日だった)。ただしクレジットカード業界にも繁忙期や閑散期は存在するようで、新年度が始まる前の3月からゴールデンウィーク前、また秋口から年末年始の休暇前には審査も混合うのだそう。かといってそれほど待たされることも少ないため、おおよそ1週間から10日程心のゆとりを持って待てばよいでしょう。Q.再入会の場合、キャンペーンは適用される?過去にアメックスを保有していた方の場合、解約(退会)後から現在に至るまでの期間によってキャンペーン特典の適用が異なるようです。特に解約後1年以内の場合は申込みする前に1度アメックスのデスクへ問い合わせた方が無難ですね。Q.初年度の年会費は本当に請求されないの?初年度年会費無料キャンペーンでの入会であれば請求されません。が、正確には一旦請求書で計上され、同請求書上にて差引相殺された表示となっています。よって結果として初年度の年会費が0円となっていますので、請求書を見て「初年度年会費が請求されている!」と驚かず、キチンと最後まで請求書に目を通しましょう。審査に要する日数にしろ、審査基準にしろ最終的な結果は申込してみなければ分かりません。が、おおむね回答に沿った内容で間違いないことを実際に確認しています。ぜひこの機会にアメックスゴールドを手にしてみましょう。アメックスゴールド 初年度年会費無料入会キャンペーンアメックスゴールドの充実した付帯サービスは如何だったでしょうか?この充実した内容でアメックスを1年間試すのも悪くありませんね。解説した各種ベネフィット(特典)をこの入会キャンペーンを利用することにより初年度年会費無料で今後のスケジュール(旅行等)に備えることができるのです。なお、このキャンペーンは下記公式サイトからの申込みが対象となりますので、この続きは↓ボタンよりお進みください。現在、通称「アメックス グリーンカード」と呼ばれる「アメリカン・エキスプレス・カード」も同キャンペーンを展開中です。上記キャンペーンサイトでグリーンカードを選択すれば初年度年会費無料での入会が可能。しかしグリーンカードの場合はゴールド・ダイニング by 招待日和などのレストラン1名無料サービスなどが付帯していないため、同じ初年度年会費無料であるならば個人的には付帯ベネフィットが大幅に向上したアメックスゴールドを推します。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      435
      テーマ:
  • 13 Jan
    • JALグローバルクラブ Club-A JCB カードの更新カードが届く 2018-01

      先日、JALカードからの不在通知が届いていたため、何が発送されているのだろう?と思いつつ再配達で受け取ると、JALグローバルクラブカード(以下、JGC)の更新カードというオチでした。JCB提携のJGCへ変更(というか復活?)を遂げ、発行されたのが2013年でしたので、それから早くも5年が経過したということです。そりゃ歳も取るワケですねwそして更新カードを手にし気付いたことは↑画像の如くICチップが現在のJCB発行カード(私の手持ちでいえばJCBザ・クラス)と同じ形状へと変化しています。以前のカードは下記関連記事へ画像を掲載していますのでソチラで確認ください。『JALグローバルクラブ ワンワールドサファイアステータスカード 2017-2019』前回の更新カードから3年更新となったJALグローバルクラブ(以下、JGC)サファイアステータスカードが忘れた頃に届きました。どうやら今年がその3年後の更新年だ…更新カードはクロネコのセキュリティパッケージで到着 更新カードはクロネコヤマトのセキュリティパッケージで届きます。九州とはいえ、ここ最近は雪も舞う極寒ですから再配達は申し訳ない気持ちで一杯。開封すると挨拶状以下、カード台紙や利用ガイド、保険の案内、JCBの規約・規定、JALカードの規約・規定など案内物がギッシリ詰まっていました。此方↑がカード台紙とJGC Club-A JCBの更新カード。ショッピング枠(利用枠・限度額)には変化なし。また以前は妻にも家族カードを発行していたのですが、私も含め全く決済利用していないことと、ここ数年JAL系への搭乗もないことから家族カードを一旦解約しています。何故ならJGCは家族カードも基本会員と同額年会費というのが唯一のネックだから。そこで私さえJGCを継続して置けば何時でも家族カードは復活可能ということで、そういった措置を取っている次第です。そして決済利用もないためショッピングマイルプレミアムは未加入と、なかなかセコイ手段で保有していますwJGC Club-A JCBの更新カード更新された新たなJGC Club-A JCBカードの券面は、冒頭で述べたようICチップの形状が変更された程度でこれといった変化は見られません。私の場合、お得意様番号は7桁のため先頭の2桁は00表示で9桁となっています。こうやってみるとJGCへの入会が2007年、なので今年でJGC歴11年目という、それなりの会員歴だけはあります。ここ数年は搭乗実績ゼロの不良会員ですけどw此方は裏面。一見、ゴールドカードのような色合いですがJGCの中では最も安価なClub-Aカードです。が、保有するJCBザ・クラスの影響で利用枠は300万円とゴールドカード並み。ちなみにANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)もJCBとの提携カードで発行していますが、ソチラはゴールドカード扱いのため限度額は350万円となっています。『ANAカード30周年記念 ANA JCB スーパーフライヤーズ ゴールドカード到着2015-02』ANAカード30周年を記念し、限定5,000枚で受付が行われた「ANA JCB スーパーフライヤーズ ゴールドカード」が到着しました。(SFCでないワイドゴー…現在はJAL系への搭乗頻度が極端に低くなったことから出番のないカードですが、それでも上級会員を継続できるJGCは手放せません。おそらく現役を退いたのちも保有し続けるクレジトカードの1枚になると考えています。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      29
      テーマ:
  • 12 Jan
    • グランドハイアット福岡への今年初滞在と、Birthday Party 2018-01

      グランドハイアット福岡少々時間は遡って、年始の沖縄滞在から帰宅後すぐにグランドハイアット福岡へ新年の挨拶も兼ね滞在してきたので簡単に掲載したいと思います。画像↑はグランドクラブラウンジへ設置されていたお屠蘇(とそ)。正月にお屠蘇を飲むと、その年の邪気を除き、家庭健康で幸福を迎えるといわれます。であれば飲むしかありませんね。ということで1杯いただいてみると、用意されていたのは日本酒のようでしたwクラブデラックスキンググランドクラブラウンジでお偉いさんやラウンジスタッフへ新年の挨拶を済ませ、アサインされた客室はクラブデラックスキングです。この客室は昨年夏にも滞在しています。『グランドハイアット福岡 THE MARKET Fでの朝食と、改装デラックスキング 2017-07』週末は関西からの来客もあり中洲で会食を行いました。と同時にホテル1Fにオープンした新しいレストランでの朝食も試すべくグランドハイアット福岡へ滞在することに。満…客室の広さは45㎡で非常に快適。入室してすぐの撮影時、ウェルカムアメニティがないのは(おそらく)急遽アサイン先(客室)を変更したからだと思われます。ほどなくしてフルーツ(苺)とメッセージカードが届けられました。正月の繁忙期ですから当然ホテルは高稼働です。にもかかわらずチェックアウトで空きが出た際にはこういった柔軟な対応をいただけるのは有難い。グローバリストというステータスもさることながら、ホテルとの関係値の方が大きく影響しているような気がします。サニタリースペースも過不足なく、やはりバスタブとシャワーブースが分離しているのは使い勝手良いですね。グランド福岡は全室この仕様ですから、リージェンシー那覇のようにアサイン先によってバスルームの形状が異なることはありません。『ハイアットリージェンシー那覇のクラブツインとクラブデラックスツインの違いを画像で見てみる』此度も那覇での滞在はハイアットリージェンシー那覇沖縄を選択しました。開業して2年が経ち、それなりの滞在数をこのホテルでカウントしていますが、前回に引き続き今回…グランドクラブラウンジ今滞在、グランドクラブラウンジで目を引いたのはコレ↑。ココは通常ソファーを設置しているスペースなのですが、この年末年始中だけ披露宴会場のようなテーブルへ変更されていましたwカクテルタイム時など間違いなく待ちが発生する状況のなか、少しでも多くのゲストが利用できるようにとの措置でしょう。ということで、その披露宴席でいただいてみました。が、この日の泡はシャンドンと久々の大ハズレw なので1杯でクラブラウンジを出てバーフィズへ。バーフィズバーフィズのスタッフへ新年の挨拶と同時に、モエ・エ・シャンドン2006ヴィンテージでカクテルタイムを再会し、その後ディナーへと向かいました。また、バーカウンターへ到着した際には既にマイボトル(白州)たちが並べてあったことから、この日我々が宿泊で訪れているということをバースタッフは事前確認していたようですwおそらく今年も大いにお世話になるであろうグランドハイアット福岡。過去記事から見ても最多の記事数を誇るのですが、今年も滞在した際には(全てとはいわないまでも)簡単に掲載していきたいと考えています。私の場合、ハイアットの情報源はココですし。バースデーパーティーコチラはおまけ記事w 年明けに妻の誕生日だったことから、友人オーナーたちの店舗をハシゴしながらお祝いしました。焼肉から始まりイタリアンで魚介類、そして〆はスペインバルです。各オーナーたちがシャンパーニュや特別料理やケーキなどなど、色々とサービスしてくれました(感謝)。特にルイ・ロデレールのヴィンテージであるブリュット・ナチュール2006は美味かった。2006年はルイロデの当たり年ですね。そして店舗を移動するごとにオーナーや知人たちも合流してきたため、最後は結構な大所帯となりただの新年会になっていたと妻がボヤいていたのが印象的でしたw@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      27
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 超多頻度用キャンペーンが再び!国内線30区間で最大12000マイルが獲得可能です 2018-01

      ・2018年1月10日:国内線4区間以上でボーナスマイルプレゼントキャンペーンを追記しました画像↑は今年那覇空港でテイクオフした際のひとコマ。当日の天候と太陽の位置状況、そして自らの座席に大きく左右されるのですが、搭乗した機材の機影を機上から見て撮影できることは、年間数十回と搭乗していてもなかなかそのシーンに巡り合うことはありません。なのでこの画像は今年機内から撮影したものでは一番のお気に入り。しかもiPhoneのLive Photoで撮影しているため、わずか1秒ほどですが臨場感ある画像となっています。アメブロでLive Photoがアップできれば良いものの、いまのところ(おそらく私に)その手段がありませんw が、もしそれが可能でしたら後日掲載にチャレンジしてみたいと思います。今年はあと3回ほど搭乗する予定を立てているなかで、↑画像のような臨場感あるモノが撮れれば良いのですが、確率的にもなかなか難しいでしょうね。【対象者限定】国内線10区間以上でボーナスマイルプレゼントキャンペーン◆期間:2018年1月9日(火)-2018年3月31日(土)(搭乗分)まで◆内容:期間中、以下の条件をすべて満たした対象者に、搭乗区間数に応じてボーナスマイルをプレゼント・10-13区間搭乗 ⇒ 3,000マイル・14-19区間搭乗 ⇒ 4,500マイル・20-29区間搭乗 ⇒ 7,000マイル・30区間以上搭乗 ⇒ 12,000マイル◆条件:対象路線を対象運賃にて10区間以上搭乗◆路線:ANA国内線・羽田 ⇔ 札幌(新千歳)/函館/釧路/秋田/小松/富山/能登/伊丹/関西/神戸/岡山/広島/岩国/山口宇部/米子/高松/高知/松山/徳島/福岡/佐賀/北九州/大分/熊本/長崎/宮崎/鹿児島/沖縄(那覇)線・伊丹 ⇔ 函館/青森/仙台/福岡/熊本/長崎/宮崎/鹿児島線・福岡 ⇔ 名古屋(中部)/関西/沖縄(那覇)線・名古屋(中部) ⇔ 仙台/熊本/鹿児島線・札幌(新千歳) ⇔ 青森/仙台/新潟/名古屋(中部)/伊丹/関西/神戸線・小松 ⇔ 仙台線◆運賃:マイル積算率75%以上の国内線運賃ということで本題です。今年1月から3月末まで実施されていた国内線10区間で最大12,000マイルが獲得可能な対象者限定キャンペーンが来年1月にもふたたび登場するようです。約3ヶ月間で30回搭乗ですから結構なハードルといえます。しかし段階的にハードルが設定されているため、そのハードルに合った結果でのボーナスマイルを獲得することも可能になっています。ちなみに前回は私にも案内が届き、結果は19区間搭乗で4,500ボーナスマイルを獲得。また前回は1月5日スタートだったものの、今回はスタート日が1月9日に設定されているため、年始の帰省や、仕事始めの挨拶回り時に搭乗したものはカウントされないというw『超多頻度向け?ANA国内線10区間以上でボーナスマイルプレゼントキャンペーン 2017-01』新年(2017年)が明け、今週末の3連休が終了する頃には、正月休みモードも消えますね。年末年始で旅行や帰省された方の中には、既に本年初フライトを終えた、また仕…そして、おそらく前回同時に実施されていた小振りなキャンペーン(国内線4区間以上でボーナスマイキャンペーン:↓関連記事参照)も行うのではないか?と予想しており、情報を広く募集したいと思います。情報が入りましたらまた改めて記事を公開する予定でいます。兎に角にも、Myキャンペーンを確認してみましょう。追記【対象者限定】国内線4区間以上でボーナスマイルプレゼントキャンペーン◆期間:2018年1月9日(火)-2018年3月31日(土)(搭乗分)まで◆内容:期間中、以下の条件をすべて満たした対象者に、搭乗区間数に応じてボーナスマイルをプレゼント・4-5区間搭乗 ⇒ 1,500マイル・6-7区間搭乗 ⇒ 2,000マイル・8区間以上搭乗 ⇒ 3,000マイル◆条件:対象路線を対象運賃にて4区間以上搭乗◆路線:ANA国内線・羽田 ⇔ 札幌(新千歳)/函館/釧路/秋田/小松/富山/能登/伊丹/関西/神戸/岡山/広島/岩国/山口宇部/米子/高松/高知/松山/徳島/福岡/佐賀/北九州/大分/熊本/長崎/宮崎/鹿児島/沖縄(那覇)線・伊丹 ⇔ 函館/青森/仙台/福岡/熊本/長崎/宮崎/鹿児島線・福岡 ⇔ 名古屋(中部)/関西/沖縄(那覇)線・名古屋(中部) ⇔ 仙台/熊本/鹿児島線・札幌(新千歳) ⇔ 青森/仙台/新潟/名古屋(中部)/伊丹/関西/神戸線・小松 ⇔ 仙台線◆運賃:マイル積算率75%以上の国内線運賃やはりというか、昨年同様に、同日スタートで中頻度会員向けのボーナスマイルキャンペーンが昨日(1月9日)よりスタートしていました。先に掲載した国内線10区間以上のキャンペーンと達成ハードルは異なれど、内容的には同じ最終搭乗回数に対するボーナスマイル付与となっています。最大獲得ボーナスマイルは3,000マイル。100円⇒1マイル換算だと30万円分の決済が必要ですしね、それが8区間搭乗で獲得できるのはオイシイ。また此方の方が(10区間以上に比べ)対象者は多いと思われるため、1度Myキャンペーンを確認しておきましょう。『成田⇔メキシコシティ線 & 国内線4区間以上でボーナスマイキャンペーン 2017-02』2017年2月15日(水)より運航を開始することとなったANAのメキシコシティ線。これはANAとして42番目の国際線就航都市となるそうです。既に航空券の予約・…@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      39
      テーマ:
  • 10 Jan
    • ダブルディップが廃止?ヒルトン・オナーズ向け最新情報の更新 2018-01

      画像↑は一昨年に滞在したヒルトン北谷。その向かいに建設が進んでいる(であろう)と思われるダブルツリーが気になっている今日この頃ではありますが、昨年改定されたハイアットのロイヤリティプログラムに引っ張られて(というより縛られてw)ここ最近ご無沙汰気味のヒルトンとなっています。また一昨年のような救済措置もなかったことから、数年間継続してきたダイヤモンドメンバー資格を失い、今年からはアメックスプラチナのベネフィットでいただいたゴールドメンバー資格でヒルトンとはお付合いすることになりそうです。『ANAダイヤモンド会員はヒルトンHオナーズダイヤモンドに!ステータスマッチキャンペーン 2016』昨日(2016年8月31日)より開始されたANAダイヤモンドメンバー限定のヒルトンHオナーズ ダイヤモンドのステータスマッチが非常にオイシイ内容となっています…そのようななか、ヒルトンオナーズのwebサイトにて2018年における最新情報がリリースされました。どうやら滞在によってポイントとマイルが獲得できていたダブルディップが廃止になるようです。2017年、ヒルトンでは、お客様にもっと自由にポイントをご活用いただけるよう、新たに3つのご利用方法を導入し、ご予約の際、ポイントと現金をほぼ制限なく組み合わせてご利用いただけるようになったほか、ご友人やご家族とポイントをプールしたり、Amazon.comでポイントでショッピングをお楽しみいただけるようになりました。2018年を迎えるにあたり、ヒルトンではお客様が重要視されている「滞在するほど、特典が増える」プログラムを引き続きお届けしてまいりたいと思います。ポイントの多様なご利用方法だけでなく、多彩なご獲得方法、シルバー、ゴールド、ダイヤモンド会員資格に応じたバラエティに富んだ特典もご用意しております。ぜひヒルトンにご滞在になり、特典をお楽しみください。上記のような挨拶で始まるヒルトンオナーズ向けの2018年最新情報。ポイントの付与や上級会員向けのベネフィットなどが変更されるそうで、その内容を簡単にまとめてみたいと思います。ウォルドーフ・アストリアでのゴールド&ダイヤモンド会員向け朝食特典まずはヒルトン系のホテルグループにおける最上級ホテルのウォルドーフ・アストリアにて、ヒルトンオナーズの上級会員向けMyWay特典として、ゴールドおよびダイヤモンド会員に対し朝食(または飲食クレジット)がサービスされるとのこと。このサービスは既に開始されているそうで、今後滞在予定の上級会員には嬉しいベネフィットとなりますね。2018年4月よりの各種改定でダブルディップが廃止そして最も大きな変更として挙げられるのがこのポイント制度です。現在の1ドル⇒10ポイントの付与ベースを維持しつつ、2018年4月からはエリート会員ボーナスを増加させ、シルバーは20%、ゴールドは80%、ダイヤモンドは100%のボーナスポイントが獲得できるようになるそう。その反面、ダブルディップ(ポイント&マイル)をはじめとする獲得方法オプションが廃止されることに。ダブルディップが廃止されるのは残念でなりませんが、その一方でマイルストーンボーナスが設定され宿泊日数が40泊に達した40泊目とそれ以降の宿泊10泊ごとに10,000ボーナスポイントを、また同じ年に60泊を達成した会員には、さらに30,000ボーナスポイントが進呈されるようになります。ということで、年間60泊でのダイヤモンド基準達成の場合、合計で60,000ボーナスポイントが付与されるということに。既にハイアットではそうですが、今後の流れとして年間60泊というのがひとつの最上級資格の基準になっていくかもしれませんね。専用のクレジットカードやステータスマッチなどを駆使しないと複数のホテルにおける最上級会員資格を保有し続けるのは不可能になってきそうな気がしています。オーバー滞在数の繰越や、ゴールドやダイヤモンド資格を贈呈できるようになるそして新たに導入された繰越特典と上級会員資格の(他者への)進呈は良いサービスだといえます。特にダイヤモンドだけに限らず、現在のエリート会員資格の取得条件を超えた分の宿泊日数を、翌年のエリート会員資格取得のための宿泊日数として加算できるのは嬉しい。一方、年間60泊でゴールド、年間100泊でダイヤモンドの資格を他者へ進呈できるサービスもなかなかですが、ヒルトンへ年間100泊滞在している人間は私の周りにはいませんwとはいえ、こういった様々な新サービスを導入するヒルトンを見て、他のホテルグループも意識、あるいは追随してくれれば面白い展開になりそうな予感もします。今後も最新情報は随時アップデートされる予定となっているため、ヒルトンメインの方々はチェックしておく必要がありそうです。ヒルトン・オナーズ会員様向け最新情報(2018年版)| 新しいポイント獲得方法2018年、ヒルトン・オナーズポイントのご獲得・ご利用方法が新しくフレキシブルに生まれ変わります。ぜひ最新の情報をご覧ください。会員の皆様にはよりお得にご旅行をお楽しみいただけます。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      30
      テーマ:
  • 08 Jan
    • ハイアットリージェンシー那覇で年越し滞在と、2017年宿泊実績 2018-01

      ハイアットリージェンシー那覇昨日の搭乗実績に引き続き、本日は昨年(2017年)の滞在実績を簡単にまとめたいと思います。あまり昨年のこと(過ぎ去ったこと)を長々と書いても仕方ありませんのでw『朝靄の阿蘇と桜島が美しかった2017年最終フライトと、搭乗実績 2018-01』既に2018年となったことから、いまさら感は否めませんが備忘録的に昨年の最終フライトと年間獲得プレミアムポイントを簡単にまとめたいと思います。昨年の最終フライ…昨年の最終フライトで向かった先は沖縄でした。よって今回の年越しはハイアットリージェンシー那覇を選択。とはいえ、このブッキングは昨年夏には済ませていました。でなければ年末年始の滞在予約は叶わなかったことと思います。それくらい現在の沖縄で繁忙期に客室を抑えるのは至難の技ともいえます。クラブデラックスツインアサインされた客室は17Fのクラブデラックスツイン。客室としては最上階なのですが、何故かこの客室だけカウチソファーが窓際にない仕様です。もともと最安ツインルームからのアップグレードですし、カウチソファー自体使用しないので大して気にはなりませんw過去にこの客室も掲載していることから詳細は割愛します。が、水回りなどは安定の設備で過不足ありませんね、使い勝手は良い。また今滞在は3泊でしたので、2泊目以降のゲストにはホテル2Fに位置するレストラン桜坂の朝食ブッフェチケットが配布されました。ラウンジの無料朝食とは比較にならない充実した内容で、このチケットは嬉しいサービスといえます。クラブラウンジとかザ・バーとか桜坂とかちなみに今滞在中は私の知人や、妻の後輩などが日替わりで那覇へ上陸してきたため、常に賑やかな滞在となりました。特に妻の後輩は滞在中の殆どを一緒に過ごすほど。唯一、妻とゆっくり食したのは初日のカクテルタイム位です。リージェンシークラブラウンジで提供品も安定の内容。スパークリングワインの銘柄をもう少し上質なものに変更してくれると完璧な気がしますw が、気になるのはそれくらいで、フード類は国内のリージェンシークラブラウンジの中ではトップクラスでしょう。その反動からか?隣接するザ・バーでのお酒が美味いw 年明けの記事で掲載したよう、昨年のカウントダウンパーティーはココで参加しました。『Greetings for the New Year.(2018)』明けましておめでとうございます。画像↑は那覇市樋川(公設市場の裏手)の一角に新しくオープンしたのうれんプラザ入口に鎮座する、新年を迎える装いのシーサーです。多…此方↑は2Fレストラン桜坂で食した際のひとコマ。プレートは妻と私と妻の後輩の3名分です。画像手前が私のプレート。女性陣は朝から食欲旺盛ですwこのテーブルを撮影したのは元旦の朝。ブッフェ台にはおせち料理も提供されていました。テーブル中央のプレートがその一部です。元旦とはいえ、国際通りやおもろまちのDFSなどは営業していたことから食後は福袋などを求めてショッピングへ。勿論、福袋を求めているのは妻とその後輩であり、私はお供ですwショッピングの途中で私の知人と合流しランチを摂ったり、関東から飛んできていた同僚も連れてディナーへ行ったりと、かなり充実した3日間を那覇で過ごすことができました。その際の模様はまた機会を見つけて掲載できればと考えています。2017年宿泊実績@WORLD OF HYATTということで、昨年(2017年)におけるハイアットの滞在実績をまとめると、ワールドオブハイアットの対象宿泊数としては合計63泊でした。そのほか無料宿泊で3泊していますので、純粋にハイアットへ宿泊した数は66泊という結果に。少々ややこしいのですが、↑画像は今年を対象にした宿泊実績です。2018年になってまだ1週間ほどしか経過していないものの、宿泊実績は既に4泊。その内の2泊は今滞在記時での実績となっています。要はチェックアウトした日が今年に入ってからだったため、チェックインしてからの昨年2泊分は今年の実績としてカウントされています。また、グローバリスト2年目からは達成ハードルが5泊下がり年間55泊でグローバリストを継続できますので、差引き今年は残り51泊。果たして今年はハイアットに如何ほど宿泊し、来期のグローバリストを継続するのか?これもまた今年の年末に答え合わせを行いたいと思います。『次年度もグローバリストの世界へ。という案内が届いていました 2017-12』先般の那覇滞在にて、ハイアットのロイヤリティプログラムであるワールドオブハイアットのグローバリスト(旧名称:ダイヤモンドメンバー)に到達したようで、その案内メ…@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      31
      テーマ:
  • 07 Jan
    • 朝靄の阿蘇と桜島が美しかった2017年最終フライトと、搭乗実績 2018-01

      既に2018年となったことから、いまさら感は否めませんが備忘録的に昨年の最終フライトと年間獲得プレミアムポイントを簡単にまとめたいと思います。昨年の最終フライトは12月30日のFUK⇒OKA線でした。年間最も多く搭乗する路線のため、新鮮さは微塵もありませんw が、やはり業務でなく旅行での搭乗ですから、何のプレッシャーもなく純粋に搭乗を楽しめます。さすがに30日ともなれば午前便から満席です。阿蘇と桜島搭乗から離陸までは普段よりもかなりスムーズな流れで、離陸後ほどなくすると朝靄(あさもや)に包まれた(画像左半分)阿蘇のカルデラが足元に見えました。小さな規模ですがカルデラの中央から噴煙が上がっていますね。天候と時刻がマッチしたのか?なかなか神秘的な風景です。そして此方↑は錦江湾(鹿児島湾)内で浮かぶように存在する桜島。この日の噴煙は阿蘇同様に小規模のようでした。福岡空港離陸時の滑走路はRW16を使用(太宰府側へ向けて離陸)したため、阿蘇上空⇒桜島上空を通過するルートとなり、この風景が楽しめます。プレミアム御膳とポテこたん桜島上空を通過した辺りでサーブされたのはプレミアム御膳の朝食ver.です。早朝からハイボールを楽しみますw朝食が軽すぎたことから、機内販売でポテこたんを購入。このお菓子は本当にオイシイですね、webでも購入できることから現在お取寄せ中だったりします。自宅で小腹が空いた時や酒の肴にちょうどいい。と、そうこうしている内に機体は那覇近海でした。妻と色々話しながら過ごしていると1時間半のフライトなどあっという間です。那覇空港那覇空港へのランディングは長瀬島を横目に着陸するRW36。海も空も穏やかで、機体越しに温かさが機内へも伝わってくるような天候ですね。到着地の那覇は雲一つない青空。年内の最終フライトとしては上出来でしょう。結果的にこの天候は、滞在した年明けまで続きました。2017年のプレミアムポイント実績画像は12月上旬に届いたダイヤモンドステータス到達の案内です。左側がアプリ、右側はメールでの案内をキャプチャしたもの。そして最終のプレミアムポイント獲得画面をキャプチャしようと思っていたまま年を越してしまい(何せ最終搭乗が30日だったため12月31日の1日間しかそのタイミングがなかったため)、気が付いた時は既にリセットされていましたwということで、webの最終キャプは残せませんでしたが2017年の獲得プレミアムポイントは11,1892PPという結果。昨年が110,597PP、一昨年は110,300PPだったことから、年々微増していますね。そして2018年はどれ位の頻度で搭乗し、プレミアムポイントは如何ほどか?今年の年末に答え合わせを行いたいと思います。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      25
      テーマ:
  • 06 Jan
    • 実質年会費永年無料のANAカード!楽天ANAマイレージクラブカード入会キャンペーン

      News!2018年1月15日より期間限定で、年会費無料にもかかわらず5,000ポイント(最大9,000円分相当)プレゼント入会キャンペーンが実施中です。入会するには良い機会かもしれません。ANAマイレージクラブ(以下、AMC)にクレジットカード機能が付いたANAカードの中で初めて2年目以降も年会費無料となる商品が誕生しました。その名も楽天ANAマイレージクラブカードです。【目次】1.楽天ANAマイレージクラブカードとは?2.楽天ANAマイレージクラブカードの機能3.気になる還元率は?4.年会費が実質永年無料!5.旅行では必須の補償制度も標準装備6.券面は2種類・国際ブランドは3種類から選択可能7.ハワイの楽天カードラウンジも利用可能8.まとめ9.期間限定入会利用で5,000ポイントプレゼント!楽天ANAマイレージクラブカードとは?楽天ANAマイレージクラブカードを一言で表すならば、①楽天カード、②AMC、③楽天Edy、④楽天ポイントの4種の機能が1枚に集約されたカードとなります。その中で①②③については現在各々でもカードが存在することから、その全てを1枚にすることで手持ちのカード枚数を減らせるといってもよいでしょう。楽天ANAマイレージクラブカードの機能楽天ANAマイレージクラブカードの基本スペック(基本サービス)は、①通常のクレジットカード決済⇒100円=1ポイント②楽天市場での決済=いつでもポイント2倍③街のポイント加盟店での決済=ポイント3倍となり既存の楽天カードと同じ。しかしそこにオリジナルのサービスであるANAマイル自動変換機能が搭載されています。これは「楽天スーパーポイントコースかANAマイルコース」をカード会員が選択をし、ANAマイルコースを選択するとカード利用分がANAマイルに自動交換されるという仕組みです。ようはメインとしての位置付けを楽天カードにするか?ANAカードにするか?選択可能だということですね。ちなみにこのメイン切替えは気分や決済予定によって、いつでもweb上で会員が操作可能となっています。またANAカードとしての機能であるANA航空券の予約を始め、搭乗の際のskipサービスも当然ながら利用できるということも忘れてはなりません。楽天ANAマイレージクラブカードの還元率先に記した「楽天ANAマイレージクラブカードの機能」内でも分かる通り、楽天スーパーポイントコースを選択した場合とANAマイルコースを選択した場合とでは還元率も異なります。・楽天スーパーポイントコース:100円=1ポイント⇒1%・ANAマイルコース:200円=1マイル⇒0.5%1マイルの価値は使用方法によって人それぞれのため一概には換算できません。が、1マイル=2円換算であれば楽天スーパーポイントコースと同じく1%還元と考えることも可能でしょう。しかし他社のANAカードでは100円=1マイル以上のカードも存在することから、楽天カード目線で楽天スーパーポイントを貯める方が得策ですね。何故なら楽天プレミアムカードや楽天ブラックカードでも100円=1ポイントであり、楽天ANAマイレージクラブカードも楽天スーパーポイントを貯めるうえでは最高水準にあるカードだからです。年会費が実質永年無料のANAカード現存するANAカードの中で、初年度年会費無料のカードはあっても2年目以降も年会費が無料になるカードはありませんでした。しかし此度の楽天ANAマイレージクラブカードでは2年目以降も前年に1回カードを利用する(決済する)と、翌年の年会費が全額免除されます(通常は540円/税込)。当然ながら家族カード(最大5枚まで発行可)も年会費無料です。年会費無料なのに旅行では必須の補償制度も標準装備◆カード盗難補償:万が一、カードを不正に利用されても当社規定により損害額を補償◆最大2,000万円の海外旅行傷害保険:海外旅行中の病気やケガを補償する、安心の保険サービスつき。疾病治療費や賠償責任、携行品損害も補償1.(傷害)死亡・後遺障害: 最高2,000万円 2.傷害治療費用:最高200万円 3.疾病治療費用:最高200万円 4.賠償責任:最高2,000万円 5.携行品損害:最高20万円(免責金額3,000円) 6.救援者費用:最高200万円 現在深刻な問題になりつつあるカードの不正利用や、海外限定とはいえ旅行傷害保険が付帯するのは大きな安心ですね。旅行のたびに任意の傷害保険へ加入するコスト(数千円)もバカになりませんので、このサービスだけでも楽天ANAマイレージクラブカードを取得するメリットは十分あるといえます。券面は2種類・国際ブランドは3種類から選択可能楽天ANAマイレージクラブカードでは2種類の券面と3種類の国際ブランドが選択できます。券面は各々の好みの問題といえますが、国際ブランドは利用シーンに応じて慎重に選択しましょう。大きくは以下主体の3択だと思います。①:nanacoチャージするならJCBブランド②:au WALLETへのクレジットカードのチャージならMasterブランド③:国内外の旅先を選ばず幅広く決済を可能にするならVISAブランドハワイの楽天カードラウンジも利用可能ハワイ時間の2017年8月1日、楽天カードがハワイはワイキキのTギャラリア・ハワイ by DFS内に楽天カード会員専用ラウンジを開設しました。永年年会費無料のカードへ付帯するベネフィットとしては、なかなか思い切ったことだといえますし、勿論楽天ANAマイレージクラブカード会員も無料で利用が可能となっています。関連記事:楽天カードがハワイにラウンジを開設!永年年会費無料カードでは優れたサービスです 2017-08まとめ楽天ANAマイレージクラブカードは年会費が実質永年無料で、かつカード不正利用や海外旅行傷害保険を搭載。そして楽天スーパーポイント(1%還元)とANAマイル(0.5%還元)を貯めること(トレードすることも)可能なカードです。このことから、おのずとターゲット像は浮かび上がってきますね。クレジットカードの年会費は抑えたい、買物は楽天市場、年間数回のANA搭乗、そしてたまには海外旅行へも出掛けたい。私にはそんな人物像のような気がします。特に今春からの新社会人や大学生、または主婦層などには特に支持されるクレジットカードでしょう。とはいえ、そのような方々ばかりでなく単に楽天市場を普段利用している人にもサブカードとしてのポジションになりそうなカードですね。入会利用でもれなく5,000ポイント(最大9,000円相当)が貰えるキャンペーン発行枚数を順調に伸ばしている楽天ANAマイレージクラブカードでは、現在2018年1月15日より楽天スーパーポイント5,000ポイントが貰える入会キャンペーンを期間限定で実施しています。年会費は無料なワケですから、この機会に5,000ポイント(+ANA楽パック4,000円クーポン付きで最大9,000円相当)を獲りに行くというのも大いにアリだといえます。その詳細は下記ボタンよりご覧下さい。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      292
      テーマ:
  • 05 Jan
    • ANAの国内線ラウンジご招待キャンペーン対象ラウンジが拡大するそうです 2018-02

      画像↑は昨年末沖縄へ向けて搭乗した際に立ち寄った福岡空港のANAラウンジ(南)です。既に門松が設置されていました。この搭乗記はまだ公開していませんが、そのうちどこかのタイミングで掲載する予定です。その福岡空港内には現在ANAラウンジが2ヶ所(北と南)運営されています。が、多くの上級会員はターミナル中央に位置しロケーションがよく、また喫煙ブースも設置してあることから北ラウンジに集中しがちだったりします。そんななか、利用者の少なめな北ラウンジを国内線ラウンジご招待キャンペーン対象ラウンジとしてANAが2月から解放するそうな。『ANA Logueと、羽田空港国内線ラウンジ招待キャンペーン 2017-07』ana-logue週末は誰との約束もなく、また妻が帰省したことから、久し振りに独りでユックリでしたw こんな週末はそうそうありません。よって郵送物や月刊誌など…『今や、JALもANAも3回乗れば国内線ラウンジが使えるようになるという話し 2017-06』この↑画像は、先日伊丹空港で利用したANAスイートラウンジでの一コマです。この静けさはスイートラウンジならではといえるでしょう。『伊丹空港 ANAスイートラウ…国内線ラウンジご招待キャンペーン◆キャンペーン内容・キャンペーン参加登録の上、対象期間中、ANA国内線に対象運賃で月に3回以上または10回以上搭乗すると、以下の内容でラウンジが利用可能・期間:2018年3月31日搭乗分まで・利用:キャンペーン条件を達成した搭乗月の翌月13日から翌々月末まで・対象:月間3回以上搭乗:羽田空港国内線ラウンジANA LOUNGE本館北および本館南・対象:月間10回以上搭乗:羽田空港国内線ラウンジANA SUITE LOUNGE本館南⇒2018年2月13日より対象ラウンジが以下に拡大・仙台空港/小松空港/伊丹空港/関西空港/岡山空港/広島空港/松山空港/福岡空港(北ラウンジのみ)・キャンペーン条件を達成した搭乗月の翌月13日から翌々月末まで利用可能・路線:ANAグループ運航の国内線全路線・運賃:ANAグループ国内線運賃で、片道運賃・往復運賃・シャトル往復運賃・出張@割・ビジネスきっぷ・ビジネスリピート・身体障がい者割引運賃・介護割引・特割A・特割B・特割C・特割1・特割3現在は羽田空港国内線ラウンジのみが対象となっている国内線ラウンジご招待キャンペーンですが、2018年2月13日より上記8空港のANAラウンジが開放され、対象者は自由に入室が可能となります。伊丹にいたっては月10回搭乗で羽田同様スイートラウンジへのアクセスも可能。一方、スイートラウンジが新設され、またANAラウンジもリニューアルされた新千歳空港や、スイートラウンジを要する那覇空港が対象外なのは残念ですが、おそらくは両空港共に空港利用者が国内トップクラスのためキャパシティの問題で開放対象から外れたものと思われます。その点、同じような空港利用者数の福岡空港の場合、冒頭にも述べたよう北ラウンジは入室者が少なめなことから、北ラウンジンのみ解放したのでしょうね。この辺りは各ANAラウンジの運営状況が見え隠れしますwしかし、現状の羽田空港ANAラウンジのみから、一気に8空港のANAラウンジが対象に拡大されるのはキャンペーン参加者にとって良いニュースだといえます。今年からANA上級会員の修行を行う人には朗報ですね。なのでこのキャンペーンを上手く利用し対象ラウンジが拡大された春先に搭乗しまくる(修行する)のをおすすめしますし、修行が面倒であればANAカードプレミアムを取得しましょうw@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      36
      テーマ:
  • 04 Jan
    • MIゴールドカード専用クーポン券 2017年後期分が届いていた 2018-01

      今春(2018年春)に発行を開始するとリリースされたエムアイプラチナカードですが、その後の追加情報は全くありませんねw おそらく発行は開始される予定なのでしょうが、それはあくまで予定であって、三越伊勢丹ホールディングスやエムアイカードのwebサイトでもカードフェイスやカードスペックを含めた詳しい公式のソースは現在のところ見当たりません。現状、最新かつ確実と思われるソースでも下記のような感じ、・エムアイカード Visa プラチナカードを非接触決済 Visa payWave 搭載で新たに発行 株式会社三越伊勢丹ホールディングス子会社の株式会社エムアイカード(東京都新宿区、代表取締役社長執行役員 浦田努、以下「エムアイカード」)は、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役:安渕聖司、以下「Visa」)と連携して、世界基準の非接触決済「Visa payWave」を搭載した、プラチナカード(Visa ブランド)を 2018 年春から新たに発行する予定です。 本カードは、一般カード、ゴールドカードで提供している各種サービスに加え、グループ百貨店のオリジナルサービス、国内外とも対象のショッピング、トラベル、ダイニング等の各種優待サービスや空港ラウンジサービス、さらにはコンシェルジュ・サービス、Visa プラチナカード会員向け特典など、多彩なサービスを提供する エムアイカードの最上位級のカードとなります。 カードサービスの詳細に関しましては、確定次第、お知らせしてまいります。・参照:BtoBプラットフォーム基本的にはVisa Platinumのサービスが乗っかってくるパターンは想像に難くないのですが、発行店(私の場合は福岡三越)側のサービスが如何様になるのか?その辺りが気になるところ。しかし、担当の外商に聞いても???なもので何ともいえずw かといって、今春発行であればもうそろそろ追加情報がリリースされても良いタイミングに来ているとも思われ、その情報を待っているところだったりします。果たして外商付きのエムアイ お帳場/お得意様 プラチナカードも発行されるのか?発行された際のサービスは如何なものか?一般向けのプラチナカードが発行されるのに、お帳場やお得意様向けのプラチナカードが発行されないことはまずないと思いますし、もしそのようなことになった場合、過去に起こったポイント制への移行時における騒動と同じようなことが起こりかねませんからね。色んな意味で興味は尽きませんw今後、目新しい情報が入った際には記事を追加していきたいと考えています。『新(黒帯)お帳場/お得意様 VISA ゴールドカード 到着 2016-03(MIカード)』新(黒帯)お帳場/お得意様 VISA ゴールドカード久し振りに自宅へクレジットカードが送付されてきました。といっても、新規でクレジットカードへ申込んだワケでな…エムアイカード ゴールドカード専用 喫茶・レストランクーポン券ということで、此方が本題でしたが、通例行事ですのであっさりと掲載しましょうw エムアイゴールドカード専用 喫茶・レストランクーポン券の2017年下期分が年末辺りに到着していたようです。カウントダウンを迎えた沖縄から帰宅後に気付きましたw開封後、クーポンを見ると気付いたことが1点。昨年上期まで500円券2枚で構成されていたものが、下期分の今回から1,000円券1枚となっていました。還元額に変更はなかったものの、使い勝手的にはどうなのでしょうか?毎回没収するクーポンを使用している妻に聞いてみると、さほど不便はないとのことw ですが、お釣りはでないため独りで喫茶店(珈琲)は辛いかもとも。まあ、いずれにせよ私が使用することはないためドチラでもよいと〆ておきましょうかw『MIゴールドカード専用 喫茶・レストランクーポン券 2017年前期分が届く 2017-06』これは私のMIお帳場/お得意様カードです。殆どカードリーダーを通すこともないため、傷の少ないカードフェイスですね、綺麗なものです。一方、妻の持つ家族カードは使…MIゴールドカードご利用キャンペーンそして、此方も毎度実施されるMIゴールドカードご利用キャンペーンの案内。◆MIゴールドカードご利用キャンペーン・期間:2017年7月1日-8月31日・内容:キャンペーン期間中、三越伊勢丹グループ百貨店(岩田屋・丸井今井含む)での利用金額5万円(税込)を1口として、抽選でMIポイントを付与・商品:1等(30名)50,000Pt/2等(500名)5,000Pt/3等(10,000名)500Pt前回分と比較してみると、1等の50,000Ptが20名⇒30名に当選者数を引き上げており、2等以下はポイント数を半分に抑え、その代わりに当選者数を大幅に増加させています。3等であれば可能性もありそうなことから早速電話でのエントリーを行いました、妻がw@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      29
      テーマ:
  • 03 Jan
    • 2018年の初搭乗も、やっぱり沖縄線だったという話し 2018-01

      今年(2018年)の三が日は、全国的に見ても比較的天候に恵まれているようですね。それは年末から滞在した沖縄も同様で、見ての通り温かい天候が続いています。しかし、年末の挨拶もほどほどに、逃げるようにw して地元を離れていたことから、年末年始休暇の後半は自宅へと戻らねばならず、とうとうその日がやってきました。やはり今年も初フライトは沖縄線です。『NH FUK⇔OKA Premium GOZEN 2017-01』ANA FUK⇒OKA Premium GOZEN2017年の初フライトはやはり沖縄線でした。画像の機体は当ブログで幾度となく登場してくる76P(B767-3…新年を迎え、今年(また1年)が始まったと感じるのはどのタイミングでしょう?一般的な会社員だと初出勤でしょうか。私の場合はそれが業務であろうがプライベートであろうが関係なく初搭乗だったりします。いまや搭乗がライフスタイルの一部となってしまっていることから、航空機へ搭乗すると、何となく仕事を思い出してしまう悲しい習性ともいえますがwANAスイートラウンジ本日は1月2日、大混雑の那覇空港ターミナルの人混みを抜け、向かった先はANAスイートラウンジ。正月モードということもあり甘酒(黒あまざけ)が振る舞われていました。甘酒大好きな妻がいたく気に入ったようで、次回の出張時にはANAフェスタで黒あまざけを仕入れて帰らねばならないようですw 私は1杯だけいただき、やっぱり知多のハイボールに切替えます。NH OKA⇒FUK Premium GOZENそうこうしている内に搭乗時刻となり、35番ゲートから搭乗。スムーズな搭乗から、さほど待機することなく離陸しました。この画像↑はつい先日も同じ角度から撮影していましたねw離陸後スグに慶伊瀬島(けいせしま)が見えます。神山島(かみやましま)・クエフ島(クエフじま)・ナガンヌ島(ナガンヌじま)の3島から構成されるこの島はいずれも無人島。ですが、那覇港から30分程でアクセス可能なため、多くの人たちが訪れていることと思います。ほどなくしてサーブされた機内食はプレミアム御膳の昼食ver.でした。通常、三が日はおせち系御膳が提供されていましたが、今年からはそれが朝便だけでの提供に変更されたようです、残念。その後、妻が機内販売でお菓子をお土産にと買いまくっていたのでぽてコタンを1つ分けてもらいました。勿論、機内で食すためです。このぽてコタンは美味しいですね、酒の肴(さかな)にもぴったり。まだ記事にしていませんが、往路でも1箱(3袋入)を機内で食したほど。お土産で渡すと殆ど残らないため、自宅在庫用に追加購入してもらいました、決済は口座が別な妻のANAカードでwそして機嫌よくスパークリングワインを楽しんでいると、既に福岡上空へと差し掛かっていました。福岡も良い天候ですね。また博多港にこの船↑が停泊しているということは、福岡市内に大陸系の(しかも大勢の)インバウンドゲストがいるということ。あの船から数千人単位で旅行客が放たれますからね、おそらくキャナルシティや天神界隈はとんでもない人混みだと思われます。無事ランディングした福岡は、出発地の那覇に負けないこの天候(気温差は15度ほどありますがw)。到着した足で早速挨拶回りへと出掛けました。年始休みの後半と、そしてこの週は、公私に渡って挨拶回りに勤しみたいと思います。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      36
      テーマ:
  • 01 Jan
    • Greetings for the New Year.(2018)

      明けましておめでとうございます。画像↑は那覇市樋川(公設市場の裏手)の一角に新しくオープンしたのうれんプラザ入口に鎮座する、新年を迎える装いのシーサーです。多少強引ですが今年は戌年ということもあり、獅子や狛犬と掛けて2018年最初の画像はコレ↑にしてみましたw年越しそば@田舎そば公設市場北店ということで、2017年の年末から2018年の年始を沖縄で過ごしています。であれば、年越しそばは地元の沖縄そば一択でしょう。公設市場近隣の田舎そば北店でのひとコマ。久し振りに食しましたが、相変わらず安定した美味しさと価格(@390円/杯)でした。カウントダウン@ザ・バーそして滞在先は2週連続でハイアットリージェンシー那覇w 12月31日には最上階(18F)に位置するザ・バーにて滞在ゲスト向けカウントダウンパーティーが催されました。客室のカードキーを提示しなければ会場(ザ・バー)へ入場することができません。そこでは参加者全員へモエ・エ・シャンドンが振る舞われました。飲み放題ですwプロジェクターでカウントダウンを行いつつ、JAZZライヴを観賞しながら新年を迎えました。前回はグランドハイアット福岡のバーフィズにて新年を迎えたのを思い出します。『Greetings for the New Year.(2017)』明けましておめでとうございます。本年もマイペースで偏った?クレジットカード系やエアライン系、ホテル系、そして自身のくだらない情報を発信していきたいと思っていま…初日の出カウントダウンパーティー後はそのまま波上宮へ初詣に出掛け、客室に帰ってきたのは午前4時ごろ。初日の出までまだ時間があったことから、少し仮眠をと思い休息したのはよかったのですが、目覚めてみればこの風景です。少し遅かったw慌てて東側が望めるリージェンシークラブラウンジへ向かい、撮影した初日の出がコレ↑。30分ほど寝過ごしたようです。しかし気持ちの良い元旦の天候ですね。リージェンシークラブラウンジのスタッフ陣へ新年の挨拶を行いつつ、モーニング珈琲をいただきながら今日より迎える1年間のスタートを(自分の中で)切りました。兎に角、健康には十分に気を付けながら目標に向かって今日よりの1年を乗り切りたいと思います。本年も機上の空論およびサブブログをよろしくお願いいたします。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      35
      テーマ:
  • 31 Dec
    • NH OKA⇒FUK Premium GOZENと、長崎県が綺麗だったという話し 2017-12

      那覇空港此度の沖縄出張における復路機材はB737-800(738)のプレミアムクラスでした。ホテルをチェックアウトした時刻が遅めだったことから、ANAスイートラウンジには立ち寄らず直接搭乗ゲートへ向かうと、ちょうど優先搭乗が開始されたところで、そのまま通過し機内へと乗込みます。パイロットがコクピットでゴソゴソしているところを一枚w全乗客が乗込み、ほどなくしてタキシングし滑走路へと向かう途中に見えたのは沖止めされたジンベエジェット2号機のさくらジンベエ。なんでも、この現行のさくらジンベエが見られるのは2018年1月までだそうな。そして2018年2月からは今回私が搭乗している機材と同じB737-800にデザインが施された新さくらジンベエが就航するとのこと。また、滑走路手前では瀬長島をバックに那覇空港へ着陸する機体も見れました。詳細は分かりませんが外資系キャリアの機材だったと思います。ということでテイクオフ。那覇空港第2滑走路の工事も着々と進んでいるようです。形がはっきりと分かるようになってきましたね。NH OKA⇒FUK Premium GOZEN巡航高度へ達したのち、ほどなくしてサーブされたのはプレミアム御膳の昼食です。年内の仕事を全て終え、心置きなく復路での飲食を楽しもうと思っていたものの、食事もスパークリングワインも半分ほどで終了します。薄々感じていましたが、どうやら風邪をひいたっぽいwしかしそこは出張族です、スーツケースにはカゼ薬も常備されています。スグに薬を飲み、小一時間ほど就寝し復活させることに。機上から見る長崎県そして気が付くと長崎県の上空に差し掛かっていました。多にしてこの辺りでベルト着用サインが点灯するため目が覚めやすいのです。ココ↑は長崎県佐世保市上空。黄色い円はハウステンボスですね、機内アナウンスで機長も説明していました。どうやらこの日の航路上は厚い雲が多く、長崎県上空だけに雲がないケースだったよう。画像↑の島は長崎県松浦市の一部。画像中央の橋は鷹島肥前大橋。で、橋で繋がった手前が長崎県松浦市かと思いきや、手前は佐賀県唐津市です。よって中央の島と、橋が掛かってない奥が長崎県松浦市となります。ややこしいですねwそして此方は壱岐島上空で撮影したもの。高度もずいぶんと下がってるためiPhoneでも綺麗に撮影できています。こうやってみると壱岐島近海も美しい海ですね。福岡県に限りなく近い壱岐島ですが、ココも長崎県となります。そのまま定番の壱岐島上空グルグル待機となりました。ココでグルグル待機となった時は福岡空港が離着陸機で混雑しているということです。3回ほど壱岐島上空を旋回し、福岡空港へ向けて着陸態勢に入りました。福岡空港到着後は速攻で病院へ向かい点滴でも、と思いきやこういった時に限ってオープンスポット(沖止め)ですw しかし結果としては大事に至らず(寝込むこともなく)翌日に復活を遂げました。そしてこの記事が公開されるのは年も押し迫った12月31日のハズ。今年のことは今年のうちにと思い記事をまとめてきましたが、どうしても記事公開との時差が発生するため、全てを年内に公開することができませんでした。なので今年のふり返りを含む年末の記事は新年に入ってから執筆・公開する予定です。ということで、2017年もあとわずか、いつも機上の空論、及びサブブロクを読んでいただいている方々、ありがとうございます。また来年もよろしくお願いいたします。それでは皆様良いお年をお迎え下さい。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      31
      テーマ:
  • 30 Dec
    • ハイアットリージェンシー那覇 クラブデラックスコーナーキングと、ししや 2017-12

      ハイアットリージェンシー那覇年内最後の出張は沖縄です。ここ数年(というか、10年以上)のお付合いもあり、このエリアだけは年末と年始の挨拶が必要で、本来は日帰りも辞さないスケジュールだったのですが、沖縄に上陸して飲まずに帰ることは許されませんwよって滞在先は定宿のハイアットリージェンシー那覇となりました。クリスマスも過ぎたのにまだツリーが飾ってあるのはデカ過ぎるツリーのせいだと思われます。吹き抜けの2F天井まで到達しそうなコレを撤去するのは大変でしょうね。クラブデラックスコーナーキングアサインされた客室はクラブフロアのデラックスキングルームでした。躯体(ビル)の端に位置するため通常の客室と異なり二面採光となっています。コレ↓があるだけで客室の印象がガラリと変わるものです。カウチソファーに座ればその違いは一目瞭然で、開放感の高い空間となっています。過去記事を探すと一昨年(2015年)に1度アサインされているようでした。関連記事(メインブログ)の方で詳細を掲載していることから、今回の掲載はこの程度でwハイアットリージェンシー那覇 沖縄 クラブデラックス キング 2015-09 | 機上の空論当月(9月)上旬に滞在したハイアットリージェンシー那覇の様子を掲載します。7月のオープンからちょうど2ヶ月が経過し、その間此度が3度目の滞在となりますが、スタッフ陣も各種業務へ慣れてきつつあり、特にレセプション周りやクラブラウンジでの対応にも落ち着いた雰囲気が出てきましたリージェンシークラブラウンジ@カクテルタイム会食の前に最上階(18F)のリージェンシークラブラウンジへ足を運びカクテルタイムで息抜きします。提供される品目に変化はなく、安定の内容。この日は珍しく?ゲストも疎(まば)らで混み合うことなく利用できました。そして2杯目のスパークリングワインを片手にテラス席へ。この時期にビルの最上階へ出て冷えたスパークリングを楽しめるのは沖縄ならではですね。この日も日中の最高気温は20度を超えていましたし、夕刻以降気温が下がっても15度ほどですから、(地元の人を除き)寒い!という感覚はないでしょう。那覇空港へ離着陸する航空機を眺めなめていると、サンセットは拝めませんでしたがいい感じの夕暮れです。会食の時間も迫ってきたため、ホテルを後にし約束の場所へと向かいます。ししや会食の場所に選んだのは公設市場近隣のししや。久し振りに訪れました。というのも、ここ最近では予約しないとまずディナーで利用することができません。どうやらSNS等で拡散され相当有名になったようで、韓国からのゲストを中心に、大陸系のゲストも相まって連日満席の状態。『公設市場 石垣牛鉄板焼き ししや 2016-12』沖縄滞在での日中、クタクタになるまでゴルフ合宿を行った夜はタンパク質を摂取すべく肉屋へと向かいます。ステーキだけでは面白くないということで、向かった先は滞在中…そして陳列されている石垣牛の部位も高級所が中心となり、明らかにインバウンドゲストを意識た設定となっていますw しかし我々は安くて美味しい握り(10貫@1,000円)やタン、ハンバーグ、焼きそばなど、以前から楽しんでいたメニューをオーダーし、閉店まで盛上っていました。その後、旭橋界隈の知人のBarへ移動し、ホテルへ帰ってきたのは勿論深夜w 画像↑はターンダウンされたベッドですが見ての通りマットを2つ合わせたハリウッドツインとなっています。なのでピローなどの位置を見るに、これは左側のマットで休みなさいという意味ですねw翌朝目覚めると、前日に続き晴天の那覇です。前日の暴飲暴食が祟り、朝食はパス。小一時間で報告書をまとめ、その後チェックアウトし空港へと向かいます。今年最後の業務を沖縄で終え、新年を迎える。私らしい業務の〆だったと思えた此度の滞在でした。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      29
      テーマ:
  • 29 Dec
    • ANAのふるさと納税における返礼品10万スカイコインが届きました 2017-12

      当月の初旬に手続きを行ったANAのふるさと納税。その返礼品であるANAスカイコインの10万スカイコインが到着しました。正確にいうと、そのチケット番号およびPIN番号ですが。ちなみに発送元は全日空商事。『ANAのふるさと納税経由で千葉県芝山町へ寄附納付を行ったという話し 2017-12』ANAのふるさと納税いまや寄附という名目は建前w で、返礼品の豪華さを競い合っている感のあるふるさと納税ですが、今年はANAのふるさと納税を経由し千葉県は芝山…寄附納付を行ったのは12月5日だったと記憶しているので、手続き完了からチケット到着までに要した日数は約20日間ほど。自治体やその返礼品の性質上、手続き後のリアクション(返礼品が届くまで)にはさまざまなケースがあるため一概にはいえません。が、仮に来年もANAスカイコインを返礼品とした自治体があり、その返礼品(スカイコイン)を見越して航空券を購入しようと予定する際には、寄附納付手続きから20日間ほどの時間は必要だと思っておいた方が良いかもしれませんね。ANAスカイコイン専用サイトで受取りということで、スカイコイン受取専用のwebサイトへアクセスしスカイコインを受取ります。送付されてきたチケット裏面に記載のチケット番号とPIN番号を入力。その後、ANAのお客様番号とパスワードを入力する流れ。その入力を求められた全ての番号・パスワードが一致すれば、晴れてANAスカイコインを受取れます。35万円を寄附納付し、10万コイン(=10万円)の還元ですから還元率は28%ほど。価値は人それぞれなので何ともいえませんが、ふるさと納税の返礼品としては一般的な還元率といったところでしょう。ちなみに、このスカイコインチケットの有効期限は発送日より5ヶ月目の月末まで。そしてスカイコインの有効期限は受取月から12ヶ月目の月末までとなっています。なので有効期間を上手く使えば最長1年半近くはこのスカイコインを保有でき、その間コツコツと貯めたスカイコンとを合わせて航空券決済に利用することも可能です。私の場合はチケット到着後スグ受取りw しましたので、来年の年末までにこのスカイコンを有効活用したいと思います。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      29
      テーマ:
  • 28 Dec
    • ザ・マーケットエフ クリスマスディナー@グランドハイアット福岡 2017-12

      昨年と同様に、今年もクリスマスのディナーはグランドハイアット福岡1Fのレストラン The Mrket F(改装される昨年まではアロマーズ)でゴスペルを聞きながら楽しみました。『Aroma's Chrisutmas Dinner@グランドハイアット福岡 2016-12』イヴのディナーは、直前に1組のキャンセルが出たことによって我々へとテーブルが回ってきました。もともとノープランで行動する方ですが、急遽グランドハイアット福岡1…そして我々を含む5卓のみがレストラン外の吹き抜けスペースに設置されていたためゴスペルを見て楽しむことができ、他のディナー客はレストラン内で音声だけを楽しむという展開でした。ちなみに今回、1卓5,000円のアップチャージを必要とする特別テーブルも用意されていたのですが、それは我々の場所でなく、レストラン内窓側(キャナルの噴水側)のテーブルで、以前朝食時にアサインされた場所。『グランドハイアット福岡 THE MARKET Fでの朝食と、改装デラックスキング 2017-07』週末は関西からの来客もあり中洲で会食を行いました。と同時にホテル1Fにオープンした新しいレストランでの朝食も試すべくグランドハイアット福岡へ滞在することに。満…個人的にはゴスペルを見て楽しめるであろうココ(我々)のテーブルをアップチャージ(特別席)にすべきと思えてならずw このことは食事中に挨拶に訪れたマネージャーにも伝えたので来年はココも特別席になるかもしれません。しかし今回はレストラン側の計らいに多いに感謝です。クリスマスディナー@ザ・マーケットエフテーブルセッティングはこんな感じ。ゴスペルが終了したのちはB1バーフィズのバーライヴを観賞しながら食することもできます。また周りを見渡すと、皆さんかなりフォーマルな装いで、私と妻だけが普段の身なりで恥ずかしいwそして今回オーダーしたシャンパーニュはパイパーのエドシック・レア2002(@30,000円/本)、1976年のファーストヴィンテージから過去8度しか生産されていない希少なボトルのためレアという名が付けられています。これは美味しいシャンパーニュでした。今滞在は無料で宿泊していますしね、こういった処でホテル側へ還元するのが個人的な流儀です。『Christmas Eve@グランドハイアット福岡 クラブデラックスキング 2017-12』グランドハイアット福岡メッセージカードがクリスマス色ですね、今年もクリスマイヴはグランドハイアット福岡へ滞在することとなりました。メインとしてはクリスマスディ…パイパー・レアをいただきつつ、ゴスペルを楽しんでいると、今回のディナーに使用する食材のプレゼンテーションワゴンがやってきて各種食材を詳しく説明してくれました。このサービスは良いですね。殆どの食材が九州産となっています。ということでディナー(15,000円/人)の開始。各プレート名が異様に長いため、プレート名だけ記載しますw・長崎県産伊勢海老のポッシェ キャビア添えと大分産トラフグのマリネ レッドカラントとビーツのソース・フランス産鴨のラビオリ 大分県産梨のクリームソース・熊本県産ローストパンプキンのスープ ブルーチーズのムース添え・長崎県産真鯛のグリル 根セロリとホウレン草のピュレ添え 有明産海苔が薫るオランデーズソース・博多マイルドみかんのシャーベット・博多和牛のグリル 安心院の赤ワインソース ラズベリー風味・オーガニックチョコレートとオリジナルコーヒーのオペラ・九州産フルーツタルトのシュクレフィレ・阿蘇ジャージー牛乳のアイスクリーム添えと、まとめて掲載すれば一瞬ですが、テーブルにもよるもののおおよそ2時間のコースで、料理に合わせた白・赤ワインなども楽しみつつ、レストランスタッフとの会話も盛上った次第。そしてディナーの途中からはB1バーフィズのバーライヴを観賞しながら食しました。ちょうどこの日はココ(バーフィズ)で出会った知人がステージに。ライヴ中、私と妻に気付いてステージから手を振ってくれました。そしてディナー終了後はそのままバーフィズへ移動し、ライヴの観賞を続けます。バーカウンターからも我々がアサインされたテーブルが見えますね。ライヴは3部とも全て観賞。今年も満足のクリスマスディナーだったということは、いうまでもありません。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      25
      テーマ:
  • 27 Dec
    • 福岡空港のANAラウンジリニューアルスケジュールが決定!と、NH FUK⇒OKA 2017-12

      昨日からの流れとしてはグランドハイアット福岡でのディナーなのですが、リアルタイムの記事を挟みたいと思います。画像↑は福岡空港のANAラウンジでいただいたブローシャ。どうやら福岡空港におけるANAスイートラウンジを含めたリニューアル工事スケジュールが確定した模様です。完成は2019年春らしい。福岡空港のANAラウンジリニューアルスケジュールいただいた案内を基に、今後の展開スケジュールを以下にまとめてみましょう。◆福岡空港ANAラウンジ・カウンター改装スケジュール・2017冬(予定):1Fカウンターにてインラインスクリーニング方式での手荷物受託開始・2018夏(予定):1Fカウンターデザイン刷新および自動手荷物受付機サービスの導入・2019春(予定):2Fにてプレミアムチェックイン開始、3FへANAラウンジ刷新およびANAスイートラウンジ新設といった予定で順次、刷新・導入がなされるようです。羽田・伊丹・那覇・新千歳に続き、ようやく我が福岡にもスイートラウンジが新設されるということで、2019年春を楽しみに待ちたいと思っています。来期もダイヤモンドメンバー基準に到達できればという前提ですがwNH FUK⇒OKAということで、ANA国内線ラウンジの案内をいただいたのち搭乗したのはドルフィン号(B737-500)。行き先は那覇空港です。FUK⇔OKA線でドルフィン号ということは、オープンスポット(沖止め)を喰らうと同時にプレミアムクラスが搭載されていないということw よってANA My Choiceをオーダー。ほぼ満席近い搭乗率でしたが、幸いにも私の隣は空席だったため、それなりに快適な移動となりました。そして那覇での滞在先はコチラ↑。やはり沖縄は暖かいですね、本日の最高気温は20度を超えています。この天気も良く快適な環境のなか、今年最後の出張を終え、帰路に就きたいと思います。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      34
      テーマ:
  • 26 Dec
    • Christmas Eve@グランドハイアット福岡 クラブデラックスキング 2017-12

      グランドハイアット福岡メッセージカードがクリスマス色ですね、今年もクリスマイヴはグランドハイアット福岡へ滞在することとなりました。メインとしてはクリスマスディナーだったのですが、折角滞在したのでその客室を簡単に掲載しましょう。『グランド福岡 ザ・マーケットエフのクリスマスケーキ@Christmas Session 2017』クリスマスは昨年同様、我家とも呼べるw グランドハイアット福岡でゆっくり過ごしています。『Christmas Eve@グランドハイアット福岡 2016-12』…ちなみにこの日の客室料はスタンダードルームをスタンダードレートで1泊50,000円ほど。書入れ時とはいえ、グランドハイアット福岡もなかなか足元見ますねwとはいえ、私の場合はポイントによる無料宿泊滞在でしたので関係なし。ドッチもドッチとはまさにこのことですw こういった際のポイント宿泊は、そのポイントの価値を最大限引上げた利用シーンといえます。改装クラブデラックスキンググランドクラブラウンジでの手続き後、アサインされた先は改装後のクラブデラックスキング。ポイントによる無料宿泊で、さらにアップグレードされたワケですから、ポイントの価値はさらに高まります。おそらくこの時期(クリスマイヴ)にクラブデラックスツインを2名利用だと、客室料は1泊70,000円を超えるハズ。ホテル側には感謝しかありません。そしてこの客室は、前回問題児義妹のせいで私が滞在できなかった客室です。よって今回、そのリベンジを果たすことができましたwまた、前回アサインされたものの滞在できなかった記事↓で客室の詳細を掲載していることから、今回は内容を割愛します。『グランドハイアット福岡 改装デラックスキングと、義妹 2017-10』画像↑は客室から見下ろしたキャナルシティ博多の風景。子供たちが集まっている星型のスペースは小さな噴水広場となっており、彼ら(彼女ら)には格好の遊び場です。連休…2名滞在利用では十分な空間ですね。ただしグランドハイアット福岡の最果ての(最も遠い)場所に位置している客室のため、エレベーターホールからは相当歩かねばなりません。夕暮れのキャナルシティを眺めつつ、ザ・マーケットエフでのクリスマスディナーは19時スタートとなっていたため、その前にグランドクラブラウンジでのカクテルタイムへと足を運びました。グランドクラブラウンジグランドクラブラウンジではクリスマスケーキを2台、シャンパーニュはモエ・エ・シャンドンが提供されていました。さすがにそれなりの演出ですね。我々が到着した時は、既になかなかのカオス振りで、モエの空瓶が数本転がっていた挙句、フードもごっそりとなくなっており、スタッフ達のフード追加提供が追い付かない状態だったというwしかし、我々はこの後スグにコースディナーが開始されることから、ゆっくりラウンジに留まることもなく、小さなアテを1つと、食前酒としてのモエを2杯ほどいただき、ホテル1Fへと向かいます。ホテル1F 聖歌隊グランドクラブラウンジから移動し、ホテル1Fへ到着すると、ちょうど大人の部の聖歌隊によるパフォーマンスが開始されていました。そしてこのパフォーマンスはB1のバーフィズに設置されているピアノなどとも連動しており、そのパフォーマンスは小一時間続きます。『Christmas Eve@グランドハイアット福岡 2016-12』12月24日はクリスマスイヴ。しかし個人的には父の誕生日という印象が強く、そこまで特別感がなかったりしますwそんなことから自宅でイヴをという予定でいたのですが…よってパフォーマンスを楽しんでいる途中からザ・マーケットエフへのアサインが開始され、続きはレストランのテーブルからも楽しむことができました。その様子は別記事にてまとめたいと思います。@import url(https://neins.xsrv.jp/css/ameblo_sp_css.css);

      37
      テーマ:

プロフィール

ねいん

自己紹介:
body{font-family: "メイリオ","Meiryo","ヒラギノ角ゴ Pro W3",...

続きを見る >

読者になる