幸せな夜の静寂(しじま)に酔う。

テーマ:
週明けの月曜日、


昨晩はちょっと❔本当にちょっと❔だけ……………いや沢山の幸せな時間をクライアント様から頂きました。


何が幸せかって……………💑とてもナイスなカップルとの出逢え💕


この素敵なクライアント様は、


御夫婦で素敵なレストランを西麻布で経営されている。


名前出しちゃっていいのかな?


【   Kisssako   】


漢字だと喫茶去と書く。


喫茶去の言葉の意味は深いらしい。


意味を知りたい方は一度訪ねて見てマダムから伺って下さい。


グラスワインも豊富だし、


深夜三時頃まで営業しています。


勿論、


ワインに合う料理も豊富だし、


そんな素敵なオーナー御夫婦のオモテナシが出来たなんて幸せすぎます。


ワインって偉大だと思う。


色々な一期一会を創り出してくれます。


ワインに感謝🍷🍷🍷


以後さん御夫婦に感謝❗❗❗






AD
日曜日の昨日はシャブリの生産者が来日、


グリンツィングにて特別ランチ。


先ずは、


仁木ヒルズワイナリーの初リリースされた


【 Hatsuyuki        】


を味見してて頂きました。


彼等の言葉よりも、


彼等の顔の表情を注意深くチェックしていました。



何故顔なのか ❔❔


フランス人は嘘をつけないんです。


顔に出るんです。


真剣な顔で外観や香りを注意深く、


妥協を許さない…………長く厳しい時間の後で、


【 私はドイツ人では有りません。


だからケルナーをあまり理解していません。


私達のシャブリの気候風土とはまったく違います。


しかしワインの味わいこそ異なりますが、


と前置きされた後、


香りはフレッシュで非常にエレガンスです。

最初はフレッシュな酸の魅力を………あとから感じる少し重い香りはリースリングと掛け合わされた黒葡萄トロリンガーの品種から来るのかもと語ってくれました。


ケルナーをきき酒しながら、フレッシュ感の中に白には見られないボディは、


多分土壌【ソイル】や品種【セパージュ】から醸し出されるのかもとコメントされていました。


フランス料理のバターやクリームを使った魚料理に合うと思う。


タンク熟成か若干樽熟成も試したら良いと思う。


セルバンさんの所も畑の違いによってプルミエやグランクリュの畑はほどんどタンク熟成だそうです。


因みにレクロの畑は三年物の樽熟成をしている。


私達は特別【牡蠣】に合うシャブリは作っていません。


あらゆる幅広い料理とのマリュアージを考えて日々切磋琢磨しています。

まだまだセルバンさんからは沢山のコメントを【 ハツユキ 】に頂きました。


メィトル ドゥ シエ の麿さん夫婦も参加していましたので、


仁木ヒルズワイナリーのこれからに期待してやみません。


仁木ヒルズワイナリーの益々のご発展を祈ります。


セルバンさん親子に素晴らしい適切なアドバイスを沢山ありがとう。


深く感謝申し上げます。


お帰りのさい再会を約束して握手させて頂きました。


真摯な温もりを持った優しさ溢れるビニョロンの手を握らせて頂きました。


将に【 In    Vino    Veritas    】の世界です。


この世に生を受けて78年の内、


57年間もワインと云う芸術作品の中で生かされてきた人生に感謝したいです。
AD
ベッドの脇に置いてた携帯電話がリリリリリ📱…………………?


今夜はマスターの誕生日云々、


なぬマスターの誕生日…………?


半分、寝ぼけまなこで駆けつけました。


記念写真撮る所にかけつけましたら、


真ん中で💐花束抱えていたのはマスターならぬマネージャーでした。


眠ったばかりの☎でしたのでマスターとマネージャーを私が聞き間違えたのか?


まあいいか🎵


記念写真の仲間入りして、


ビール2杯と甘口のスパークリングワインを頂き、


【 明日は早いアポイントがあるから 】


そんな言い訳して帰宅させて頂きました。


あら不思議!


タクシーのラジオから🎵ネバーオンサンデー🎶の曲が流れていました。


そうか今日は日曜日だったんだ。





AD