沖縄県名護市の稲嶺進市長は28日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設に関する政府対処方針決定を受けた今後の対応について「私は交渉の場に立たない。それ(辺野古への移設)を前提するなら、向き合うどころか対峙(たいじ)、対決だ」と述べ、鳩山由紀夫首相との交渉には応じない考えを示した。名護市内で記者団の質問に答えた。
 辺野古への移設が盛り込まれた日米共同声明に関しては「手順、やり方は民主主義の否定であり冒涜(ぼうとく)だ。政治への信頼もすべて無くしてしまう」と強く批判した。
 鳩山首相が社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免したことには「手段を選ばない物事の進め方で、今の世の中でこんな事があっていいのか。これは必ず首相自らにも政権にも禍根を残す出来事だ」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

皇太子さま、シンポジウムにご出席 アフリカテーマに国連大学で(産経新聞)
みんなの党 参院選 「カリスマバイヤー」藤巻幸夫氏擁立(毎日新聞)
次期衆院選に出馬せず=鳩山首相(時事通信)
未婚・世間体・不倫…赤ちゃんポストに年15人(読売新聞)
「オービス信用できぬ」出頭2年半拒み歯科医逮捕(読売新聞)
AD