テーマ:


自立




『 自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、昼間は身体を働かすために交感神経が優位になり、夜は休めるために副交感神経が優位になります。

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた時に起こる様々な症状のことを言います。 』



というのが、自律神経失調症の原因として専門家の誰もが解説の中に書いてある内容です。


「正直言って、そんな解説どうでもいい!」


って思われている方も多いのではないでしょうか?


私もそう思います(笑)



たぶん、この理論を考えた人は、自律神経失調症を起こしている患者さんの自律神経を実際に見て


『あっ、こんな時間なのに交感神経が優位になってる!これは大変なことになってるぞ!』


みたいな事を確認したわけではないと思います。



『 そう考えると説明がつくでしょ! 』


ということであり、実際に確認されたものではないのではないでしょうか?



もし実際に確認されたものだったとしても


患者さんにとっては


『 そんな状況の解説はどうでもいい! 』


ことですよね。(笑)



大事なことは、何故、自律神経のバランスが崩れて体調不良が起こってしまったのか?


というところですよね。



しかも、


『 自律神経のバランスが崩れた事による体調不良ですよ! 』


といいながら、


『 病院の検査では異常がありません。 』


という解説もつきます。


どういうこっちゃ?(笑)




自律神経失調症は、読んで字のごとく「自律神経が調子を失った」ということになってますが、実は神経自体が調子を崩し誤作動を起こしているわけではありません。



神経自体は正常な働きをしているのですが、脳が発信する信号自体に誤りがあるため、それを送られた身体各部位に異常が起こってしまうわけです。



ですから、交感神経がどうの、副交感神経がどうの、という話しはどうでもいいわけですね!



それで、


『 何故、脳が誤った信号を送ってしまうようになってしまったのか? 』


というところが問題なんですが、


ここが病気(自律神経失調症)を改善するために大事なところなんですが、



実は脳の疲労が原因なんです。




身体のすべてを支配しているのは脳です。


脳が疲労すると、同時に身体にも疲労が起こります。


脳の疲労が回復すると、同時に身体の疲労も回復します。




脳の疲労は、回復しやすいものと、回復しづらいものとがあります。


回復しやすいものは、

勉強や仕事などで頭を使いすぎて脳が疲労した場合。



回復しづらいものは、

マイナス思考の妄想の繰り返しによって起こった脳の疲労。

これは非常に回復しづらいです。



職場などでの外的ストレスによって気持がマイナス的になり、考え事で頭がいっぱいになってしまった場合や、ネガティブな性格の方に見られるようなマイナス思考の妄想の繰り返しによって脳が疲労してしまった場合は、脳の疲労は回復しづらくなります。




脳が回復しないということは身体の疲労も回復されず、更には疲労した脳は誤った信号を身体の各部位に発信してしまうため、原因不明の症状が起こってしまうわけです。


肉体労働や運動などで身体が疲労した場合、脳は身体の疲労を回復させるための信号を発信します。


その信号によって身体の各部位は肉体疲労を回復させようと働き始めるわけです。


でも、マイナス的なことで脳が疲労している場合は、回復信号は送られませんので、いつまでたっても身体は回復しません。


マッサージをしてもらっても疲労感も取れませんし、筋肉もほぐれません。


というのが、自律神経失調症の原因です!


要するに、


自律神経失調症は脳の疲労が原因です。



ですから、


交感神経とか副交感神経の解説はどうでもいい話し!


ということになります。




次回は、


男性女性に限らず、


男性型の人は更年期障害にはなりにくい!


女性型の人は更年期障害になりやすい!


更年期障害になる人と、ならない人の違い!



についての解説です。




札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル 3階

TEL 011-233-2215

JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。