テーマ:
スポーツ女子
 
初診
 
主訴  左足カカトの痛み
 
100m走でカカトに痛みが出た。
 
カカトの裏に痛みがあるので、ジャンプが出来ないし、押しても痛い。
 
走るのが得意で、運動会が近いので、早く治したい。
 
とのことでご来院。
 
 
この症状は大抵
 
踵骨下滑液包炎と診断されると思いますが、
 
カカトの痛みは改善が難しく、
 
テーピングやクッションでの対応が多いようです。
 
 
今回は、問診でいくつかの原因を絞り込み、一回目の施術でここまで改善することが出しました。
 
施術後の変化を1分間の動画にまとめましたのでご覧下さい。


 

 

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かかとの痛みが1回目の治療でここまで改善されました。

治療経過を1分間の動画にまとめましたのでご覧下さい。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かかとの痛みが酷くなったので去年はマラソンを断念した。

春になりせっかく雪が溶けて走りやすくなってきたのに、かかとは一向に治る気配がない。

というか、去年の夏よりも更に悪化している!


なぜ?



裏



こちらのHPを拝見しました。


「かかとの痛みは滑液包というクッションがつぶれて起こるわけではない」


とようなことが書いてありましたが、自分の場合、どう見てもかかとのクッションがつぶれているとしか思えないんですが、最近は軽く触れただけで痛みを感じますから、かなり炎症が起こっているんだとしか思えないんですけど!?



とのこと。



気持は分かるんですけどね、ずっと治らなくて痛い思いをしていて、仕事もできない状態なわけですから。でもね、例えば、高いところから飛び降りて、かなりの勢いで着地した場合、足首の骨折はあるかも知れませんが、かかとのクッションが壊れてしまうことは無いんです。足の裏を打撲することはありますけどね。



という話しをさせていただきました。




この時点では当然ですがまだ納得が行ってないようです。



仕事は自衛官。


毎日時間があるときは走るようにしている。


走るのは強制ではない。


トレーニングするのも強制ではない。


(へ~、そうなんだ!)



毎年マラソンにも出てるので、かかとの疲労はあると思う。


中学の時も高校の時も陸上をやっていたので、その頃から走っていた。


でも、今回の様な症状は初めて。


走る以外には筋トレもやっている。


ウエイトはあまりやらない。たまにやるくらい。


腕立て・腹筋・背筋・スクワット・懸垂・はしご昇り・綱昇り・・・。


たまにに何十キロの荷物を持って・・・という仕事もある。


(けっこう大変なんですね~)



かかとに痛みの出る原因はこの時点でだいたい分かりました。


あとは施術してみれば答えは出ると思います。



ということで、施術開始。



分かりやすいように、かかととその周辺には触れないように、他の原因と思われる筋肉疲労だけを取って、痛みの確認を繰り返してみました。



その結果、


1ヶ所目、仰向けで施術。変わる感じは無い。


2ヶ所目、仰向けで施術。2割くらい変わったかも?


3ヶ所目、仰向けで施術。8割がた痛みが取れました!


4ヶ所目、体位を変えての施術で、歩いても痛くない!


5ヶ所目、同じ体位で、他のポイントを施術。ジャンプしても痛くない!


となりました。




結果から言えることは、


上肢にも下肢にも、かかとに影響する筋肉異常があり、更にそれによって重心の崩れも起こっていたので、その結果、かかとに痛みが出ていた。


ということになります。




「足が痛いから今のうちに上半身を鍛えておこう!」


と考えたくなるのは分かりますが、下肢の痛みは、上半身からも来ますので、今回の様にそれが下肢の回復を遅らせることになったのだと思います。


そんなケースは少なくありません。





わかりやすく言うと、


Aの筋肉 と Bの筋肉 が連動関係にある場合、


Aが患部だとしたら、Bが原因部位となります。




普通はAが痛くてトレーニングができないから、Aが治るまでBを鍛えておこう!


となるわけです。


でも、実はBの筋肉が硬結を起こしてしまったことによって、Aに連動異常が起こっているわけですから、Bの硬結が緩まなければAの痛みは取れないのです。



それなのにBを更に疲労させてしまい硬結を更に悪化させてしまっていたので、今回の患者さんは


走ってないのに


去年の夏よりも更に悪化している!


となってしまったわけです。



深いですね!








現在、道東方面のセミナー受講生を募集しております!




現在、アトピー性皮膚炎治療の『指示通りやっていても改善が見られない場合は全額返金いたしますキャンペーン』を行っております。

http://ameblo.jp/jbmaoisora/entry-11985096922.html


■治療時間は初回は2時間くらいかかります。


■料金は初回2時間で10500円ですが、こちらの指示通りやっていても改善されなかった場合は全額返金いたします。


■指示を守ることができなければ改善されませんので、その際の返金はありませんのでご了承ください。


■指示の内容は、子供さんでもできる、何の問題も起こらない内容です。


■現在ご使用中の薬はそのままご使用を続けていただいてもかまいません。


■アトピー治療の場合、何度も通う必要はございません。1回目で明らかな結果が出るものです。


■2回目以降の料金は30分3000円、60分5500円、90分8000円、120分10500円となります。ご予約の際は時間をご指定ください。



アトピー治療キャンペーン期間  

2015年2月3日~2015年4月29日まで





札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル 3階

TEL 011-233-2215

JBM総合整体院碧い宙(あおいそら)



定休日 木曜日


営業時間 9時~21時


往診のため留守にすることもあります。


セミナー開催のため5日間ほど留守にすることもあります。


ご予約はお電話か、サイドメニューのメッセージ から、またはHPのお問合わせフォーム からお願いいたします。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


違う



かかとの地面に着く部分の

痛みの原因と治療法について!




裏


ここに痛みが入ると、地面に触れる度に激痛を感じますので、立ち仕事や、歩く仕事をしている人にとってはかなり厳しい状況になってしまいます。



かかとの裏には滑液包というクッションがあるのですが、繰り返されるかかとへの衝撃によって、そのクッションが潰れてしまい、かかとに炎症が起こると考えられております。



でも実際にはちょっと違いまして、


かかとは結構衝撃には強く、


歩く・走る・ジャンプして着地するなどの


衝撃程度では


かかとは壊れないようにできております。




実際の治療では、


かかと自体にアプローチすることはなく、


ふくらはぎや足の裏(かかとではなく中央から指先)


の施術で痛みが軽減することもありますし、


重心調整のみで完治することもありますが、


大抵は重心のくるいによるものが多いようです。




「重心のくるい」と聞くと


かかと重心になってしまい


常にかかとに体重がかかっているせいで


かかとが疲労して炎症を起こすものと


思われるかも知れませんが、


実は逆で、


つま先重心になることによって


かかとに痛みが出るんです!




「え~っ?なんで~っ?」


と思われるかも知れませんが、


重心調整法で重心を後方に移動させると


かかとの痛みは消失するんです。



前重心になっていると痛みが出て、


後ろ重心にすると痛みは消えるので、


間違いありません!



これに関しては複雑な解説になりますので、


割愛させていただきますが、


聞きたい方がいらっしゃいましたら、


お越しください。




いずれにしても


重心の問題でかかとが痛いのであれば


重心調整ができなければ


治すことはできません。




また、筋肉の萎縮によって重心にくるいが生じている


ケースもありますので、この場合は、


重心調整だけでは重心は調整できません。





札幌市中央区の整体院

札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル 3階

TEL 011-233-2215

JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。