テーマ:

すべり症は手術しないと

もうサッカーは無理ですか?



j


腰椎が上の絵のようにずれてしまう状態をすべり症といいます。



それによって腰痛や下肢の痺れが起こり、治療を繰り返しても改善が見られない場合は手術を勧められるというケースが多いです。



中学生や高校生のスポーツマンでもすべり症と診断され、治療に専念するために戦線を離脱する選手もおります。



手術してしまったらそのシーズンは何もできなくなってしまいますし、経過が悪ければ次のシーズンも見送らなければいけません。



そうなるともう卒業で引退となってしまいます。




今回の患者さんは中学生のサッカー少年ですが、そのお母さんが


『手術をしないで、何とか競技を続けさせてあげたくて、インターネットで見つけては遠くても治療に連れて行った!』


とのことです。



それで、当院のHPやブログを見つけ、記事を読みあさり、お電話をくれたそうです。



そして


『ブログにはすべり症の記事は1つしか書いてませんでしたが、アトピーが治らなければ全額返金というのを見て、アトピーなんて絶対無理なのに、治らなかったら全額返金ってことはよっぽど自信があるんだろうなと思って、それも興味があって来てみました!』


とのことです。



でもアトピーは無いようですので、アトピーの解説は長くなるのでまた今度。




腰痛の治療を開始!




「すべっている部分をどうやって元に戻すのか?」


と思われるかも知れませんが、そこに施術の必要はありません。


側湾症の原因と同じようなもので、偏った筋肉の萎縮が原因で骨格を引っ張ってしまい、その結果身体がゆがんでしまうのです。


ですから、骨格を引っ張っている筋肉が何故引っ張るようになって(萎縮して)しまったのか、その原因を突き止めることが重要なんです。


原因を突き止めることができたら改善策が見つかりますので、それによって萎縮していた筋肉を解放することができたら、すべっていた部分は自然と元に戻って、腰痛が消失するわけです。



もっとも、すべっていた部分が治療後に元に戻っている画像を確認したことはありませんが・・・。





これで柔軟性も回復しますし、激しい運動をしても痛みは出ません。




それで、今回の患者さんですが、


後屈はまったくできない。


前屈の方がまだできるが、手が膝まで来た時点で腰が痛い。


ゆっくり走っても痛い。


階段は下りる時があぶない。上る方はなんとか。



という感じでした。



治療時間は90分の予定が最後の2割ほどが改善されなかったため、時間を延長して120分ほどかかりました。

(遠くからのお越しだったので延長しました。)



結果は、


一番辛かった後屈が最初にできるようになりました。


最後の10分で前屈で出る痛みの原因も見つかり改善。


階段昇降を繰り返しても痛みは出ず。


10分間雑談をしてから再度階段を駆け上ったり駆け下りたりしてもらっても、痛みは出ませんでした。


ここまで行ければ、次の日も大丈夫だと思います。





現在、アトピー性皮膚炎治療の『指示通りやっていても改善が見られない場合は全額返金いたしますキャンペーン』を行っております。

http://ameblo.jp/jbmaoisora/entry-11985096922.html



■治療時間は初回は2時間くらいかかります。


■料金は初回2時間で10500円ですが、こちらの指示通りやっていても改善されなかった場合は全額返金いたします。


■指示を守ることができなければ改善されませんので、その際の返金はありませんのでご了承ください。


■指示の内容は、子供さんでもできる、何の問題も起こらない内容です。


■現在ご使用中の薬はそのままご使用を続けていただいてもかまいません。


■アトピー治療の場合、何度も通う必要はございません。1回目で明らかな結果が出るものです。


■2回目以降の料金は30分3000円、60分5500円、90分8000円、120分10500円となります。ご予約の際は時間をご指定ください。



キャンペーン期間  

2015年2月3日~2015年4月29日まで





札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル 3階

TEL 011-233-2215

JBM総合整体院碧い宙(あおいそら)


定休日 木曜日


営業時間 9時~21時


往診のため留守にすることもあります。


セミナー開催のため5日間ほど留守にすることもあります。


ご予約はお電話か、サイドメニューのメッセージから、またはHPのお問い合わせフォームからお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


大工さん



40代男性


主訴 すべり症(腰痛)、ヘルニアあり


建設関係の仕事




30代前半まで重い物を持つ仕事も毎日やっていたが、腰痛が悪化してから、あまり重いものは持たないようにしていたが、まったく持たないわけにもいかないので・・・。



重いもの



高校1年から21歳まで空手をやっていた。


高校3年生の時に腰と膝を痛めた。


腰がひどい時は立ち上がれないほどになったこともある。


その時は激痛が続いていたのでブロック注射をしてもらうことが結構あった。



20代の時も30代の時も、仕事が忙しい時はよくぎっくり腰みたいになっていたので、ブロック注射は何度もしていた。



ぎっくり腰みたいな激しい痛みは39歳の時が最後で、その時も何日間も動けなくてブロック注射をしてもらったが、ブロック注射はその時が最後。




医者からは


「椎間板ヘルニアだけじゃなく、すべり症もあり悪化しているので、このままじゃ立てなくなる可能性もあるから、もう身体を使う仕事は辞めた方がいいし、もう早いうちに手術した方がいい!」


と言われた。


が、


「辞めれるわけないじゃないですか~!」



とのこと。



ごもっともでございますm(_ _)m





レントゲン
この画像はご本人のものではありません。



検査の画像を持って来て見せてくださったのですが、それを見ながらご本人は、


「お医者さんからこれを見せられて、これがヘルニアでここがすべり症で・・・と説明されたけど、素人目では見てもわかりませんからね~!」



とのことでしたが、


私が見てもわかりません。


とうか


そうは見えません!



医者の目にはどう映っているのか?


施術結果から見るとかなり疑問です。




今現在は膝の痛みはまったく無いとのことでしたので、腰痛と背筋の張りの治療に集中することにしました。




患者さんから


「すべり症の(ずれている)部分と、ヘルニアの出っ張って神経を刺激している部分は施術で元通りになるのか?」


というご質問がありましたが、



「すべっている部分に関しては、施術後にレントゲンなどの検査をしてみなければ、そこが修正されているかはわかりませんが、痛みは無くなって重い物も持てるようにはなると思います。」


あと、


「ヘルニアに関しては、最近やっと日本のお医者さんからも研究結果が公開されましたが、ヘルニアと痛みはもともと関係がないので、そこはそのままにしておいても痛みは取れますのでご期待ください!」


と説明させていただきました。



ヘルニアの説明
上の画像は、ヘルニアの説明画像ですが、こうなっていても痛みの無い人はたくさんおります。

「たまたま検査したらヘルニアがあることがわかったが、今まで腰痛は経験したことがない!」

という方はたくさんいることもわかっております。

また、ヘルニアが無くても「激痛で歩くことすらままならない」という患者さんが多いのも事実です。




ということで、


当院ではすべり症のすべっている部分を矯正したり、ヘルニアの出っ張っている部分を引っ込める施術をするような野暮なことはいたしません。




現在の症状は・・・


・座っていても仙骨に痛みがあって、ずっとこのままでいると辛くなってくる。


・立ち上がるときに腰が伸びない。


・前屈はかなり硬い。


・後屈はできない。


・ひねると背中が突っ張る。


・歩くのは歩けるが、長い距離はだんだんしんどくなってくる。


・今もぎっくり腰になりそうな感じは常にある。




これくらいの症状であれば肉体疲労だけではなく、ストレスの蓄積が原因である可能性も考えなければいけません。




【 施術開始 】



まずは肉体疲労から取っていきます。


痛みの出ているポイントを確認しながら


そのポイントに痛みを送り込んでいる


と思われる連動ポイントを触っていきます。


と、


かなりの硬結状態であることがわかりました。


仰向けうつ伏せ立位・・・


と取り残しの無いように


いろんな形で施術してみたところ、


肉体的な施術のみで


筋肉の硬結は緩み


ほとんどの症状が取れてしまいました。



立ち上がっていろんな動作をしてもらい


痛みの出る体勢を探してもらいましたが


「痛みは出ない!」


とのこと。



これは予想外です!



通常ぎっくり腰を繰り返す人は


たくさんのストレスの積み重ね


があるものなので、


肉体的施術だけでは


硬結は取り切れず


痛みは半分以上残ってしまいますので、


最後はストレス治療が必要なんです。



でも、この時点でほとんどの症状が


無くなってしまったということは、


このまま2~3日様子を見てもいいかも知れません。




ということで、


時間になりましたので、


1回目の治療はここまでとしました。



ここまでで90分です。




しばらく話しをしていて


帰る時にも痛みが出ていなかったので


大丈夫かも知れません。



明日の朝に症状の戻りが無ければ


もう仕事をしても大丈夫だと思います。




札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。