テーマ:

アトピー性皮膚炎の患者さんには食物アレルギーも併発している方が多いです。


何故かというと、


じつは同じものが原因だからです。



アトピー性皮膚炎も食物アレルギーも生まれ持った体質ではありませんので、原因さえ理解できれば、必ず改善できるのです。




問診していると、患者さんも理解できるような原因が見えてくるものです。



その原因に皮膚科のお医者さんが気づいていないのが残念なところです。



原因に気づかず、現状維持のままの生活が続けられれば病気も改善されるはわけがありません。



現状維持ではダメですので、原因を理解し、切り替えることが必要です。


そうすれば、アトピーは間もなく改善されてきて、同時に食物アレルギーも改善されてきます。



それにはそれほど時間はかかりません。



嘘のような本当の話しです。




それで、嬉しいことがありました。


6月の末に初めて来られた食物アレルギーの患者さんの件ですが、


今回で3回目のご来院となりました。



前回(2回目)の治療後の改善反応が良かったため、


「もしかしたら、今回の時点で食物アレルギーも改善されているかも知れませんので、今まで食べられなかった果物を少しずづ試してみても大丈夫かも知れません!」


とお伝えしたところ、


今回(3回目)のご来院の際、お母さんから下記のようなお話しがありました。


「前回の治療後、先生が『もう食べてもアレルギーは出ないかも?』とおっしゃっていたので試してみたのですが、桃とスイカとメロンを食べてもアレルギーは出ませんでした!腕のアトピーの赤みも薄くなってます!」


とのことでした。



\(^▽^)/やったー!!!!!


夏に間に合って良かったですねー!!!!!


夏に桃とスイカとメロンが食べれるのと食べれないのとでは大違いですからねー!


ホントに良かった~\(^▽^)/




じつは、良い報告をいただいた時は私、


心の中では大喜びしておりますp(T▽T)q


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつもお立ち寄りくださいまして有難うございます。





JBM総合整体院碧い宙院長の高岡です。








今日は、





食物アレルギーは花粉症が原因? その2





です。







arrerugi-









今まで一度もアレルギー反応を起こさなかったアレルゲンに対して、何故突然アレルギー反応を起こすようになってしまったのか?








それは、免疫力の低下が原因なんです。






アレルゲンはどこにでも存在します。






免疫力が100%であれば、アレルゲンに反応する(負ける)ことはありませんが、何らかの理由によって免疫力が低下すると抵抗力が弱くなるため、今まで反応したことがなかった(負けたことがなかった)アレルゲンに対してアレルギー反応を起こすようになります。






それが、花粉症や食物アレルギーの原因なんです。










では免疫力の低下はどこから来るのか?




というところですが、そこが病気の根本的な原因の部分になります。






免疫力の低下は、




スポーツや肉体労働などでの肉体疲労でも起こる可能性はあります。




事故などでの打撲や骨折などでも起こる可能性があります。






でも、そんなことが無くても花粉症や食物アレルギーは発症しますよね!






肉体疲労や打撲や骨折で発症するならば、それが回復した時点でアレルギーも治まるはずです。




でもそれで治まることはありませんよね。






ということは肉体疲労や打撲や骨折は、




発症のきっかけではありますが、




根本的な原因ではなく、




根本的な原因は他にある!




ということになります。








花粉症や食物アレルギー発症の根本的原因は、




精神的ストレスです!






①発症の前にあった生活環境の変化による対人関係




②発症の前にあった職場環境の変化による対人関係




③発症の前にあった学校内での対人関係




④発症の前にあったママ友関係




⑤発症の前にあったスポーツのチーム内での対人関係






などなど。




要するに、対人関係が原因です!




ストレス治療によって、そんな答えが得られました。






答えが得られたということは、




①から⑤に対するストレス治療によって花粉症や食物アレルギーが改善された。




ということです。








ストレス治療とは、






①から⑤まで順番にアプローチして改善反応を確認して行きます。






④で一番大きな改善反応(症状の軽減、または消失)があったとしたら、ママ友が一番のストレス源ということになり、その心の負担が免疫力を低下させ病気を発症させていたということになります。




(原因が複数重なっているケースがほとんどです。)








患者さんご自身は、日常的な対人関係をストレスと感じてない方が多いですが、ストレスはゼロではないはずです。




100%のストレスじゃなかったとしても、5%とか10%の小さなストレスが毎日毎日積み重なって大きなダメージになるものです。




ですから、ストレスとして感じていない小さな心の負担を引き出してストレス治療してあげなければ病気は改善できないのです。












現在、アトピー性皮膚炎治療の『指示通りやっていても改善が見られない場合は全額返金いたしますキャンペーン』を行っております。


http://ameblo.jp/jbmaoisora/entry-11985096922.html








■治療時間は初回は2時間くらいかかります。




■料金は初回2時間で10500円ですが、こちらの指示通りやっていても改善されなかった場合は全額返金いたします。




■指示を守ることができなければ改善されませんので、その際の返金はありませんのでご了承ください。




■指示の内容は、子供さんでもできる、何の問題も起こらない内容です。




■現在ご使用中の薬はそのままご使用を続けていただいてもかまいません。




■アトピー治療の場合、何度も通う必要はございません。1回目で明らかな結果が出るものです。




■2回目以降の料金は30分3000円、60分5500円、90分8000円、120分10500円となります。ご予約の際は時間をご指定ください。








キャンペーン期間  


2015年2月3日~2015年4月29日まで














札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル 3階


TEL 011-233-2215


JBM総合整体院碧い宙(あおいそら)





定休日 木曜日





営業時間 9時~21時





往診のため留守にすることもあります。





セミナー開催のため5日間ほど留守にすることもあります。





ご予約はお電話か、サイドメニューのメッセージから、またはHPのお問い合わせフォームからお願いいたします。












↓やる気が出る動画(画像をクリック)




会員募集中7





2014年札幌雪祭りテレビ塔演武会






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつもお立ち寄りくださいまして有難うございます。


JBM総合整体院碧い宙院長の高岡です。



今朝の朝ズバッ!で食物アレルギーのことをやってましたが、ご覧になられたでしょうか?



食物アレルギー



そこでは、長年食物アレルギーについて研究している女医さんが発症の原因について解説しておりました。



「食物アレルギーを発症する人のほとんどが花粉症を持っている。」



花粉症


「花粉のアレルギー物質の形体と食物のアレルギー物質の形体が似ているものがあり、花粉のアレルギー物質の形体に似た形体の食物が体内に入ってきた場合、花粉と間違えて反応してしまい発症してしまう。」


「だから、食物アレルギーは花粉症が原因で発症する。」



というような内容でした。




では、花粉症は何故発症するのでしょう?





花粉症も食物アレルギーも突然発症します。



「去年まで全然大丈夫だったのに何故か今年から花粉症になってしまった!」


「大好きな果物なのに、食べると顔が腫れ上がるようになってしまった!」



というように、アレルギー症状は突然発症します。



「生まれてから大人になるまで花粉症とはまったく縁がなく生きてきたのに、何故花粉症になってしまったんだろう?」


と、発症された方は皆さん思われることでしょう!



花粉症も食物アレルギーも、要するにアレルギー反応です。



アレルゲンに対して身体が反応してしまい発症するわけです。



アレルゲンはどこにでもあるものです。




食べ物に気をつけていれば発症しないというものではありません。



大好きだった食べ物にも突然アレルギー反応を起こしてしまうくらいですから、今まで食べてもなんともなかったのであれば心配ないというものでもありません!





今まで一度もアレルギー反応を起こさなかったアレルゲンに対して、何故突然アレルギー反応を起こすようになってしまったのか?



という部分が花粉症や食物アレルギー発症の原因なんです!



その原因につきましては、臨床経験が豊富ですので答えは出ております。



長くなるのでまた後ほど解説いたします。






札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)




↓やる気が出る動画(画像をクリック)


会員募集中7

2014年札幌雪祭りテレビ塔演武会


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんばんは!


いつもお立ち寄りくださいまして有難うございます。


碧い宙院長の高岡です。




今日は、インターネットでもTVでも最近よく話題に上げられる


食物アレルギーについてのお話しです。



食物アレルギーはここにきて何故か増加傾向にあります。



ネットで検索してみると、専門家は次の様な事を書いております。



一般的に身体の免疫システムは、外からやって来たあらゆる異物(細菌、ウイルス、花粉、化学物質など)を認識して、それを排除しようとするのですが、口から消化器官に入って来た食物に対しては、不要な免疫反応を起こさないような仕組みがあります。


このような仕組みのことを経口免疫寛容と言います。


この仕組みがうまく機能しないと食べ物が異物として認識され、免疫システムがこれを排除しようと活性化してしまいます。


これが食物アレルギーです。


つまり、食物アレルギーは、この経口免疫寛容という仕組みが壊れることによって生じる病気だと考えられるわけです。


とすると、この経口免疫寛容を成立させるメカニ ズムが分かれば、一度壊れたこの仕組みを再び復活させることができるかもしれません。



ということですが、


これでは一度壊れたこの仕組みを再び復活させることはできないと思います。



なぜかというと、


壊れた経口免疫寛容自体を修復しようとしているからです。



人間の身体は道路工事じゃないんです。



壊されたら、壊した犯人を捕まえなければ何度でも繰り返されるんです。



何でも薬で改善しようとしますが、それでは改善できないものだってありますからね。





食物アレルギーは、この経口免疫寛容という仕組みが壊れることによって生じる病気であることは間違いないと思うのですが、



問題は、



何故壊れたのか?


何によって壊されたのか?



という部分なんです!




細菌、ウイルス、花粉、化学物質というのが食物アレルギーの根本原因ではありません。



それらが原因であれば、同じ環境で暮らしているもっとたくさんの人達が発症しているはずですよね。



原因を捕らえるための方向性が間違っているうちは改善はありえません。




食物アレルギーは大人でも突然発症します。



食物アレルギーはウイルス性ではありません。



細菌性でもありません。



じゃー何?



ストレスです!



これに関してはもうすでに結果は出ておりますので間違いありません。



ストレスがあるなんて患者さんご自身にはわからないものです。



患者さんご自身にも気付かないストレスを引き出さなければ改善されません。




治療の流れとしては、



問診 → ストレスの特定 → カウンセリング → ストレス治療 → 改善



となります。



食物アレルギーは薬では治りませんが、


ストレス治療によって改善可能です。





札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。