テーマ:

上の画像はご本人ではありません。

 

 

うつ病にはいくつかの原因がありますが、病院では同じ様な症状であれば、原因の種類が違っても【うつ病】と診断されるようです。

 

本当のうつ病は、繰り返されるストレスの記憶の蓄積によって起こるのですが、患者さんによっては、うつ病と診断されていても、繰り返されるストレスの記憶の蓄積が無い人もおります。

このタイプの患者さんの場合は、本当のうつ病とは違う治療法になります。

 

どちらにしても短期改善は可能です。

 

 

この連休、道外からの患者さんが続きました。

 

その中のお一人がうつ病と診断されて7年という方で、現在休職中で、ご両親が付き添って来られました。

 

学生時代は健康で、大きな怪我も病気も無かったそうです。

 

就職してから2年目くらいから

 

疲労が取れなくなってきて

 

眠れない日が多くなり

 

食欲も無くなり

 

休みの日は一日中寝てることが多くなり・・・

 

という様な状況になり

 

体重が急激に減ってきたのを見てご両親が心配になって心療科に相談に行ってみたところ【うつ病】と診断されたそうです。

 

 

話しの内容・表情・話し方・動作・反応から診ても本当のうつ病に該当すると思いました。

 

本当のうつ病は、繰り返されるストレスの記憶の蓄積に対しての脳のセキュリティーシステムです。

 

 

脳が誤作動を起こしているわけではなく、

 

これ以上ストレスが蓄積されると危険!!!

 

と判断した時に

 

更にストレスが積み重なる場所に行くことを防ぐために

 

動きや思考に制限をかけて

 

自分の身体を守ろうとするわけです。

 

 

そのセキュリティーを解除することができると

 

うつ病の症状が消えるようになっているのですが

 

セキュリティーを解除するためには

 

積み重なったストレスが処理されなければいけません。

 

積み重なったストレスが処理されれば

 

脳はセキュリティーを解除しますので

 

その場で動きや思考の制限も解除されます。

 

 

今回の患者さんは

 

あまり詳しくは書けませんが

 

2日目に来られた時に

 

『久しぶりにぐっすり寝てたよね。』

『朝も食べました。普段は朝はほとんど食べないのに。』

『顔つきがいつもと違う。』

 

とご両親が仰ってました。

 

 

そして3日目の途中からは

 

笑顔も見られるようになって

 

普通に会話が出来るまでになり

 

ご両親からは

 

『期待とアレが半分半分だったけど、期待以上でした。』

 

とのことでしたが

 

結果がアレの方じゃなくて良かったです。

 

 

ご紹介くださった先生、有難うございました。

 

今回は時間の都合上ここまでとなりましたが、

 

少し様子を見て今後のご相談をいただけるとのことでした。

 

 

 

(これは医学的な理論やアプローチ法ではありません。)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

仮面うつ病 って

ご存知ですか?


落ち込み・やる気が起こらない・人と会いたくない・会話が出来ない・食欲が無い・不安などの

いわゆるうつ症状というものが無く

寝ても寝ても疲れが抜けない
めまいや立ちくらみ
頭痛
頭が重い
肩凝り
首凝り
背中が痛い・重たい
胸が気持ち悪い
動悸がする

という様な症状です。


これは検査をしても異常は見つからないため

最近では(以前からかは知りませんが)この様な症状を

仮面うつ病

と呼んでいるみたいです。



検査に写らないのに

 ↓

こんなに症状があるはずがない!

 ↓

精神が病んでいるから無い症状をあるように感じているだけ?

 ↓

うつ病

 ↓

でもうつ病の症状は無いから

 ↓

仮面うつ病 だな!


ということでしょうね。



でも、大きな症状があるにも関わらず、どんな検査をしても原因となる異常が見つからない、なんて事は掃いて捨てるほどあるはずなのに、なんでここでうつ病に仮面をくっつけるのかがわからない!

しかもうつ病特有の症状は無いのに。




①寝ても寝ても疲れが抜けない
②めまいや立ちくらみ
③頭痛
④頭が重い
⑤肩凝り
⑥首凝り
⑦背中が痛い・重たい
⑧胸が気持ち悪い
⑨動悸がする

という様な症状は確かに検査には写らないものが多いかも知れませんが、

一般的なうつ病とは原因からしてまったく違いますので

うつ病ではありません。

ですから薬漬けにされる必要もありませんし、

薬漬けにされたところでこの症状は消えません。



考えられる原因は3つに絞られますが、

①~⑨までのほとんどの症状がある場合は

考えられる原因は1つに絞られます。

ものにもよるかも知れませんが、改善に時間はかかりません。



今日はこの様な患者さんがいらっしゃったのですが、

「もうすぐ3年くらいになりますが、仮面うつ病とか言われて分けわかんない!薬は飲んでいたけど、ずっと飲んでも何も変わらなかったので、もう病院に行くのも止めました!」

と仰ってました。

今日は、めまいと立ちくらみは無かったのですが、特に目立っていた、疲労感・頭痛・肩凝り・背中の痛み・時々襲ってくる動悸などの症状は、問診含め2時間弱でほぼ感じなくなりました。


後は、時間の経過とともにどう出るか?

明日の朝には症状の戻りがあるかどうかが重要なポイントとなります。


この様な症状は

マッサージしても改善されませんし

ツボ押しも関係ないので効果はありません。

 

 

 

 

いつまでも治らない症状でお悩みの方は是非一度ご相談ください。

 

 

札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル 3階

 

JBM総合整体院 碧い宙あおいそら

 

tel  011-233-2215

mail  kiryuin@amber.plala.or.jp

 

当院には駐車場がございませんので、自家用車でご来院の方は当院周辺にあります有料駐車場をご利用ください。

 

地図

 

●地下鉄札幌駅からのルート 2駅(3分)~徒歩1分

 

 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(上の写真はご本人のものではありません。)

 

本当のうつ病とは、

例えば、

職場で毎日毎日ガミガミ上から怒鳴られプレッシャーをかけられ・・・

という様な状況の中にいる人に起こる病気です。

 

頑張って頑張って耐えて耐えて絶え続けると

心の器にストレスが納まり切れなくなります。

 

これ以上ストレスを受け続けると大病を引き起こす可能性があります。

 

これ以上のストレスの増幅を防ぐため、脳は自分の心と身体の働きを停止させてしまい、ストレスから回避させようとするわけです。

 

これが脳による自己防衛反応であり、うつ病の原因となります。

 

 

この様な状況でうつ病を改善するために必要なものは抗ウツ剤ではなく、

 

うつ病の原因は溜まり過ぎたストレスですので、心の器に溜まり過ぎたストレスの記憶を排除する技術です。

 

 

溜まり過ぎたストレスの記憶は心と身体に悪さをし続けます。

 

その悪さし続ける記憶を悪さしない記憶に変えることが出来ればいいわけです。

 

 

ここ数年、脳科学という言葉を耳にすることが多くなって来ましたが、

 

この脳科学の分野で発見されたのが

 

悪さし続ける記憶を悪さしない記憶に変えてくれる脳の働きであり、

 

脳科学療法と呼ばれる技術です。

 

 

以前はストレス性の病気や痛みにはストレス治療が活躍してくれてましたが、

 

現在は脳科学療法が主流となっております。

 

(脳科学は医学の分野とは別になります。)

 

 

それで今回のうつ病の患者さんですが、

 

まさに上記の様な状況の中、休職していても一向に改善される気配がないため、職場を辞めざるを得ない状況に追い込まれていた女性でしたが、

 

前回1回目の治療で、お腹が空くようになりご飯が食べられるようになったそうです。

 

そして今回2回目の治療(脳科学療法)で、普通に会話ができるようになり、

 

最後は笑顔が見られるようになりました。

 

付き添いのご両親もほっとされたご様子で、

 

「○○の笑顔久しぶりだよね~っ!」

 

と仰ってました。

 

会話も身体の動きも大分良くなりましたので、あと1回くらい様子見で来ていただければ大丈夫ではないでしょうか。

 

たぶん今の時点で(内容にもよりますが)仕事は出来るのではないかと思います。

 

 

良かったです(^人^)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「うつ病改善率7割、3割はまだ治療中」というのは、今年来られた患者さんのうち30人以上の方がすでに治療を終了し、残り3割の方は現在治療中、ということです。

 

今年は、当院に来られたうつ病の患者さんは今までで一番多く50人を越えました。

(電話でのカウンセリングも含みます)

去年までは多くてもせいぜい30人くらいだったのですが。

 

 

「うつ病は精神科とか心療内科でしょう!?」

と思われるかも知れませんが、

もちろん皆さん精神科や心療内科を何度も受診しております。

 

指示通りちゃんとたくさんの薬を飲み続けてます。

それでも改善されず、更に薬を強くされ・・・

というのを経験された方たちばかりです。

 

中には

「精神科に行く前にここに行ってみたら?」

と紹介されて病院に行く前にこちらに来られた方もおりますが。

 

 

当院では、うつ病と診断されて来られる患者さんにまずはじめに確認するのが

「病院で処方された抗ウツ剤は飲むと効果を感じられますか?」

というところです。

 

それで

「飲むと楽になるので効いているうちはなんとか動けます」

 

というようなことであれば「ストレス性のうつ病」ということになりますので、これに対しては以前はストレス治療で対応しておりましたが現在は脳科学療法での対応を行っております。

 

薬が効く!という時点で治療の方向性が決まりますのであとは改善までは時間の問題です。

 

大抵の場合、回数はそんなにかかることはありません。

 

このタイプのうつ病は、脳による防衛反応(自己免疫疾患)ですので、防衛反応が必要になってしまった原因を処理することによって脳は防衛反応を解除しますので、その時点ですぐに自分の動きを取り戻すことができ、原因不明の心と身体への締め付けから解放されます。

 

ということで

 

うつ病にはいくつかの種類があるので、一つの方法で全てが改善できるものではありませんので、まずはどのタイプかを特定するところから入ります。

 

今回の患者さんは正にこのタイプのうつ病でしたので、

「苦しいながらも薬を飲んでいれば動けるし何とか仕事もできる」

という状態にありました。

 

でもパソコンなど考えたり集中しなければならない様な仕事はできないため、今はできる仕事だけさせてもらっているそうです。

 

この様な病気に対する理解のある会社で本当に良かったと思います。

 

 

 

この方の場合見つかった原因が2つあったのですが、

 

1つは以前の職場の問題。

もう1つは家庭内のトラブル。

 

でした。

 

両方とももう過去形となってはおりますが、過去形になったからといってこの病気はそれだけで改善されるものではなく、改善させるためには防衛反応を解除しなければいけないわけです。

 

それをやらずして薬を飲み続けても、永久に飲み続けなければ「仕事にならない」ということになってしまいます。

 

 

結果的にこの患者さんの場合、

 

1回目で肩・首・胸の締め付けが楽になり、楽に話しができるようになりました。

 

そして1週間後

 

2回目の治療が終了した時点で、

 

「ここ数年間お腹がすくことが無かったのですが、今お腹が鳴ってます。帰りに何か食べて帰ろうかと思えるようになりました!」

 

と仰ってました。

 

「あとは薬を減らせるかも知れませんので、それに関してはお医者さんに相談して、指示に従ってください。」

 

と伝えて、2回目は終了となりました。

 

 

たぶんですが、1週間様子を見て、問題なければあと1回くらいで終了できるのではないかと思います。

 

この日ご来院された時の表情が良くなっていたので、また1週間後が楽しみです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うつ病と診断される患者さんの中で、実はうつ病ではないのにうつ病と診断されて抗ウツ剤や安定剤を処方されるケースは非常に多いようです。


この様な患者さんは

「処方された薬はずっと飲み続けているのに、飲んだからと言ってまったく楽になる気がしない。」

と仰います。


抗ウツ剤は、仕事などでのストレスの積み重ねによって自分自身をコントロールできなくなってしまった症状に対して効果があるのですが、

病気になるほどのストレスが続いた事実はないのに何故かうつ病になってしまった、という場合は、実はうつ病ではないので抗ウツ剤の効果は感じられません。

この様なケースの患者さんは

・会話ができます。
・たくさんしゃべれます。
・食欲も普通にある方も多いです。
・人と会うこともできます。
・外出もできます。

・でも身体のあちこちが苦しいです。
・精神的にも辛いです。
・何に対して辛いのか考えても良くわからないけど辛くて死にたい気持ちになってしまいます。


肉体的にはどこにも異常は無くてもこの様な精神状態だからうつ病と診断するしかないのかも知れませんが、この状態はうつ病ではなく、原因もまったくちがうところにあります。


原因をはっきりさせるために当院では問診に時間をかけます。

本当にうつ病であれば抗ウツ剤が効果ありますので、その場合はストレス治療で改善できるはずです。

抗ウツ剤はまったく効かないタイプであれば、原因は更に絞られますので、ストレス治療以外の方法でのアプローチとなります。


いずれの場合も改善までにはそれほど時間も回数もかからないケースが多いです。


お悩みの方は一度ご相談ください。

少しでも早く、自分の生活を取り戻しましょう。



お問合せやご相談はメールでも受け付けておりますのでお気軽にどうぞ!


kiryuin@amber.plala.or.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。