テーマ:

40代 男性

主訴 左肩の脱臼癖

 

ゴルフ暦は9年。

 

去年の6月、シーズン初のゴルフで初めて左肩を脱臼。

 

それ以来打ちっぱなしでも痛くて怖くて以前のように上まで振りかぶる様なスウィングができなくなった。

 

去年は怖くてずっと小さなスウィングしかしていなかったのでもう大丈夫かと思って11月のシーズン最後のゴルフでちょっと大きめにスウィングしてみた瞬間ガクッとなって激痛でもうダメだった。

 

 

という様な状況です。

 

この患者さんの場合は問診の中から考えられる原因は2つに絞られました。

 

1つ目は、

肩の可動域に一番影響する連動部位です。

そこを触った瞬間、患者さんの身体が逃げてしまうような痛みがありました。

そこを痛すぎないように時間をかけて緩めてみたところ、上の絵の2番目のところくらいまで振り上げられるようになりました。

 

そして、2つ目の部分の施術を行ったところ、

一番下の絵くらいまで振り上げても

「あぶない感じも無く、痛みも無いです!」

となりました。

 

ということで、原因は2つ重なっていたことになります。

そため、一昨年までできていたスウィングが去年になって急にできなくなってしまった、

ということのようです。

 

 

急に起こる肩の可動制限は、加齢や、運動のしすぎや、運動不足から起こるものではありません。

 

肩のストレッチをしっかりやっていれば起こらないというのもでもありません。

 

可動制限のある状態の中、無理して腕を振り上げるような動作をすると脱臼してしまったり、

 

場合によっては

 

「靭帯断裂で手術しなければいけない!」

 

ということにもなりかねませんので

 

「肩の動きが悪くなったな~」

 

と思った時の運動には十分お気をつけ下さい。

 

 

※ 靭帯さえ切れていなければ、大抵の肩の脱臼癖は手術しなくても改善できます。

 

 

 

お問合せやご相談はメールでも受け付けておりますのでお気軽にどうぞ!

 

kiryuin@amber.plala.or.jp

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

春になりまして、そろそろゴルフの練習に力を入れ始める方が多くなってきたようです。


春は肋間神経痛が増える時期でもありますが、肩の脱臼が起こりやすい時期でもあります!



c


健康な筋肉は柔軟性のある筋肉です。



それが何らかの事情によって伸縮性を失ってしまう場合があります。


そうなってしまったら、毎日ストレッチに時間をかけて伸縮性を回復させよと努力しても痛いだけで伸縮性は正常にならず可動域が広がることはありません。



そのように肩の可動域が悪いままゴルフをやってしまうと、大変危険です。



ゴルフは肩関節の動きを非常に大きく使うスポーツです。



しかも可動域が大きいところに瞬発的な無理な力が加わります。



肩周りの筋肉に萎縮がある状態で、瞬発的な大きな力が加わり、可動域が無理に広げられると、骨折か筋肉が断裂するしかない状態になってしまいます。



人の身体はその様な状況になった際、


骨折や筋肉の断裂などの大事故を回避しようとして、


骨頭が関節から外れて脱臼を起こすようにできているわけです。



ですから、筋肉に萎縮が起こっている人の場合、万歳するだけで簡単に脱臼してしまうこともあります。



改善策は、



何らかの事情によって伸縮性を失ってしまっているわけですから、その何らかの事情が何なのかを究明することです。



それがわかれば筋肉は伸縮性を回復し、大きなスイングをしても脱臼しなくなります。



考えられる原因は2つですので、改善はそれほど難しいものではありませんし、治療回数もそれほどかかりません。



今日もそんな患者さんが2名いらっしゃいましたが、経過は良好でした。








 

現在、道東方面のセミナー受講生を募集しております!




現在、アトピー性皮膚炎治療の『指示通りやっていても改善が見られない場合は全額返金いたしますキャンペーン』を行っております。

http://ameblo.jp/jbmaoisora/entry-11985096922.html


■治療時間は初回は2時間くらいかかります。


■料金は初回2時間で10500円ですが、こちらの指示通りやっていても改善されなかった場合は全額返金いたします。


■指示を守ることができなければ改善されませんので、その際の返金はありませんのでご了承ください。


■指示の内容は、子供さんでもできる、何の問題も起こらない内容です。


■現在ご使用中の薬はそのままご使用を続けていただいてもかまいません。


■アトピー治療の場合、何度も通う必要はございません。1回目で明らかな結果が出るものです。


■2回目以降の料金は30分3000円、60分5500円、90分8000円、120分10500円となります。ご予約の際は時間をご指定ください。



アトピー治療キャンペーン期間  

2015年2月3日~2015年4月29日まで





札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル 3階

TEL 011-233-2215

JBM総合整体院碧い宙(あおいそら)



定休日 木曜日


営業時間 9時~21時


往診のため留守にすることもあります。


セミナー開催のため5日間ほど留守にすることもあります。


ご予約はお電話か、サイドメニューのメッセージ から、またはHPのお問合わせフォーム からお願いいたします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


dakkyu



肩の脱臼に関する最近の症例ですが、



・空手の稽古中、突きを出した時に相手にかわされて腕が伸びきった時に肩が外れてしまった。


・ゴルフの打ちっぱなしでスイングの際、振りかぶった時に外れてしまった。


・バドミントンの練習中、スマッシュした瞬間外れてしまった。


・柔道の練習中、投げられてではなく、投げに入るのに背負った瞬間外れて、そのまま潰された。


・野球をやっていて、高いライナーをジャンプして受けた瞬間外れてしまった。



など、当院にはスポーツ中に脱臼を起こす方が多く来られます。



一度脱臼したら癖になる方もおりますし、癖にならずにその後も普通に運動ができる方もおります。



靭帯が切れてしまったら手術しかありません。


筋肉の完全断裂の場合は手術の必要がありますが、部分断裂の場合、程度にもよりますが、手術しなくても競技に復帰できることが多いです。



脱臼する前に、肩の可動範囲が狭くなったり、肩を回すとゴリゴリ音がするようになってしまった場合は、もうその時点で脱臼する可能性が高くなっておりますので、肩を瞬発的に動かす様な運動は止めておいた方がいいですね。




筋肉の断裂があっても部分断裂程度で、靭帯の断裂が無ければ、肩の脱臼癖は改善できます


治療回数は、


90分×2~3回程度で改善可能です。




施術後、動かして、負荷をかけて、患部を押しても痛くないのを確認し、


実際に練習をしてみて、


痛くない!


可動制限もない!


となれば、完治となります。


可動制限があれば、まだ脱臼の可能性が無くなったわけではありませんので、完治ではありません。




本日の脱臼癖の患者さんはバドミントン部の方でしたが、90分間の施術のみで、


「ほとんど痛くないです!」となりました。



腕立て伏せの姿勢もOK!


椅子を持つのもOK!


自分でやるストレッチもOK!


ラケットを持って振りかぶるのもOK!


いろんな角度でラケットを振ってもらいましたが、


「今のところ大丈夫みたいです!」


とのことでした。



あとは、明日以降、練習してみてどう出るか?


ですね。


1日練習してみて問題が無ければ、もう大丈夫ですよ!





現在、アトピー性皮膚炎治療の『指示通りやっていても改善が見られない場合は全額返金いたしますキャンペーン』を行っております。

http://ameblo.jp/jbmaoisora/entry-11985096922.html



■治療時間は初回は2時間くらいかかります。


■料金は初回2時間で10500円ですが、こちらの指示通りやっていても改善されなかった場合は全額返金いたします。


■指示を守ることができなければ改善されませんので、その際の返金はありませんのでご了承ください。


■指示の内容は、子供さんでもできる、何の問題も起こらない内容です。


■現在ご使用中の薬はそのままご使用を続けていただいてもかまいません。


■アトピー治療の場合、何度も通う必要はございません。1回目で明らかな結果が出るものです。


■2回目以降の料金は30分3000円、60分5500円、90分8000円、120分10500円となります。ご予約の際は時間をご指定ください。



キャンペーン期間  

2015年2月3日~2015年4月29日まで





札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル 3階

TEL 011-233-2215

JBM総合整体院碧い宙(あおいそら)


定休日 木曜日


営業時間 9時~21時


往診のため留守にすることもあります。


セミナー開催のため5日間ほど留守にすることもあります。


ご予約はお電話か、サイドメニューのメッセージから、またはHPのお問い合わせフォームからお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゴルフを趣味でやっている方で


肩痛や脱臼を起こしてしまう方が多いようです。


今日の患者さんもゴルフの打ちっぱなしの最中


そんなにたくさん打っていなかったのに


突然肩が外れて


病院に運ばれる途中、車の振動でカクンと収まった(関節が)そうです。


「それ以来ずっと肩の調子が悪くて・・・」


とおっしゃってましたが、


その前の状況を伺うと


「そういわれれば数年前から肩の動きは硬かった気がします。」


とのことでした。




肩関節の動きが硬くなるには大きく分けて2つの原因が考えられます。



単純に、肉体的施術ではまったく改善されない場合は現在進行形のストレスがある場合です。



もう一つは、肉体的施術で改善されるタイプですが、


けっこう多いのは


胡坐(あぐら)をかく時間が多い人です。


胡坐と肩の可動制限とどういう繋がりがあるかは


(JBMを学んだ人しか知らない)


企業秘密ですのでここには書けませんが、


胡坐から身体に残るダメージがありますので、


それを解消することが出来れば肩の痛みや脱臼癖は


簡単に改善出来ます。



嘘の様な本当の話しです!



当てはまる(肩)方は、試しに胡坐を止めてみてください。


それでも治らなければお越しください。


治してあげます!






ですから、ゴルフが肩に悪いわけではありません。


活躍中のプロゴルファーに脱臼癖の人なんていませんよね。


練習量(スイングの数)もかなり多いと思いますが


だからといって脱臼したり


練習量が多いからといって可動域が狭くなる選手はいませんよね。


いたとしても、スイングの数が多すぎることによって


肩に異常が起こっているわけではないということです。


それで悪くなるのであれば


そんな危険なスポーツ自体が存在しませんよね。







札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつもお立ち寄りくださいまして有難うございます。


JBM総合整体院碧い宙院長の高岡です。




今回は、先日来られた肩の脱臼癖のスポーツ選手の治療結果です。




脱臼癖

1回の治療でここまで改善




この患者さんもそうですが、


肩の脱臼癖の患者さんは


リハビリやインナーマッスルを鍛えるトレーニングを指導されます。



リハビリなどのストレッチ的な運動で可動域が改善することはありません。



あと、実はインナーマッスルというものの存在はありません。


筋肉の数は決まっておりますし、全ての筋肉には名前が付けられております。


それ以外の筋肉の存在はありませんので、


「この筋肉がインナーマッスルですよ!」


と指摘できるような奥深くにある隠れた筋肉はありません。



ですから、インナーマッスルを鍛えれば肩の脱臼癖が治ることはありません。



脱臼癖は筋肉を丈夫にするのではなく、


肩と肩周辺(広域の)筋肉の伸縮性の回復が重要となります。



筋肉の伸縮性が回復した状況が上の写真です。



この患者さんがご来院された時は、左の写真の様に肘が肩よりも後ろに行かない状況でした。


無理に後ろにやると脱臼してしまう可能性がある状況です。




治療後は、右の写真の様に肘を楽に後ろにやれるように改善されております。




ここまで改善されれば、ボールも投げれるし、テニスやバスケットボールもできます。





札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)




↓やる気が出る動画(画像をクリック)


会員募集中7



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。