テーマ:
ベッドにうつ伏せになると背中がつって痛くなる

という症状は比較的運動をしている人や肉体労働をしている人に起こりやすい傾向にあります。

この様な症状の場合背中をマッサージしてほぐそうと頑張っても、マッサージしている最中につってきますので痛くてじっとしていられなくなります。

ということは、背中をマッサージしてもダメだということです。

ただ単に背中の筋肉が疲労しているのであればその筋肉をほぐせばいいのですが、マッサージしている矢先につってくるという場合は、そこに筋肉の張りを起こす原因となっている筋肉異常が背中以外にあるということになります。

ですから、患部以外に原因がある限り、患部をほぐそうとしてもどんどん筋肉が緊張してきてしまいます。

原因は人によって違いますが、原因となる筋肉をほぐせば、背中を揉まなくても背中があっという間に緩んでしまいます。

ですから背中を揉んでる場合じゃありません。(笑)


ということで、

今日の患者さんはマラソンランナーだったのですが、

マラソンのトレーニングで使う筋肉と、背中の筋肉との連動を考えると(考えなくても)施術すべき部位がわかりますので、施術を始めると間もなく背中の筋肉の張りが取れて、うつ伏せでも楽に寝られるようになりました。





お問合せやご相談はメールでも受け付けておりますのでお気軽にどうぞ!


kiryuin@amber.plala.or.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

真っ直ぐ立っていても背中に張りを感じる。

でも体をひねるとその張りがもっと強くなって痛みが出る。


そんな症状を持っている方って結構多いです。





張り感や痛みの出る場所は、


肩甲骨の周辺だったり、


腰の部分だったり、人によって様々です。



それで、内科を疑って病院を受診して診てもらっても異常は見当たらない。


お医者さんからは『筋肉のこりですよ!』と言われ安心はするものの、安心したところで結構痛い。


運転していて後方確認で体をひねるといちいち痛いから運転もしづらい。


など、患者さんは色々訴えてこられます。



いろんな治療院に行って、いろんな療法を受けたことがある方はわかると思いますが、背中の凝りは背中の張っている筋肉だけをほぐすよりも、全身をくまなくしっかりほぐしてもらった方がしばらく楽な状態が維持されますよね!


本当は、全身やらなくても、原因の筋肉は決まったところにあるので、そこだけをやれば背中は楽になるんですけどね!


じゃーどこをやればいいの?


って話しになるのですが、


患部の位置は人それぞれですので、


『ここをやれば背中の痛みが必ず取れますよ!』


ということはできないのです。




それで今回の一番の問題は、


体をひねると背中が痛い!


ということですので、


ひねると出てくる痛みに関しては、真っ直ぐの状態で痛いのとは施術法が違い、同じ方法ではどんなに上手くやっても


『ひねると痛い』


を取ることはできません。



この患者さんも


病院で『内科には異常なし』と言われ、


車を駐車場に入れる際後方確認ができず、


月に何度も治療に通っている。


とのことでした。




施術開始!



施術ポイントは複数あります。


今回は1発目のポイントで反応があったので、施術後起きてもらって背中の張り感を確認してもらいましたら、


『肩甲骨の内側にあった痛みが、今度は肩甲骨の下に移りました』


となりました。



そして次の施術では


『今度はわき腹の後ろに移りました』


となりました。



次の施術では


『真っ直ぐだともう痛くないです!』


となりましたが、まだひねると痛みは出てきます。




今度はひねった時の痛みを取る作業に入ります。


ここからがちょっと難しいところで、施術ポイントも違います。



この患者さんは左にひねると右の背中が痛いという症状だったのですが、施術後は


『背中が伸びやすくなった。後方確認もできる!』


となりました。




こんな感じで、背中の施術は結構複雑な場合もあります。



理屈がわかれば難しくはありませんけどね!







現在、道東方面のセミナー受講生を募集しております!




現在、アトピー性皮膚炎治療の『指示通りやっていても改善が見られない場合は全額返金いたしますキャンペーン』を行っております。

http://ameblo.jp/jbmaoisora/entry-11985096922.html


■治療時間は初回は2時間くらいかかります。


■料金は初回2時間で10500円ですが、こちらの指示通りやっていても改善されなかった場合は全額返金いたします。


■指示を守ることができなければ改善されませんので、その際の返金はありませんのでご了承ください。


■指示の内容は、子供さんでもできる、何の問題も起こらない内容です。


■現在ご使用中の薬はそのままご使用を続けていただいてもかまいません。


■アトピー治療の場合、何度も通う必要はございません。1回目で明らかな結果が出るものです。


■2回目以降の料金は30分3000円、60分5500円、90分8000円、120分10500円となります。ご予約の際は時間をご指定ください。



アトピー治療キャンペーン期間  

2015年2月3日~2015年4月29日まで





札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル 3階

TEL 011-233-2215

JBM総合整体院碧い宙(あおいそら)



定休日 木曜日


営業時間 9時~21時


往診のため留守にすることもあります。


セミナー開催のため5日間ほど留守にすることもあります。


ご予約はお電話か、サイドメニューのメッセージ から、またはHPのお問合わせフォーム からお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

背中の痛みは、


立ち仕事や


長時間歩く仕事をされている方に多く見られます。


ということは


下肢の疲労が背中に直接影響するということです。




背中もいろんな痛みの出方があります。




例えば下の絵の様な激痛がある場合、


いったい背中に何が起こっているのかというと、


内科的な疾患や骨折が無いのが大前提ですが、


大きな肉離れがある場合は


こんな感じになります。



呼吸もできない



こうなると歩けないほどの激痛です。


息もできません。




肉離れの場合、


現場(断裂した筋肉)の修復作業が


はじまるまでに


1週間はかかります。



ですから、


急に痛みが出てから1週間は痛いのがつづき、


その後から徐々に痛みが引いてくる感じになります。




でも的確な治療を受けられると


治りは早くなりますよ。




とは言っても、


揉んだり押したりストレッチをすると


断裂した部分の傷口が広がりますので


お気をつけください。





札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル 3階

TEL 011-233-2215

JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ケンビキの痛みについて




ケンビキってご存知ですか?


肩甲骨の内側の辺りのことなんですが、、、。


この部分って結構気になる痛みが出る部分で、


筋肉の張り感と常に感じる痛みのせいで


仕事に集中できなくなってしまう人もいると思います。




患者さんの中には


仰向けになってゴルフボールを背中に当てて


ゴリゴリやったり、


柱の角に背中をこすり付けて


ゴリゴリやっている方もいらっしゃるようです。



ポイント



このケンビキの痛み、


その辺のどこにでも痛みがでているわけではありません。


細かく診て行くと


上の絵のとおり


肩甲骨の内側の3ヶ所に


痛みのポイントがあることがわかります。



①-肩甲骨上部のすぐ際(赤)。


②-①の高さの背骨の際(緑)


③-肩甲骨の中央くらいの高さで起立筋の中央(青)




この3ヶ所に痛みが出るには理由があるわけです。


普段の仕事内容というか


身体の使い方で疲労する筋肉からの影響が


この3つのポイントに痛みと張りを出すわけですね。



ですから


どこのポイントに出るかは人によりますが、


肩甲骨の内側の痛みは


この3つのポイントのどこかに


出ることになっているんです。




この症状をお持ちの方は


おわかりかと思いますが、


強めの指圧をしてもらうと楽になります。



楽になった状態で仕事をすると


すぐにまた痛くなりますけどね。



ということは背中を施術しても


根本解決にはならないということなんです。



根本解決ができれば


すぐにまた痛みが出るようなことは無くなります。



ではこの症状の根本的な原因はどこにあるのか?


というと


3ヶ所ともまったく違ったところにあるんです。



この3ヶ所の原因ポイントを


ヒント無しで探し出すとなると


10年あっても無理かも知れませんので


ヒントだけ書きます。


本当は全部書きたいんですが企業秘密なので(笑)



①の原因は首から上のどこかです。


②の原因は腰から下のどこかです。


③の原因は下肢のどこかです。



と、大雑把に書きましたが、


それぞれの原因ポイントを探し出し、


圧痛や筋肉の硬結を処理することができたら


ケンビキの痛みは消失し


すぐに再発することは無くなります。





札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル 3階

TEL 011-233-2215

JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


背中の痛み



50代男性


主訴  背中の痛み



最近は背中が痛くて呼吸をするのも大変になってきた。


仕事は営業なので一日結構歩くのと、会社に帰ってからデスクワークもやる。


出張先でも背中がつらくて、宿泊先のホテルのベッドが硬くて寝られないことが多い。



今日も出張で札幌に来ているが、


これから飲みに行かなければいけないのに、


座っていても背中がつってくるし、


お酒が入ると余計に背中がつるので、


行く前にほぐしてほしくて・・・。





体格は結構デカイタイプの男性で、


聞きませんでしたが、


たぶん90キロ以上はあるかと思われます。




「背中の痛みが強くなると、背中の痛い部分の前の方(胸の下)にも痛みが出るので、内臓から来ているんでしょうか?

会社の定期健診ではまだ病気は見つかってないのですが・・・。」




ということで、


問診の内容から


背中と胸の下に痛みが出る原因として考えられる


ポイントを絞って、まずは施術してみることにしました。




・左右の肩甲骨の内側の痛み。


・右側の肩甲骨の下の痛み。


・背中全体的に張っていて辛い。


・右の胸の下辺りの痛み。




仕事内容から考えて、


背中と胸の下に痛みが出るとしたら、


体型から見ても○○が考えやすいです。




まずはうつ伏せになってもらい


ポイントを1ヶ所に絞り、


少し時間をかけて施術をしてみました。




もちろん背中を施術したわけではありません!



1ヶ所目の施術が終わり起き上がってもらいましたところ、


「背中が全体的にすごく軽くなりました!」


とのこと。


狙い通りです。




「でもまだ、肩甲骨の内側と胸の下の痛みはありますよね?」


の質問に対して


「はい、まだあります!」


とのこと。




次に仰向けになっていただいて2ヶ所狙いで施術してみたところ、


腹部と肩甲骨の内側に痛みを出すそれぞれのポイントにかなりの硬結がありました。


そこを仰向けで施術して痛みを確認したところ、



「胸の下の痛みは無くなりました!肩甲骨の痛みはまだ少し残ってはいますが、もうそれほど気にならなくなりました!」


とのこと。




最後に、


立位でも同じ部分を施術してみましたが、


この時点で、



「肩甲骨の痛みが更に楽になりました!いつも苦しくなるとマッサージに行って、背中中心に強く押してもらってたんですけど、全然楽にならないし、長くやってもらっていると背中がつってくるので、どうしたらいいかわからなくて困ってたんですが、背中押してもダメなんですね!?」



はい、そういうことですね!


今回背中は触ってないので、


○○さんの場合、


今日施術したのは○○だけで楽になりましたので、


原因はここです!


これからはマッサージに行ったら


ここが緩むまでやってもらってください。



ということで、


今日からホテルのベッドが


硬いとは感じなくなると思います。



札幌に来られた時には


またいらしてください。




札幌市中央区の整体
札幌市中央区南3条西3丁目10-3 三信ビル3F
011-233-2215
JBM総合整体院 碧い宙(あおいそら)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。