小学3年の長女(9)の顔をたたくなどしたとして、兵庫県警芦屋署は5日、同県芦屋市松浜町、主婦阿江愛容疑者(34)を暴行容疑で逮捕した。

 「厳しくしつけるためだった」と容疑を認めている。長女の顔に過去の暴行の跡とみられるあざがあり、同署は虐待を繰り返していたとみて追及する。

 発表によると、阿江容疑者は4日午後2~5時頃、自宅で長女の顔を平手でたたいたり、足をけったりした疑い。バイオリン教室に通う長女が自宅で練習中、阿江容疑者が「どうしてできないの」と怒って暴行。教室でもうまく弾けなかったとして帰宅後、再びたたくなどしたという。

 同日夜、自宅近くを素足で歩いている長女を近所の住人が発見。長女が「お母さんに怒られ、怖くて帰れない」と話したため、近くの交番に届け出た。

 ほかにも習い事をさせられていたという長女は「4歳頃からたたかれていた」と話し、阿江容疑者も「自分も子どもの頃からたたかれてしつけられた」と供述しているという。県中央こども家庭センターは長女を一時保護した。

鳩山首相辞任 「幹事長も辞職を」…小沢氏「わかった」(毎日新聞)
【風】「ワクチン行政」医師悲鳴(産経新聞)
<島根原発>差し止め棄却 安全性「問題ない」…松江地裁(毎日新聞)
住民「こういう日来るとは」=豊島産廃、調停成立から10年―香川(時事通信)
無理心中?3人死亡(産経新聞)
AD