卵子提供・代理出産エージェンシー「J baby」

アメリカ・ロサンゼルスを拠点とする生殖医療コーディネーターによるブログ


テーマ:

 

代理母の出産(その1) からの続きです。

 

看護婦さんのアドバイスを受けながら、代理母さんはいきんだり休んだりを繰り返し、医師によって赤ちゃんはゆっくりと取り上げられた。

 

2016年12月13日

午後5時43分

20 in (50.8 cm)

7 lbs 12 oz (3,515g)

 


分娩体制にはいってから出産まで15分程度。

 

生まれた瞬間は正直何も考えられず、ただただ取り上げられた赤ちゃんが健康であるかどうかの不安だけでした。

 

感動のあまり涙するのではと思っていましたが、以外にも冷静にへその緒もサクッとハサミで切りました。

 

私はへその緒切りの担当だったのですが、自分の子を出産するご夫婦だけでなく、代理出産の場合も事前に病院スタッフとオリエンテーションを行い、分娩室内での立ち位置、へその緒をきる人、最初に赤ちゃんを抱く人などを細かく決めておきます。

 

その場になって聞くと、私が私がと取り合いになると困るし、逆に譲り合いすぎて決断するまでに時間がかかるのも困るでしょう。

 

分娩室内で代理母さんのケアーがされている間、小児科の先生がやって来て、赤ちゃんの検診が行われ、嬉しいことに、健康そのもので、すべて問題ありませんでした。

 

 

赤ちゃんの腕に巻かれているバンドは両親と1セットになっていて、この番号によって親子と認識されるので、退院するまでは絶対に切り離してはいけません。

 

もっと出産レポートを詳しくお届けしたかったのですが、出産立ち合い初体験でもあり、周りの状況を把握するだけ、そして英語での会話を理解するので精いっぱいでした。

 

最初は田舎の病院だから心配だな~と思っていたこともありましたが、病院ではすべてがシステム化されているので、とてもスムーズに安心して進めることが出来ました。

 

我が子が健康に生まれて来てくれたこと、そして長い間私たちの為に頑張ってくれた代理母さんに感謝です。

 

これから授かった我が子を愛情込めて育てていきます。

 

 

ブログに掲載されているすべての体験記はJ babyスタッフ本人が受けている治療プログラムによる体験記のみを掲載しております。
ご依頼者やドナーさんの治療内容や結果など、個人情報が公開されることはございません。

 

 

ロサンゼルスでの卵子提供・代理出産は J baby にお任せください。

 

記事を気に入られた方は是非クリックを にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。