「蜘蛛女のキス」@シアタードラマシティ


小説、戯曲、ミュージカル、映画とこれまで様々なかたちで

上演されてきたという作品

以前からタイトルだけは知っていた

気になる役者さんが演じるというので

フライヤーを見るなり飛びついた


公演は昼すぎから

また、今村ねずみ、山口馬木也のふたり芝居ということもあり

客層はほぼ30代から50代くらいの女性だった


舞台は何度くらいだろう・・・15度くらい?の傾斜がついていた

以前にもそういった装置のものを見たことがある

その傾斜により、役者は体力を余分に消耗するという


-------------------------------------------------------------


同じ監房に収監されているふたりの男性

ひとりは政治犯として捕らえられた革命家バレンティン

もうひとりは未成年者に対する猥褻行為の罪により

捕らえられた同性愛者のモリーナ


ふたりはその監房の中で少しずつ、心を通わせていく


-------------------------------------------------------------


物語については詳しく書きませんが

切ないお話でした


いつもそうですが、翻訳したお話は演者が

カタカナの名前で呼び合うのにかなり違和感があります


今回も初めはそうでした

今村ねずみ演じるモリーナの声が意外に高かったのも

少し違和感が・・・

だけどそのうちまったく気にならなくなってしまいました

どんどん物語に引き込まれて行って

とにかく切なすぎて

最後はずっと泣いてました

モリーナが女性に見えました


モリーナがバレンティンを好きになり始めるところ

さまざまな葛藤の中で少しずつふたりの距離が縮まっていく感じ


そんな風にひとを好きになりたいなぁ

好きな人と距離が縮まる感じがたまらないんだなぁ

・・・と胸がきゅうん。。。(表現、古ッ・・・)



けれど二人には決して幸せは訪れない


最後のほうでふたりがキスを交わして抱き合うのですが

切なすぎました

ふたりに待っているのは永遠のお別れ・・・



号泣でした

できれば声をあげて泣きたいくらい

入りこんでたんですねぇ


幕が降りても拍手が鳴り止まず

3回ほどお辞儀をしにふたりは表へ出てきてくれました

最後は感極まって立ち上がって拍手してました



全体的にオトナ向けのお話でしたねぇ

ちょっとドキドキするようなえっちなシーンもあったし

でもね、変にいやらしくなかった

鍛えられた肉体は、「美」になるのですね・・・(タメ息)

山口馬木也、ますます惚れてしまいました

うれしいことに(?)半裸が多かったです

ブリーフ姿もステキでした

ねずみさんもかなりええ体してました・・・



ますます胸板フェチに拍車がかかるのであった・・・



【晴れ・レビューを書くのは難しい】

AD

かっちょえ~~

テーマ:

突然ですが

「山口馬木也」

俳優さんですがご存知ですか?


今日例の「ちちんぷいぷい」を見ていたら

今度の舞台のPRと思われるのですが

「オットコマエ」として取り上げられておりました


TVを見つつ休憩中のわたくしは

目を奪われてしまいましたよ・・・


何てーかっちょええのかしらん・・・(タメ息)


実はその舞台も見に行きます

蜘蛛女のキス

母親がコンボイのファンで

今村ねずみが出るから~という理由で

誘われたのですが

私のお目当てはねずみさんではなく、山口馬木也・・・


去年の年末から今年にかけて

「丹下左膳」の舞台がありました

その時中村獅童の敵役で出演されたのが

山口馬木也さんだったのです

凛々しくてステキでした

時代劇にもよく出演されているからか

マゲがとっても似合います


この舞台、機会があって私は東京でも大阪でも見ました

しかも!大阪公演の日は、偶然「ぷいぷい」のメインパーソナリティ

角淳一氏がゲスト出演した日だったのです・・・運命を感じました・・・


ローカルネタでした・・・


とにかく、SOFFetと平行して山口馬木也ブームも来そうな予感

今、感受性が強くなってるのかもしれません



【曇り・舞台の報告はまた今度】

AD

2ヶ月ほど前からずーっと楽しみにしていた

吹越満の舞台を、今日見ました!


3年ぶりの公演

3年前にも同じところで見ました

席がかなり前のほうでラッキー!

絶対前のほうが楽しめる舞台だからです

(小ネタ多し)


 

3年前の公演時に購入したピンパッチ

今回は買わなかった・・・



全編ネタのオンパレード

ずーっとお腹を抱えて笑ってました

とにかく見せ方がすごいな、と

変な間を作らず、次々と繰り出してくるネタの数々

すごい体力だなぁ・・・という感想


身体を使って笑わせるのが得意な方

パントマイムも上手かったし

もちろんパントマイムだけではなかったですが

しなやかな動きで、表現力が豊か

日々鍛えてるんだろうなぁ~~


黒のタンクトップから出た筋肉質の腕に

ずっと見入ってました(変態?)

しかも脇の下はノーヘア

やっぱ処理してるんやろか・・・とか関係ないことばっかり

(妹曰く、薄いだけじゃないん?←イヤ、違うだろ・・・たぶん)


ちょっと下ネタ好きだけど

それもいいとこ!

フキコシいいぞっ!

しばらく雨女的にブームが続きます


また見たい舞台です



【晴れ・いい日でした~】



AD

「ミザリー」を見た

テーマ:

小日向文世と渡辺えり子のふたり芝居。

このキャスティングだけでチケットを取った。


「ミザリー」

サディスティックな登場人物がいる

恐いお話だというのは知っていた。

私は、痛い・恐い・辛い、という感情については

共感力がありすぎて、これまですべて

避けて通ってきたのだった。

自分が痛い目、恐い目、辛い目に遭ったように

擬似体験して落ちこんでしまうから。

それがフィクションという形であろうとも。


ただ、それがこのキャスティングの魅力だけで

「見たい」と思ってしまった。

小日向文世が見たい。

渡辺えり子ははまり役で恐そう・・・だけど、見てみたい。

今日はちょっと不安だった。

夜眠れなくなったらどうしよう。



「ミザリー」映画にもなっているし、よく知れたお話。

熱狂的な女性ファンが、小説家を監禁して思うとおりの

小説を書かせるというもの。


小日向さんは可愛らしい方だった。

席が遠くて、あまりよくは見えなかったけれど。

TVで見てるのと同じだなぁ~と思った。

声も高くて、演じようによっては重くなる役を

実に軽妙に演じていた。

それが彼の魅力なのだろうなぁ、と。

他の舞台も見てみたいなぁ。


渡辺えり子・・・。

めちゃ恐かった(泣)

すぐにわめくし、癇癪もちだし、聞き分けないし・・・

役だってのはわかってるんだけど

本当に恐くて恐くて・・・。

実際にありえそうな話だったから余計に恐かった。

でも身近にいますよ、あんな感じの人間って。


ただ、一つ難点を言えば

役名がそのまま、「アニー」・「ポール」だったこと。

どう見ても日本人なのに、名前だけが違くて

どうしてもそれは入りこめなかったなぁ。


でもそれがクリアされてたらきっと今晩は眠れなかったに

違いない。非常に恐ろしい・・・。



(敬称略)

(これは個人的な感想ですあしからず。。。)



【快晴・今年最高気温?のイキオイ】