2006-02-16

ジョン・コルトレーン/バラード(デラックス・エディション)

テーマ:クラシック

ballads


「真面目で愚直」。わたしはコルトレーンのことをこのように思っています。


ですが世の中、流暢でカッコイイ人ばかりが魅力があるわけではありません。


真面目で愚直な人が一生懸命やっている姿に心打たれたりしますね。


コルトレーンの「バラード」を聴くたび、そんなことを思います。


「僕はこれだけは絶対に伝えたい!!」みたいな迫力を感じます。


本編の感想、解説は出尽くしていますのでやめましょう。


この作品はコルトレーンの楽器の調子が悪く、やむを得ずバラード集になったような

うそ臭い?ストーリーが言われていますが、この「デラックス・エディション」の発売で

やっぱりアグレッシブだったのね、ということになりました。

つまりハイテンポ、ハイトーンの曲が吹けなかったのはウソ?というわけです。

輸入盤を購入したのでよく分かりませんが、どこぞの大学に研究資料として贈呈されていた

未発表テイクが14曲も盛り込まれています。


バラードとは絶対に言えない「グリーン・スリーブス」(5テイク)が白眉です。

イントロを聴いて「あれ?どこかで聴いたことが・・・」そう、「マイ・フェイバリット・シングス」にそっくりです。

コルトレーンの歌い出し、マッコイ・タイナーの間奏とソロも似ている。だけど名曲名演だから許せます。

それにしても同じ曲に5テイクもかけ、しかもどれも違うスタンスで臨んでいるところなどさすがです。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

jazzclubさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■アダルト

アダルトサークルをご紹介!素敵なきっかけ探し!アダルト好きな方にはお薦め

4 ■アダルト

アダルトな一時を楽しめる…素敵なアダルトライフを求める女性様より朗報です。

3 ■アダルトな時間には優雅な楽しみがあるのです

アダルト

2 ■うそ臭いですよね

楽器の調子というより、リードの調子が悪い(いいリードが無かった説)ということが流布されていますが、僕もそうじゃないと思っておりました。
また、グリーンスリーブスは、EPのテイク(編集テイク)がありますが、今回の盤をまだ購入してませんので、検証できてません。ご存じでしたら、ご教示お願いいたします。

1 ■無題

jazzclubさん,コメントありがとうございます♪
「バラード」早速読ませていただきましたよ。なるほど&新発見がありました。
TBの件は,TBしたい記事中に「アドリブログへの参照リンク」が入っていればTBできますよ。別に「参照リンク」が欲しいわけではありませんので,TBできたら,リンクは編集で削除されても一向に構いません。
そんなこんなで,私の方からお先にTBさせていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。