2006-02-03

ザ・キャッツ/トミー・フラナガン&ジョン・コルトレーン

テーマ:ジャズ

ザ・キャッツ/トミー・フラナガン&ジョン・コルトレーン(レーベル:プレスティッジ~ニュー・ジャズ)

CATS

曲目


1.マイナー・ミスハップ
2.ハウ・ロング・ハズ・ディズ・ビーン・ゴーイング・オン?
3.エクリプソ
4.ソラシウム
5.トミーズ・タイム

パーソネル

(上記のほかに)

アイドリース・シュリーマン

ケニー・バレル

ダグワトキンス

ルイ・ヘイズ

1957年4月18日録音

 タイトルが「ザ・キャッツ」ですが「猫」はジャズメンのことを表します。

 余談になりますが、ベン・シドラン(最近はソニー・クラークの未発表アルバムのライナーなどを書いています)の名盤に「ザ・キャット・アンド・ザ・ハット」があります。韻を踏んだ秀逸なタイトルですが、醜い邦題が付けられていました。

「グルーヴィーなジャズメンとあの帽子」…。


 ひどい邦題は何とかならんのでしょうか。

 わたしの好きなスティーリー・ダンもひどい邦題が付けられていますが、、、またの機会に。

 この「ザ・キャッツ」、久しぶりに聴き応えがあって、かつ寛いで全編聴きとおせるアルバムでした。当時のプレスティッジにありがちなジャム・セッションかと思って手を出していなかったのですが、猫のかわいいジャケットが気になり、手を出してしまいました。

 トミフラを中心とするセッションで、彼が4曲のオリジナルを提供しています。名盤請負人のトミフラとワトキンスがいますから悪いはずがありません。それにブルージーなバレルと、以外にファンキーなコルトレーンが加わります。いつもの渋顔のコルトレーンはここにはいません。いつもはおとなしめのシュリーマンはここではリー・モーガンのようなハイトーンで他のメンバーをあおっています。


 マイナーメロのミディアムテンポというわたしの好きな条件がそろっている1曲目も良いですが、

このアルバムの魅力は2曲め「ハウ・ロング・ハズ・ディズ・ビーン・ゴーイング・オン?」でしょう。強力なワトキンスと優雅なトミフラのピアノが絡まるバラードで、アルバム唯一のトリオ演奏の曲です。


 何の変哲もない2色刷りのジャケットですが、この秀逸なセンスは今のCDには望めないものです。

12インチ盤で欲しくなるアルバムです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

jazzclubさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■♪あるさん

いいジャケットだと、音楽も良く聞こえてきますね。
ありがとうございます。

3 ■これが!

例の猫つがりですね(*´艸`)

でも、このジャケットいいですねー☆
音も聴いてみたくなります☆

2 ■邦題!

スティーリー・ダンとか、ボズ・シキャッグスとかボビー・コールドウェルとかひどいですよ。近々追加しますね。

1 ■お久しぶりです

これが例の猫つながりですか(笑)
>スティーリー・ダンもひどい邦題
気になるなあ(笑)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。