Arato senang sekali

テーマ:

近頃はインドネシアの建国記念日が近くなり道端で国旗を売る人が増えてきました。

いつものように信号待ちでBALI POSTを2000RPで買った。

ジョグジャの刑務所で囚人同士がサッカーで遊んでて・・・・

喧嘩して・・・・・2人殺された。gitu katanya..

SUKU(同郷)だったらしい。。。かなり篤くなったんだろう。。

「よくあることさ」

「そうか・・・」


国旗の話に戻ります

で、次の信号まちで。

私もインドネシア国をかなり愛するようになりました。

建国記念日も近いしひとつ買っとくか・・

「berapa mas?」 

「10,000 rp」 「gitu 5,000 rp ya」 「Ia pak」

で一つ購入。。

「何で一つなの?変でしょ?」

「ok dah minta 2 mas」

Arato君、ご満悦の瞬間でした。



AD

Gorilla jalan kaki

テーマ:

                            バイクのガソリンが切れ、ヘルメットをかぶったまま歩く この男あし

最近、Monyet besar から Gorilla へ

名前が変わりました









幾度もの難局を乗り越えてきたクパン人トイレ





















現在、嫁さん募集中。グッド!

AD

アラト 頑張る~~

テーマ:
アラトは今日、休日出勤。今、とても忙しいのだ。明日も朝から通訳の仕事。Ogoh-Ogoh~Nyepiは、ずっと雨。ついに風邪をひいてしまったようだ。親指立てても顔に精気がないなあ・・。Kasihan deh lu~!しかし、よく働くよなーー。バリ人じゃないみたい。
AD

ミーティング

テーマ:

今年もそろそろ終わりだ。バリ島にはクリスチャンも多い。相手がクリスチャンの場合、電話の挨拶は「メリークリスマス!」からはじまる。スンバ、スラウェシ、クパン、アンボンなどの出身者ははクリスチャンが多い。

 今年の仕事や来年の計画など色々とアラトと話した・・・・。 アラトもたまには、こんな顔もする。カックい~~っ!!日本とバリの文化の違いや、その他諸々で2人で色々苦難を乗り越えてきた。今年一年の話から来年の展望など・・・・。

 テンケルはこんな話は苦手だ。 こんな感じ。。。。。彼はクパン出身のクリスチャン。日本のクリスマスはこんな感じ、、、。と話をすると、「なんで普段、仏教とかの人がクリスチャンじゃないのに、なんで???」「ANEH YA・・(変だね・・)」と言っていた。

テンケルに弟分

テーマ:
tengker&ngurah 画像左はお馴染みテンケル。画像右の人物は初登場グラ(NGURAH)今年の7月に高校を卒業したばかり。うちの事務所に住込みで働くことになった。ご満悦はテンケル。普段、事務所のセキュリティーをかねて1人で住んでいた彼は苦手なものがあった。事務所内の掃除や草刈が全然出来ない。ボディーガードや喧嘩などは大好きだが、その手の仕事はまったくダメ。いつもアラトに叱られながらやっていた掃除や草刈もグラの登場でやらなくて済むようになった。この画像は馬小屋の柵を買取り、ローテーブルにしようと造り始めたもの。木の素材はNgurah オールドチーク。昔は何でもチーク材を使用しているから貴重だ。さぞかし木も喜んでいるだろう。これからテーブルとなって日本で使われるのだから。グラはとても働き者。事務所や庭の掃除、テンケルの分の食事を作ったり・・。18歳だがこんな子はまだ日本にいるんだろうか・・・?

スタッフ

テーマ:

staff office この写真は先月アートフェスティバルに行った時のもの。バリでのスタッフを紹介します。立っているおちびちゃんが私の弟アラト。現地のマネージメントをする男。バリ人にしては若く見える。35歳。子供は3人、奥さんは1人だ。(たまに奥さんが2人いる人もいるので)勤勉で頭の切れる男だ。

ALBUM ミュージシャンでもあり、日本に紹介すると本人も喜ぶので再びアルバムの表紙を紹介しておこう。かつては東京・両国小学校でバリから来た少年ってことで演壇に立ったらしい。日本へは5回ほど来たことがある。

 画像左奥のひげ男は経理担当。呼称は「クミス」クミスとはインドネシア語でひげの事。そのまんま。彼はバリ・シガラジャの出身で口が悪い(というか汚い)。お父さんと弟は警察官。彼は警察官になるのがいやだったらしい。そう言えば警察官でひげを生やしてる人はかなり多い。バリ人自体多いかなあ。彼の場合もひげを剃ると奥さんに叱られるらしい。この男、とても真面目で当初は冗談を言うような男ではなかったが最近冗談を言うようになった。その冗談がつまらなすぎて面白い。

 最後に手前中央にいる男はテンケル。サブ島出身のイケメン。ダンスと歌がとても上手い。何度かブログで紹介している男。実に面白い。私がバリに滞在中は毎日のように部屋にやってくる。クーラー大好き男だ。小さい頃からの生い立ちを聞くと、あまりの環境の違いに驚かされる。日本人の女性と結婚し日本に永住させたいのだが、まだ彼女がいない。今週のプレゼントに出したいところだが、船便では持ってこれないので。どなたかいらっしゃったら紹介してください、お願いします。

adik saya

テーマ:

Arato 私の弟分のArato。本名はRatnaka Igusti Made.Aratoの亜細亜のAと

良のRAと人のTOをあわせてARATOなんだそうだ。今わたしと仕事を共にしているがバリではチョッと名の知れたアーティスト。歌手だ。チョッと前は新曲発売に伴ってBALI TVにプロモーションビデオが流れていた。歌詞はバリ語。歌手である傍ら長年、現地旅行会社に務めていたこともあり日本語は上手い。私より口調が早いしたとえ話も良く知っている。家族構成は妻1人・子供3人の5人家族。話は変わるがバリ語といえば最近の若いバリ人の子供たちがバリ語を話せなくなってきたそうだ。公用語のインドネシア語ばかり話すのでちゃんと話せなくなった子供たちが増えているそうだ。BALI TVでは語学学習で同じ言葉を英語・インドネシア語・バリ語の3種類を学習する番組をやっている。再び彼の話に戻ろう。彼はめずらしく勤勉だ。朝は遅刻したことがなく仕事大好き人間だ。たまに私が出勤に遅れるとしかられる。困ったことがあると良く腹をこわし下痢になる。日本のサラリーマンみたいだ。