Galungan(ガルンガン)

テーマ:

OM SWASTI ASTU

今日はGalungan(ガルンガン)。また・・・・・です。

今日はとても静かです。道も空いてるし・・ちょっとバリ人が威張ってているのが目に付くぐらいです。

なんで、お祭りのときはバリ人は威張って張り切っちゃうんでょ??

仕事にもその情熱を注いでほしいものです(注:すべての人がそうではありません。が、多いです)

ガルンガンの前日まではPOLISIもがんばってCari Uangしてました。

これが終わって、だいたい2週間後はクニンガンです。簡単に説明するとガルンガンはご先祖さんが天から降りてきて、クニンガンはご先祖さんが帰るときです。

OM SHANTI SHANTI SHANTI OM

AD

Enaklho!


これは人間が逆さ吊りになっているのではありません。

Kambing(やぎ)です。ちょっとかわいそうgitulho.

ジャワのお兄さんたちが、せっせとSate kambing(ヤギの串焼き)の準備をしています。左の兄ーちゃんは肉切り係。右の兄ーちゃんは串刺し係。

やっぱ旨いんだよね・・・。Enak ya・・・・。

AD

その後のKUMBASARI(クンバサリ)

テーマ:


3Fより上が火事になったクンバサリ。

そこで被害を受けたお店は今、画像左のトタン屋根の建物に移りました。

以前は駐車場でした。

みんな頑張ってるみたい。つよい生命力を感じましたぁ。

AD


最近デンパサールでは子供たちの、いわゆる「チャリンコ暴走族」が大流行。

名前は「BIKER CLUB」なんだって。。市内で300人いるらしい・・このクラブ。
小学生クラスの子供たちが古い自転車を改造して乗っている。

ちょっと道を走ればこのクラブの子たちはがんばってます。

ちょっと危ないんだけどね。

バリは道が狭いしバイクがハエや蚊みたいに交通規則なくとびかっている。

道の途中ではPOLISIがCARI UANG。。


この少年。ジャワ島から(kota Tasik Malaya(Jawa Barat)なんと自転車でやって来ました。平和を願い、インドネシア国内をこの自転車で一周するらしい。えらいぞ~少年!!

しかし、この自転車でネシア国内すべて周るとなるとかなりきついよね。

前にTVでリヤカーで世界をめぐる日本人を観たが、そこまでではないか・・・・。

ただ世界一、島の数が多いから、かなりの時間を要するだろう。「どんだけ~?」って感じ。。。島~島の移動中の船の事故が起こりませんように・・・。


子供がお父さんに、泣きながらオネダリしてます。

「パパお願い。。イヌ買って。。白いイヌがほしい。。。」

aku lihat ada anak kecil menangis, dia minta anjing.
Dia menangis, dia bilang sama bapaknya,...
Papa,...tolong,....beli anjing,...aku mau yang warna putih,.....
Gitu dia menangis.

最近はイヌを飼う世帯がかなり増えました。ペットショップもまた増えました(バリでは)

もちろんイスラムの方はご法度ですが。

この路上ペットショップ。このショップ。犬のお値段は日本円で約4000円~15000円くらい。


6月16日~7月14日まで毎年恒例の「バリ アート フェスティバル」が開催されます。一度行きましたが、なかなか良かったです。

印象深かったのはいろいろな民族が民族衣装を着ての行進。(これはBali TVでゆっくり観てました) 6月16日~7月14日まで毎年恒例の「バリ アート フェスティバル」が開催されます。 一度、以前に行きましたが良かったです。

印象深かったのはいろいろな民族が民族衣装を着ての行進(これはBali TVでゆっくり観てました)

他民族だからおもしろいんだよね。色白の中国系インドネシア人からアフリカ系天然まっくろチリチリ頭まで。(私は個人的に後者が好きです)

いつも思うのは、この国、3つくらいに分けたほうがいいんじゃないかと。。。まとまり悪すぎだし。。。

 初日16日はユドヨノ大統領が来るそうです。また道が警備で混雑します。えらそうなパトカーが要人を乗せた車を後ろにして

ピーピーいわせて走り抜けていきます

韓国・日本・タイなどからの要人も来るそうです。この時期に観光で行かれる方は時間があったら寄られてみては。。




ここはデンパサールにある「バリ アートセンター」

出れないじゃん

テーマ:


私の常宿、WHITEROSE HOTELの出口付近。そう、ここは

Tempat monument bomb.(爆弾テロのあった場所の慰霊碑)がある。

朝9時頃、愛車のオンボロ フェロッサでホテルの門を出ようとすると、セキュリティが

「今日は出れねーぜ!ボス。タクシーで行っておくんな」

この日は昼の1時までセレモニーがあるから車両通行止め。

「Kenapa tiada informasi??? ak gak tahu ya.....」

私は仕方なく昼までプラプラすることにした。ホテルのマネージャが画像付近にいた。

「何で昨日教えてくれないの??出れないじゃん・・・」

「どこまで行くの?」

「デンパサール・・」

「じゃあタクシーか歩きで行ってね。いま車出れないから。」

「はい。わかりました」

最近こんなこともことも、怒らなくなりました。。