夕食のあとちょうど焼きとうもろこし売りがリヤカーで。。。

トウモロコシ売りのお兄ちゃんは大体がスマトラ島出身者。

ん~、、、、食いたい、、、、、
食べました。2日連続で。
お値段は1本1000~1500RP(13~20円くらい)。日本のハニーには、かなわないけどなんか懐かしい~。
AD

うんち

テーマ:

今日はUSBで画像のアップができないから 文章だけ。

最近のバリ、といってもと言っても昨日あたりまで、ジャカルタなどからローカルの人たちでいっぱいだった。

建国61年で5日ほどの国民の休日で賑わっていた。(今はLAGI SEPIH)

 で、アラトとの会話。

「61年ってまだ若いなあ~」

「そうだね~」

「30年前はどーだったの??」

から始まり色々な苦労話を聞かされた。アラトはまだ36歳だが、小さいころは田舎に住んでて電気もなく勉強はランプ。

そして夜8時には就寝の毎日。その他諸々。

「で、ウンコはどうしてたの?」

「トイレなんか、なかったからさ~、家の裏の草むらに入っていってしてたんだよ~、もちろんティッシュなんかないから

葉っぱで、おしり拭いてたんだよ~gituloh」

「それはすごいな~アラト~」

「で、たまに、となりのおばちゃんとばったり会っちゃったりしてさ~、あ、おばちゃ~ん!うんち~、、、みたいな」

「で、その頃の大人たちは葉っぱじゃなくて木にお尻を擦り付けて拭いてたんだよ~」

「それはすごいなあ~」

「で、ちゃんと、この木はこの人の。あの木はこの人の、って決まってたんだよ~」

「それはすごいな~、縄張りだ、、、でも木じゃ痛いでしょ~??」

「つるつるしてる木があるでしょ。その木を使うんだよ~」 gitu katanya

「気持ちよさそ~」

そんな人たちと今、デジカメを使いパソコンを使い、携帯でsmsをしまくり同じ仕事をしている。おもしろい。勉強になることがとても多いい今日この頃。

 ちなみに私は今、トウガラシを食いすぎて下痢ピーファイヤーで紙でお尻を拭きすぎてヒリヒリしている。




AD

焼きたてのパン

テーマ:

ある日オフィスの玄関口にいると、いい香りがどこからともなく風に乗ってやってきた。

 そこでアラト(Arato)はグラ(Ngurah)に早速、においの根源を調査するように命じたのだった。


「なんだ?このいい香りは??」


そして、においの源は事務所から約100メートル先のこれ、でした。


焼きたてのパン。


その後の調査で

ほぼ毎日、午後2時くらいにパンが焼きあがるのが判明した。

 それからしばらく、この時間になると、、、、


「なんか、いい匂いしねーか????」とわざとらしく、ヒゲのクミスが言う。


鼻の利くやつらだ。。。恐るべし。




やっぱ、焼きたてのパンはうまいなあ。。。。。。

「BALI BAKALY」有名だけど、ここのパンも負けてないな~、焼きたてだったら。


お値段は一個 500 RP。(約6円40銭)


1F:店内入口

店名「Batubulan」

広島市中区流川

4-11

営業時間

 Weekday:19:00~3:00am

Fri&Sat:19:00~7:00am



                                   右:1Fカウンタースペース



左:2Fテーブルスペース




           右:2F座敷スペース










nasigoreng うまいっす!






    

Pisang(バナナ)

テーマ:

事務所の庭に植えたバナナの木に実が生ってきました。

長さの短い房のバナナです。

ちゃんと美味しくできますよーに・・・。


テンケルに朝食代わりに食われちまいそうで、ちょっと心配だ。

前も飼ってたニワトリの卵、食べられちゃったし・・・。


日時:8月5日(土)~6日(日)

場所:神宮宮境内(杉並区阿佐ヶ谷北1-25-5)

    JR阿佐ヶ谷駅 北口 徒歩2分


両日合わせて総勢80名を超える舞踏家・演奏家が集結する一大イベント!

神明宮の参道を舞台に夕刻から宵闇にかけての阿佐ヶ谷の杜で

インドネシア・バリ島の踊りとガムラン演奏を存分にお楽しみ下さい!


と、チラシ表面に書いてあります。

是非、お時間ある方は必見かと。


 大粟さん頑張って踊ってね~。

 Salam buat suami kamu.


5日・6日の催し物のスケジュールです。

8月17日はインドネシア共和国の独立記念日。

毎年この頃になると道行く道に国旗(sang merah putih)が売られます。家の前や会社の前、車のバックミラーとかに皆付けます。

 画像を見るとタテにタレ下げて売ってるけど、ヨコです。上が赤。下が白。日本と同じ赤白2色ですね。

で、赤は「勇気と情熱」の意味。下半分の白は「真実と聖なる心」の意味。赤はわかるけど、白は、ほんまかいな?って感じだな~

 前にアラトに国歌も教わったけど、もう忘れてしまいました。ちなみに「ほたるの光」は有名で皆知ってるよ。

歌詞は「さァよ~ならァ~、さァよ~ならァ~、sampai jumpa lagi~♪♪~」ではじまります。(たしか・・・)


独立記念日が近いとよく当時の戦時中の話が出る。「ごめんね、みんな~」と私は言う。日本軍が占領してたからね。

中国・韓国の反日感情がある中、ここバリ州に関しては反日はない。

60歳くらいのお爺さんに当時の話を聞けば、得意げに話をしてくれる。

なぜ反日がないか?

私が思うには、当時、日本軍が統治する前のオランダ軍が、かなりひどかったからだろう。。と思う。

日本軍は厳しかったけど、ちゃんと教育をしてくれたし、道路も造ってくれた。katanya・・・

オランダ軍は奴隷のような扱いで、何も残してくれなかった・・・(元・警察官 スタマ(うちのスタッフのヒゲ男)の親父 談)

だから日本軍の統治がなかったら、我々は独立できなかったんだ・・gituloh。


これはバリでの話しだからジャカルタだと、また違うと思うけどね。

ジャカルタに在住してた人に話を聞くと、日本人学校に通ってた子供時代に、地元の子供としょっちゅう石の投げあいしてたっつうから・・・。