レギャン通りでサルの曲芸のおじさん発見。オーストラリア人に声をかけられ、空き地でさっそく、お披露目。かわいいものだ。サルはデンパサールで200000 RP(2560円)くらいで売っている。飼いたいけど死んだらかわいそうだから飼わない。

AD

自然の力から美しさを得る。「時間」「心」「場所」をリセット。時には時間を止めて、自分の為だけの空間で、疲れた「こころ」と「からだ」を解きほぐす。Ayualam(アユアラン)は自然の中で育まれた「草花」「石」「水」などの力でエネルギーバランスを取り戻し、自然の力で癒されるアジアンヒーリングエステティックサロンです。 広島・神戸(三の宮店)・東京(青山店)・神奈川(観音崎京急ホテル内)などにお店があります。今回4月1日オープンする、アユアラン札幌ノボテル店。どのお店でも当店で納めさせて頂いております石像(PRANAYAMA WOMAN&MAN)やファブリック等がお客様をお迎えしております。是非一度お試しを~。

詳しくはコチラ

 

AD

今年もやってきました。今日はPM6:00からOgoh-Ogohがはじまります。

Nyepi(ニュピ)の前夜祭です。

それぞれの村で作った人形を神輿みたいに担いでまわります。 この人形たちは悪霊を表しています。みんなで担いで村に戻ったら最後は、その人形を焼きます。みんなの想いは・・「村から全部の悪霊がいなくなりますように・・」「悪霊に邪魔されないように・・・」そんな意味があります。そしてNyepi (ニュピ)。

島全体が静まり返り、ヒンドゥーの全ての人が祈りを捧げるのです。

AD

今日は吉野先生の事務所・恵比寿へ仕上げのサンプルを持ち訪問。

現地ではチーク材の選別から。チーク材=高級木材という認識の方がほとんどかと思うが同じチークでもそのランクは4段階。画像のⅠ(画像左)は最高級。画像のⅣ(画像右)はバリのうちの事務所の庭から取れるような若い木。色目と木目でわかる。

 今回の「VILLA・彩美」に関する製作で気をつけなくてはならないのは「土臭い仕上げをするな!!」である。フィニッシングの行程はいつもの3倍以上。今日はサンプルを持ち、吉野先生に御伺いを・・。結果は「OK」でしたー。

 自信はあったがかなりホッとした。仕上げの良さをみて、いちばんホッとしたのは吉野先生だろう。こちらも期待を裏切らないよう万全の体制で臨んでいる。しかし、キンチョーするなー。先生の事務所で話している時、後ろにあるキャビネットの中に小泉首相夫妻と写っている写真が気になって・・・。

 話は変わるが・・・・今日、いろいろな話の中で

「大切に愛情を持って育てられた子は大人になっても人を裏切るようなことはしない。」

「メイドをつける家を造るにはメイドを雇った生活をしなければ造れない」

「一流のホテルを造るには一流のホテルに住まなければ造れない」

ほんと、そーだよなー・・・・・。。。。。アディダスのスニーカー。その中の親指部分に穴があいた靴下をはいている自分。KASIAN DEH GUE!!!!(かわいそーねーオレ!!!)

 今日は先生は夕方からパーティーへ。

神田 うのチャンの御誕生日だそうだ。先生、踊り過ぎないように・・行ってらっしゃ~いませ。

HARI MELASTI

OM SWASTI ASTU


今日からバリ島はニュピのスタートです。

3月27日 MELASTI(メラスティ) バロン、ランダ、ETCの神々を海に運び、それを清める日です。

       御正月を迎える為の準備といったところでしょうか・・。


3月29日 OGOH OGOH(オゴオゴ) 大きな手造りの人形を神輿にして運ぶ。ニュピの前夜祭。


3月30日 NYEPI (ニュピ) nyepi の語原 [sepi]は静かなの意味。「memnyepi]で隔離する、の意味。

       この日は静かに家の中にいて外へ出てはいけません。灯りもつけてはいけません。

   

今日から1週間近くお休みになるお店も多い。ジャワ人などモスリム・クリスチャンは別です。


SHANTI SHANTI SHANTI OM


ホワイトローズホテル SASTRO

テーマ:

こんにちは。ホワイトローズホテルでいたずらばかりしています。サストロです。こないだバイクの事故で歯が欠けてありません。顔もまだキズだらけです。

最近日本人のお客様が来なくて日本語も下手になりました。

 こんな顔でも受付でがんばっていまーす。どーぞ宜しくお願いしまーす。

スターフルーツ2

スターフルーツ。食べてみました~。オレンジとグリーンのがあって、オレンジはチョッと甘くて、グリーンのほうは野菜みたい。大人はグリーンのほうが好きなんだそうだ。私は断然オレンジの方が好きです。甘すぎずいい感じ~。ENAKLOH!塩をチョッとつけて食べます。大人の人はグリーンのほうにトウガラシなど辛いのをつけて食すそうです。形から、、まさに「スターフルーツ」

OM SWASTI ASTU. SAPU NAPI ORTI NE?  今年のニュピは3月30日。前夜祭のオゴオゴの準備でそろそろバリもお祭り気分。といっても毎日お祭り気分か・・・。

3月30日は全員外出禁止。照明もダメ。空港も閉鎖。ホテルの部屋の中は大丈夫でーす。

 下の画像の看板、デンパサールの街中にでかでかと立っている。1、バリ語を話しましょう 2、バリの文化を守りましょう 3、バリをみんなで盛り上げよう・・・みたいな感じ??

若い子がバリ語は田舎の言葉だからあまり話さない、ということでこの看板です。

バリの歌を聞くと、なんか民謡か詩吟みたいだけど、最近はロックもイケてますよ。

OM SHANTI SHANTI SHANTI OM


現地でまた体調を崩してしまった。もう慣れっこだ。SAKIT KEPALA・TENGGOLOKANで毎日バファリンとルルを1日3回。空いた時間も外へ出れず部屋の中でジーっとしてTVを見ている。

 で、今のお気に入りのTVは2つ

1つは、「KORBAN。(犠牲者)」というレポート式の事件簿。こうなって、ああなって、こういう理由で殺されちゃった、みたいな。犠牲者や犯人の顔もそのまんま映像に出てくるので、見入っちゃうんだよね。

もう1つは「TOLOOONG」(おねが~~い)とかいう企画もの。

 昨日はこんな話。少女が母親の病気のために薬を買わなければならない。そこで家にあった汚い、しかも動かない時計を売りに、町に繰り出し声をかけまくる、といった設定。

少女「すみません。これ買ってくれませんか?母のための薬を買うためにお金が必要なんです。」

と言っていろんな人に声をかける。何人もの人が断る。そして少女はひたすら声をかけまくる。

声をかける対象の人は貧しい人ばかりでお金がない。だから、ほとんど断る。

 そんな中、ミミズ売りのおばちゃんが、それを買った。20000 RP。(156円くらい)で。そのおばちゃんは毎日、土の中からミミズを掘り出し、ビンに詰めて路上で売っているのだ。

そのおばちゃんは「いくらなの?」と聞いて、すんなり、その動かない時計を買った。

 その後、すでに番組から用意されるきれいなお姉さんがそのおばちゃんに声をかけ、そしてその時計に興味を示し、それを買う。札束で。何十倍にもなって戻ってきたのだ。

そのおばちゃんはその札束を両手で持ち泣きながら路面に伏した。

 その動かない時計を買うときのおばちゃんの表情なんかを見てると、もう涙チョチョ切れまくり。

そのあと昨日は映画「ゴースト」をみた。なつかし~~。

夜、寝るときに思った。死んだ時に地獄の使者に連れて行かれないように社会に貢献しよう・・・・・・。