インドネシア・スラウェシ島中部のポソで29日早朝、キリスト教会付属の高校に登校途中の女子学生3人が刀剣で武装した覆面の一団に首を切断され、殺害された。

 

 この地区はイスラム教徒とキリスト教徒の抗争の激しい地区で前から死者が多く出ているところ。マクドナルドが焼かれた、とかしょっちゅうある所。この抗争で2000人以上の人が死んでいる。


 スラウェシ島はエビの養殖をし日本へ輸出していたり、トラジャコーヒーで有名な島。また最北端のマナド(メナド)もスキューバダイビングなどでよく知られている島だ。あの化粧品会社の「メナード」もマナドの女性があまりにも美しくて付けた社名、という話もある(ほんとかは知らない)

地区によって、あそこはイスラム教徒の村、とかキリスト教徒の町とそれぞれだ。

イスラム教徒(過激派に限る)のキリスト教徒への迫害が激しすぎる島だ。

どーしたら良いのか全くわからん。

AD

Risata Bali Resort & Spa

テーマ:

空港から車で約5分ほどで到着するホテル。朝食の場所がとてもきれいで清潔さを感じる。GMに部屋を案内してもらい見せてもらった。全137室のうち20室がリメイクされており、かなりきれいだ。もし予約するときはリニューアルしている部屋、とリクエストした方がいい。GMと話した後、私はコーヒーを飲みたくなり、ちょっとここで、、、、。

GM「是非、朝食も食べてください」

私 「残念だけどさっき、食べてきちゃったからコーヒーだけで・・・」

GM「ここのABFは本格的で美味いんだよー」「食べてって!!!」

私 「じゃあ見るだけ」 と品々を見た。

GM「是非食べてって!!」

やけに、勧めるので断るのが面倒だったが、、実は本人が食べたかったりしてー???

あとでアラトに聞いたら、どうやらそうだったらしいい・・

 部屋は45$~。値段のわりに設備よし。すごくきれい(リニューアルされた部屋に限る)

5点満点中。満点。

 日本人観光客が非常に多かった。ように感じた。海・ショッピングにも近く活動しやすい。セキュリティーもまずまず。人のカバンばかり凝視していた。テロの後だからね。特にリュックなんか背負ってたらビクビクしちゃうよね。

AD

報道の自由度

「報道の自由度」の各国の順位がどこかの団体の調べで発表されていた。167カ国で日本は37位。最下位は北朝鮮。インドネシアは102位だった。上がってきた。少し嬉しい。チョッと前は国に対しての批判や運動など使用ものなら次の年からその村が地図から消えていた、なんて事もあった国だったのだ。
AD

毎日のお供えに欠かせないフランジュパニ。

ウォーターヒヤシンス。

チークの木。葉っぱがタバコみたいにでかいんだ。

庭師のNgurah。高校を卒業したばかり。毎日庭の管理を良くしてくれてます。 俺たちも撮ってくれ、と久しぶりの登場です。左がTengker。右がArato。

汚職清潔度

世界各国の汚職を監視している非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル(本部ベルリン)の発表によると2005年の「汚職指数」は159か国中、日本は21位だそうだ。

 インドネシアはイラクと同じ137位だそうだ。まだ22カ国下にあるんだ、と思った。インドネシアの隣国、シンガポールは5位。あまりのギャップに苦しんでいる(あきれている)日本人商社マンも多いだろう。

 ユドヨノ政権から約1年経ったが、石油価格の87,5%アップなど苦しい局面の中、人気はそんなに衰えていない。スタッフに聞くと、周りの官僚たちが悪いなどと言う。

 この汚職に関して言えばこの1年でかなりの件数の汚職を摘発してきた。頑張っていると思う。

anak kecil ayam

テーマ:
うちのオフィスに産み落としに来るニワトリの卵をいつもテンケルたちが食っちゃってたのだが、一匹のヒヨコが生まれました。残りは全部食べちゃった。指を鳴らすと寄ってくる。とてもかわいい。大きくなったらみんなで食べるんだって。

APOTEK 薬局 バリ

近頃、スタッフが必ず風邪をひき、そして必ず移される。一度かかると1月くらい治らない。風邪か???ナンだろう???チョッと怖い。咳と鼻水。ここ数ヶ月の朝と夜のバリは寒い。ちょくちょく薬局に立ち寄ることが多くなった。 彼女たちが薬を選んでくれた。買ったのはビタミン剤とファイザー製薬の咳止めシロップ。甘くて美味かった。前に頭痛が激しくて行った薬局は、店員が「頭の右と左のどっちが痛いんだ?」と聞かれて以来、いっていない。この女の子も薬を扱う免許などは持っていないだろう。ビタミン剤が怪しげだったがシロップは美味かった。

インターネット

バリでしばしば立ち寄るところ。ここは比較的速度が速い(バリの中では)。バリでもようやくADSLが普及し始めた(値段が高い)。 場所はクタ・ポピス。 使用料は1分単位で300RP(日本円で1分3円40銭位)プリントは一枚1500RP(日本円で17円位)。日本語使用可。


WARUNG~屋台

毎日のように通っている屋台(露店)。店の名前は「WARUNG MURAH」 訳すと「安い屋台」そのまんま。美味くて安い露店はたくさんあるが、おすすめ。よく日本人も来ているから知っている方も多いだろう。魚も美味いよ。店の中に入り込んで魚を選んで料理してくれる。カランアッサムからやってきたおじさんたちが経営している。店がたくさん並んでいるが、立派なヒゲを持つおじさんたちなのですぐわかる。場所はクタ・センゴル。隣は汚いビリヤード場がありテンケルとしばしば立ち寄る。いつも食べてて飽きないのがコレ。ナシゴレンとチャプチャイ。 好みで甘くも辛くもしてくれる。

第一地点 ジンバラン・NYOMAN CAFE。

第二地点 ジンバラン・MENEGA CAFE。

海岸は人もまばら。PM5:30撮影。店はほぼ休業中。

テーブル・チェアのセットもなく、しゃがみ込んだままの状態。

第三地点 クタ・スクエア RAJA CAFE

道の反対側の店の子に状況を聞くと売上げは通常の90%ダウン。

10月9日に各地点をまわり、状況を見た。夕方5時過ぎの撮影だが通常はかなり賑わっていたが、今は画像のような状況。そこで働く人たちもどうしたらいいか、分からないだろう。ジンバランでは、ただ、ずーっとしゃがみ込んでいる子が印象的だった。日本でも自爆犯の顔写真が載ったらしいが、首から下はない。その後、実行犯の犯人の身元は明らかになったが詳細はバリ警察のほうで控えている。