ワニです。

ワニ ワニ 先週のプレゼント「ブタのお香立て」の当選者は福島県在住の黒森さま。たくさんのご応募ありがとうございました。ハズれちゃった方には粗品を送らせていただきますので懲りずにご応募下さいまし~。で、今週のプレゼントはコレ「ワニくん」。アクセサリー入れ・灰皿・ただの飾りにでもお使い下さい。応募方法はJAYA ABADI トップページe-mailへ「ワニくん希望と書いてお送りくださいませ。毎週木曜日にプレゼント応募。締め切りは翌週水曜日。毎週木曜日に先週の応募の当選者の発表を致します。当選者の方は個別にメールを送りますので配送先をご連絡くださいませ。お待ちしております

AD

言葉の意味

仕事を通じてインドネシア人がミスをした時「ごめんなさい、ボスminta maaf」と彼は言う。(比較的ミスを認めず絶対に謝らない人が多いが)数年前は私は「ああ、いいよ。tidak apa apa(ネシア語) または sing ken ken(バリ語)」と答えた。この答えに対して日本人なら、あ~もう二度とミスは犯すまい・・、と思うだろう。しかしこちらは「これくらいのミスならまた、やらかしてもいいんだ・・・」と思う。この日までに、これを仕上げてくれよ、と私が言う。職人が「OK、やってみるよ。(ya coba)」日本人だと、仕事だからOKといったら必ずやるのが通常だと思う。しかし「Coba」は「やってみる」だから出来なくてもいいのだ。今では・・「ごめんなさい、ボス」に対して「同じ事やったらもう付き合えない」と言い、「coba」に対しては「pasti(必ず)」と言わせる。だからインドネシアが良くないということではない。感覚的には中国も同じだ。(たぶん・・)あまり叱りすぎると次の日から出勤しないとか・・。逆に外国からみた日本人の感覚はどうかと?crazy city とか。少し前の尼崎のJRの事故の事とか。こんな事を考えながら接点を見出し仕事してまーす。

AD

スタッフ

テーマ:

staff office この写真は先月アートフェスティバルに行った時のもの。バリでのスタッフを紹介します。立っているおちびちゃんが私の弟アラト。現地のマネージメントをする男。バリ人にしては若く見える。35歳。子供は3人、奥さんは1人だ。(たまに奥さんが2人いる人もいるので)勤勉で頭の切れる男だ。

ALBUM ミュージシャンでもあり、日本に紹介すると本人も喜ぶので再びアルバムの表紙を紹介しておこう。かつては東京・両国小学校でバリから来た少年ってことで演壇に立ったらしい。日本へは5回ほど来たことがある。

 画像左奥のひげ男は経理担当。呼称は「クミス」クミスとはインドネシア語でひげの事。そのまんま。彼はバリ・シガラジャの出身で口が悪い(というか汚い)。お父さんと弟は警察官。彼は警察官になるのがいやだったらしい。そう言えば警察官でひげを生やしてる人はかなり多い。バリ人自体多いかなあ。彼の場合もひげを剃ると奥さんに叱られるらしい。この男、とても真面目で当初は冗談を言うような男ではなかったが最近冗談を言うようになった。その冗談がつまらなすぎて面白い。

 最後に手前中央にいる男はテンケル。サブ島出身のイケメン。ダンスと歌がとても上手い。何度かブログで紹介している男。実に面白い。私がバリに滞在中は毎日のように部屋にやってくる。クーラー大好き男だ。小さい頃からの生い立ちを聞くと、あまりの環境の違いに驚かされる。日本人の女性と結婚し日本に永住させたいのだが、まだ彼女がいない。今週のプレゼントに出したいところだが、船便では持ってこれないので。どなたかいらっしゃったら紹介してください、お願いします。

AD

今日は本の日

今日バリ本のお祭り(HARI RAYA SARASWATI)の日です。バリにはたくさんの(たくさんすぎる)お祭りがある。本に対して感謝し使っている本をきれいにしたりする日だ。鉄の日もある。その日は車を磨いたりハサミとか鉄のものをピカピカにする日。こういう日が日本にもあるといいと思う。物が溢れてる日本にはこういうものに対する感謝の気持ちが薄れている(私もそうだ)。でも、ちょっとバリはお祭りの日が多すぎ。

最近、町を走っているとパソコン教室がやたら多くなってきた。学校でも子供たちに教えるようになってきたらしい。うちのオフィスを設計してくれた友達である建築士のグデも3Dソフトを使った設計をするため学校へ通いだした。しか~し、、、通信環境は至って最悪。ダイヤル回線っていうんだっけ?日本からの画像を1枚見るのに30分はかかる。インターネットカフェへ行き、見るならそんなにかからないが、、わがオフィスはそうだ。毎月の電話代もたまったもんじゃない。ってなことで日本から送られてきた画像を見るときはインターネットカフェへ走る。その方が安上がりだから・・。そんな日々を送っていたある日スタッフである、ひげ男「クミス(KUMIS)」がチラシを持ってオフィスに帰ってきた。「ボス、これはいいよ!バリにもスピードネットが出たよ」私「・・・・?」「何それ」KUMIS「これだよ」と、言って私にそのチラシを渡した。ADSL回線の新規加入の案内だった。私は感激した「ついにバリの一般家庭でもADSLが普及するようになるんだ!!」スタッフともども「すぐに申し込もう!A-DーS-L にー!!」8月開通なので先行申込み受付のチラシに目を通した。そして、、、もっと私はびっくりした。愕然とした。使い放題の料金は月額3,000,000 RP。日本円で約35,000円。「今日ご飯何食べる?」話はかわった。

お香たて

insence holder babi 先週のプレゼント応募の当選者は東京都在住の松井さん。で、今週のプレゼントはこちら。コーン型用のお香立て。応募方法はJAYA ABADI トップページe-mailへ「お香たて希望と書いてお送りくださいませ。毎週木曜日にプレゼント応募。締め切りは翌週水曜日。毎週木曜日に先週の応募の当選者の発表を致します。当選者の方は個別にメールを送りますので配送先をご連絡くださいませ。お待ちしております

インドネシア政府とナングロアチェ・ダルサラム州(通称:アチェ州)の独立派武装組織「アチェ自由運動(GAM)」ヘルシンキで和平案に合意し8月15日に調印するというニュース。どうもうさんくさい。おそらく望まないことだがその通りにはならないだろう。北朝鮮とまでは言わないが、そんな約束はいつでも破れる。といった感じがする。昔の話ではない、ほんの数年前まで反乱を起こす村があればその村ごと無くしてしまい、翌年からその村が地図からなくなっている。そんな国だったのだから。しかもユドヨノは軍隊出身の大統領だ。メガワティの時より軍の統制はとれている。たしか17日に合意のニュースが流れたと思うがその翌日からも銃撃戦は今も続いている。日本では知られていないがパプア州でも独立運動による戦争はある。西から東までそういったことがたくさんある。時差がある地域が3箇所もあり言葉も違う、17000もの島々があるインドネシア。共和国だけに島それぞれが違う国なのだ。

IKAT SAWU

IKAT SAWU 画像のIKATは東ヌサテンガラ州、スンバ島ティモール島に挟まれた南海の孤島サブ島インドネシア最南端の島。そこで織られた伝統あるIKAT俺テンケル。よろしく 彼はその島の出身。サブ島出身は美男・美女が多い。またクリスチャンがほとんどだ。バリジャワの人と比べると体格が大きくちょっと違う。バリ島でセキュリティーで仕事をしてる人は比較的こちらの地方(スンバ・ティモール・アンボンなど)の出身者が多い。

 今週はこのイカットを、この記事を見た方の中から抽選で1名さまにプレゼント致します。応募方法はJAYA ABADIトップページe-mailへ「IKAT SAWU希望と書いてお送りくださいませ。毎週木曜日にプレゼント応募。締め切りは翌週水曜日。毎週木曜日に先週の応募の当選者の発表を致します。当選者の方は個別にメールを送りますので配送先をご連絡くださいませ。お待ちしております。

石油危機???

今年3月にガソリンの値段が3割上がった。原油価格が上がればほとんどの物価も上がる。ジャカルタをはじめ各主要都市でデモが起きた。こんな資源のたくさんある 国がなんでガソリンを3割も??こないだもガス欠になりそうになりガソリンスタンドに入ると兄ちゃんが「今日はもう売り切れた。。」2件目も。。。3件目で入れられたが、なんか変。この石油危機に追われユドヨノは13日からのタイ・中国などの訪問をキャンセルしたらしい。「なんで???」実は昨年からインドネシアでは石油の輸入が輸出を上まり原油価格が高騰し国営の石油会社がどうやら買えなくなってきているらしい。スハルト政権崩壊以降油田の開発が遅れているのが最大の原因。ビックリした。まさか輸入してるとは思わなかった。資源世界一と思うが、、。油田の開発が遅れてるんじゃなくてやめちゃってるんだろう、、きっと。ユドヨノは混乱を起こさないように国民に節約をとの御達しらしいが、、、「早く油田を掘れ!!」

ウォーターヒヤシンス

テーマ:
waterhyacinth sofa waterhyacinth ウォータヒヤシンスを紹介しよう。日本語名「布袋葵」だったと思う。。。上の画像がバリでその辺の道で咲いてる画像。下の画像がそれで作ったソファ。一本一本丁寧に編み上げて作られています。自然の素材で作られたものは温かみがあっていいものだ。シーグラス・バナナ・ラタンなど素材も色々ある。