捨てるのは、後ろめたさ。




稼いでないからダメ


へんな人が好きだからダメ


本音に従って生きようとか人に言うくせに、


自分がそれをできてないからダメ





をやめてみたら、





稼ぎとは関係なく毎日おいしいもの作って食べてる
 


へんな人が大好きで私もへんな人、


へんな人どうしということで夫と一緒になったら、


毎日デレデレに幸せ



本音で生きなければ!と


頭デッカチになるくらいなら、


多少本音に反して生きても気楽に過ごしてます。



{4839EDC1-1ADE-41AD-8F47-E58E0CBAD151}


金曜のお茶の時間には、夫と、


日本一のパティシエとも言われる、


イデミ・スギノさんのお店に行きました。


カスタードプリンの中に均等な配置で仕込まれたレーズン、


プリンの上には、


多分マスカルポーネと生クリームを合わせたのが、


4種のドライフルーツとともに、


上品にトッピングされてました。
 

食材の組み合わせの斬新さを、


丁寧な作業で作り込んだ作品、


といったスイーツでしたよ。



(店内写真NGのため、画像ナシです。)



いつ行っても激混みで、お席も多くはないため、


ゆっくり過ごすというよりは


作品をいただきにいくようなお店です。


写真は、ピスタチオのフィナンシェと、


ミエルという、


バターとお砂糖との甘みがほんのり広がるフィナンシェ。


買って帰って、ゆっくりいただきました。



こんな時間の使い方をできる伴侶と過ごしたかったから、


それまで抱えてきたやり方、考えのうち、


この時間の使い方とは異なってるものを捨てて、


気が楽に、心が幸せに、なってます。



 

⬇︎古い考えを捨てても大丈夫、が優しさにつながることも。

4/4(火)無料遠隔ワーク

 

 

ランキング参加中


AD