大阪府警は27日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で大阪市天王寺区上本町、アパレル会社社員、金有希容疑者(22)を大阪地検に最終送致し捜査を終了したと発表した。金容疑者は容疑を否認し、「府警の男性巡査長(28)にビールに混ぜた覚醒(かくせい)剤を飲まされた」と主張していたが、巡査長の関与は裏付けられなかったとしている。

 地検は同日、金容疑者を同法違反の罪で起訴する見通し。府警は金容疑者と不適切な交際があったとして巡査長を処分する方針。

 府警によると、金容疑者は、3月中旬から19日ごろまでの間、覚醒剤を使用した疑いが持たれている。毛髪鑑定の結果、巡査長と交際する前の平成21年10月ごろから使用していたとみられるという。

 逮捕時には容疑に『巡査長との共謀』が入れられていたが、巡査長の関与はなかったとして起訴内容からは外される見込み。

【関連記事】
覚せい剤使用容疑で女を逮捕 警察官の関与を主張 (第一報)
仙台南署に「知人が覚醒剤売人」とウソの手紙 虚偽告訴容疑で都内の男を逮捕
ひき逃げの乗用車内から覚醒剤 所持容疑の男「警察犬が置いた」
覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…
コンクリ投下男に懲役9年 「覚醒剤で心神耗弱」

大阪のうまいもん弁当 コンビニで販売 (産経新聞)
“ネット住宅”自分のペースで家造り(産経新聞)
板橋区役所の電話不通原因 交換機の処理能力超す(産経新聞)
沖縄知事「県内反対」の県民大会に出席表明(読売新聞)
友人「背中押した」 多摩川高校生水死 生徒2人書類送検へ(産経新聞)
AD