山口県上関町の上関原発建設計画で中国電力は23日、反対派が多数を占める同町祝島で同日予定していた住民説明会を中止した。住民の抗議活動で、担当者が定期船から同島の船着き場に下りることができなかったため。

 1982年の計画浮上以来、中国電力が祝島での説明会を試みるのは初めて。中国電力は24日にあらためて説明会を開きたいとしている。

 中国電力の上関原発準備事務所の岩畔克典所長ら15人は23日午前10時半すぎに、小雨が降る中、定期船で船着き場に到着。一般客に続き下船しようとしたところ、待ち構えた住民ら約100人から「来るのが30年遅い」などの声が上がり、たるに入れた水が船の乗降口にまかれた。

【関連記事】
中国電の新卒採用、11年ぶり200人超え
原発推進派が9議席獲得で圧勝 山口県上関町議選
山口県知事、上関原発の安全確保を要望
上関原発予定地での抗議活動に禁止命令 山口地裁
上関原発で中国電力社長、安全と環境配慮を強調
20年後、日本はありますか?

小沢氏主導「2人区2人」、前原氏が見直し求める(読売新聞)
<公明>神崎、坂口氏が議員辞職、引退へ 世代交代を加速(毎日新聞)
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)
子ども手当法案 参院で審議入り 国内居住要件は今後検討(毎日新聞)
大阪府警が誤認逮捕=「わいせつ未遂」にアリバイ-無職男性、8日後釈放(時事通信)
AD