疑問解消で売り上げも3倍!?平山枝美のアパレルブログ

お声がけすらできなかった問題児が、なんと担当店の売り上げをみるみる改善するマネージャーに大変身!現在ではアパレル講師として活躍する筆者がこっそり(?)お伝えするブログ。皆さんのお店の売り上げを上げるヒントをぎゅっとつめてみました。

★『売れる販売員が絶対言わない接客の言葉』
 
 【6刷★御礼】ロングセラーに感謝御礼申し上げます!
 ※キンドルでもご覧いただけます
 ECサイトでも効きそう...普通の販売員が言うけれど、「売れる販売員」なら使わない言葉(ライフハッカー)

★ツイッターはじめました
 接客や売り場作り、ライフスタイルのことなど、タイムリーな情報を呟きます。
 一番多く更新しているツールです!
平山枝美ツイッターアカウント・フォローはこちらから!

 
 
NEW !
テーマ:

【売れる販売員はお客様が持っている○○を見逃せないのです】

 

おはぎが好き

 

こんばんは、売り場コーディネーターの平山枝美です✨

 

好きな食べ物なんですか?
って聞かれると、


おはぎ

っていうんですけど、
大抵の人が

「それ、最後の晩餐って言われてもおはぎっていうんですか?」
と質問してきます。

 

最後の晩餐なら、
だしのきいた、おうどんがいいなあ・・・。

さてはて。

 

先ほどの話のくだりになると
大抵「おはぎ、じゃないのかよ!」

と、ツッコミがはいるのですが。

売れる販売員にとって、思わずつっこまずにいられない
お客様の○○があります。

さて、それはなんだと思いますか?

正解は
お客様の買い物袋(ショッパー)。

お客様のコーディネートを考えている時、
買い物袋に入っているものをお借りして、
一緒にコーディネートを提案したら喜ばれますよね。

それを知っているので、
お客様に商品を袋からだしていただき
コーディネートをします。

ただ、
それは知っているんだけど
どうやった切り出したらわからない人もいますよね。

私が今まで接客を受けた中ではこんな人がいました。

・「あの・・・先程から気になっていたんですけど・・・」と切り出す

 

・(お客様が手に持っている商品をコーディネートしている時に)
 お求めになっているそちらも一緒に着れたらいいですよね。
 合うかどうか、拝見できたほうが失敗がないので、お見せいただけますか?

 

・試着の際、
 「ぜひ、一緒に着てみてください」
 と伝えて着ていただく


という感じです。

 

そして、
新しいアイテムがでてくれば(お客様が買ったものがでてくれば)
それに合わせて勧めたいコーディネートも増えてくるので
セット率が上がっていくんですよね。

買い物袋を持っているお客様=
お客様のクローゼットを少しだけのぞき見できる

ということなので
すごく貴重な機会です。

ぜひ、ショッパーをお持ちのお客様をスルーせず
「何を買ったんですか?ぜひ伺いたいです!」

と、声をかけてみましょう。
 

というわけで

今日もおつかれさまでした(*´ω`*)

また今度~!!



ツイッターもやってます。地味にいろいろつぶやいてます。→ひらやまえみのツイッター


法人のお問い合わせ(新入社員から店長まで。セミナーや講演会のお問い合わせも)

(接客・VMD・スタッフケア・)→研修のお問い合わせ


本を書かせていただきました!
6刷御礼!!ロングセラー!!
キンドル版もあります。

売れる販売員が絶対言わない接客の言葉/日本実業出版社
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【服が好きで始めたはずの販売員。もう一度服を好きになるにはどうしたらよいでしょうか】

 

割りと大雑把

 

こんばんは、売り場コーディネーターの平山枝美です✨

 

今日、アイシャドウを試しました。
BAさんに片目ずつ違う色を塗っていただいたのですが・・・


お互い話に夢中になり、
お会計になったときに「あっ!!すみません、色が違う?治しますね?」
と言われたのですが

「こんな機会はあまりないので、そのまま帰ります」
と帰ってきました。

・・・たまに自分がびっくりするくらい大雑把になります。

さてはて。

 

びっくりすることといえば。
皆さん、アパレル(もしくはインテリアや美容の業界)に入って
ギャップに驚くことはありませんでしたか?

 

私は思ったよりも体育会系だったことにびっくりしました。

礼儀やマナーに厳しいし
店長によっては「俺の背中を見て育て」だし
意外とアナログだし
お給料も安いから、飲みに行くのはバーじゃなくて居酒屋。
なにより
結果を出すことに対し、とてもシビアです。

大好きな服を着て
他の人よりちょっと安く買えたり、新作を見ることができたり・・・
なにより「最先端」な感じに憧れて
この業界に入ったのに、何か違うぞ

なんて思い始める人も多いのではないでしょうか。

さて、そんな中、
ある意味、自分にとって嫌な経験が重なると
好きだったものが嫌いになることがあります。

アパレルの場合、その最たるものが
「服に興味がなくなった」
ということなのではないでしょうか。

接客をする上で
服が好きであることは大きな武器になります。
もう一度服を好きになるにはどうしたらよいでしょうか。

ここで一つ思い出して欲しいのは
皆さんはもともと、なぜ服が好きだったのでしょうか。


おしゃれが好きだから

と、いうだけではなく、

経験から掘り起こし、思い出してみてください。

例えば・・・。

私はもともと、おしゃれが苦手でした。
両親も地味なタイプで、一緒に服を買いに行く場所は
いわゆる量販店(イトー○ーカドーとかタワラ○とか)。

でも、入学した高校は帰国子女などもいて

華やかな印象の生徒も多く、

私服がいつもコンプレックスでした。

塾に行くときも絶対私服姿をみられたく無いので
土日でも制服。

そんな中、ひょんなことからクラスで人気者、
最先端の友人が一緒に服を選んでくれることになりました。

ドキドキしました・・。
今まで量販店にしか行ったことがない私が、
駅ビルの、皆が買っているようなおしゃれなお店に行くのですから。
「みんな、私のことを変だと思っていないかな」
冷や汗が止まりませんでした。

でも、友人が私の手を引き
「こんな感じが似合うと思うよ」
と、次々と服を選んでくれて、

試着室から出てきた瞬間・・・

「いいじゃん!!めっちゃかわいいよ!!いいよいいよ!!!」

と、友人が褒めてくれたのです。
 

嬉しかった。
今まで、皆に比べてダサくて、街を歩くのも恥ずかしくて
おしゃれなお店になんて入ったら馬鹿にされると思っていた自分が

他のおしゃれな子たちとおなじように
おしゃれなお店で服を選んでいるなんて

その日は嬉しくて嬉しくて、
服をだきしめて寝ました。

なんども鏡のまえでその服をあわせて
ウキウキしました。

 

そして、その服を着て外にでたとき
こんなにのびのびとした気分で外にでることなんてなかった!!

と感動したのです。

・・・と、いうわけで
これが

私の服を好きになったきっかけです。

 

服が好きになれないなあ
なんで服を売っているんだろう。誰が喜ぶと言うんだろう
と、自暴自棄になった時
私はこの経験を思い出しています。

 

そして、経験を思い出して行くつくのが
「自分を変えた時に感じた、楽しい記憶を思い出すために何をするか」
ということ。

話を元に戻すと
仕事(接客)がうまくいかなくなるときって
なんとなく、惨めな気持ちになってしまう。

わたしなんて・・・
こんな仕事いつまで続けたって・・・

って、どんどん、自分を恥ずかしいもの
に思ってしまうものではないか

と思うのです。
(少なくとも、私はそうです)

だから、
外見だけでもいい、自分を変えるということを全力でやって
もう一度
好きだったけど、今はべつに興味がなくなったものを
もう一度好きになろう

ということをやっていました。

美容院にいったり(変わりたいです!ってはっきり言う)
メイク道具を一新したり(家にはメイク本が積み上げられている)
服を買いまくって、友人と出かけまくる(変化に気づいた友人がほめてくれる)

 

すると、
もう一度「人から見られている自分」を意識することができて
「おしゃれ頑張ろう」っていう気持ちが生まれる


そんな感じで、私は「服をもう一度好きになる」

って奮い立たせていました。

 

服を好きになれなくなった人は
果たして、
服を好きになれなくなったのでしょうか。

服ではなく

自分に自信がなくなっている

のではないでしょうか。

自分の経験を掘り起こして
なんで服が好きだったのかな?

を思い出してみると
きっと今を打開するヒントが隠されているはずですよ。

ちなみに、
服を勧めてくれた友人もまた、
私との買い物をきっかけに、販売員をやっています。

 

というわけで

今日もおつかれさまでした(*´ω`*)

また今度~!!



ツイッターもやってます。地味にいろいろつぶやいてます。→ひらやまえみのツイッター


法人のお問い合わせ(新入社員から店長まで。セミナーや講演会のお問い合わせも)

(接客・VMD・スタッフケア・)→研修のお問い合わせ


本を書かせていただきました!
6刷御礼!!ロングセラー!!
キンドル版もあります。

売れる販売員が絶対言わない接客の言葉/日本実業出版社
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

【台風の日に限って、スタッフが多い!なんていう時はどう過ごしたらよいでしょうか。】

 

リュックは・・・リュックは・・・ありなのか・・・

 

こんばんは、売り場コーディネーターの平山枝美です✨

 

今日はお打ち合わせなどで外出がありました。
しかし、外は台風。

パソコンを持ち出さないとならなかったので
仕事用のバッグを出してきたのですが、革なんですよね・・・。

びしょ濡れになるし、革は傷むし・・・
と思って、防水のバッグに目を向けるとリュック。

仕事用の防水バッグを買わないといけませんねー

さてはて。

 

台風の日。
皆さんのお店はどうお過ごしですか?

こんな日に限って
スタッフが沢山出勤になってしまい
お店にスタッフがいすぎて、お客様が入りにくい・・・なんてことありますよね。

そんなときバックヤード(もしくは店内)でできることはなんでしょうか。

ポイントは
忙しい時のためにやる○○です。

幾つかのお店に、どんなことをやっているのか聞いてみました。

・脚立を使わないとできない掃除をする
・脚立をつ買わないと出来ないところのディスプレイを変える
・試着大会をする


なるほど、これは定番ですね。
ちょっとおもしろいのはこれ。

・顧客様別、台風の時お勧めコーディネートを作成→メール送信
今日、苦労したなー
どうしていいかわからず困ったなーと思った時に、こういうメールがくると
助かりますよね。

・似合う/似合わない説明大会
骨格や体型の違うスタッフ同士、同じものを着てみて
同じ商品でも何故似合う似合わないがあるのかを研究する
→同じような体型のお客様に「これは似合うけど、これはダメかも?」がわかりやすくなる

似合う似合わない大会は
私が店長をしていたとき、スタッフの発案でよくやっていました。

私はどちらかというと骨ばった体型、
スタッフは筋肉質でした。

例えば
「このジャケット、○○さんが着ると似合わないね。素材がやわらかすぎて
体型がでちゃうからだね。」

など、
何故似合うのか

何故似合わないのか
言葉にする練習をしていました。

これ、接客の時に
「こちらも似合うと思うんです」と
提案するときにすごく便利です。

こういうときに
普段はなかなかできないことやっておくと
忙しい時(もしくは忙しくするための)種まきができますね。

またこんな日がきたら試してみてくださいね。
 

というわけで

今日もおつかれさまでした(*´ω`*)

また今度~!!



ツイッターもやってます。地味にいろいろつぶやいてます。→ひらやまえみのツイッター


法人のお問い合わせ(新入社員から店長まで。セミナーや講演会のお問い合わせも)

(接客・VMD・スタッフケア・)→研修のお問い合わせ


本を書かせていただきました!
6刷御礼!!ロングセラー!!
キンドル版もあります。

売れる販売員が絶対言わない接客の言葉/日本実業出版社
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)