最後の勤務が終わるや否や別れを惜しむ暇もなく、ちひろはJRさくらんぼ東根駅に滑り込みました。

 

JRさくらんぼ東根駅東口


JRさくらんぼ東根駅は東根市中心部にあります。

 

JRさくらんぼ東根駅

 

山形新幹線の新庄延伸にともない、平成11年12月に旧蟹沢(かにさわ)駅の移転、改称という形で開設されました。東口正面にはさくらんぼの王様「佐藤錦」の生みの親である佐藤栄助翁(東根市三日町出身)が子供たちとさくらんぼを収穫している銅像やさくらんぼの木が植えられたさくらんぼ公園があります。

 

JRさくらんぼ東根駅東口の佐藤栄助翁と子供たちの銅像 

 

さくらんぼ公園(第3話)

 

平成28年までは「さくらんぼ図書館」が駅構内のさくらんぼタント館内に併設されていました。平成29年4月からは「さくらんぼ図書館」が新文化施設の「まなびあテラス」に移転・改称されたため、1階、2階、3階フロア―はそれぞれ「東根市観光物産協会」、「コワーキングスペースC&Cひがしね」(山形大学)、「東根市シルバー人材センター」が入居しています。

 

JRさくらんぼ東根に併設されているさくらんぼタント館 

 

JRさくらんぼ東根駅1階 

 

JRさくらんぼ東根駅3階

 

高速道路の東北中央自動車道「東根インターチチェンジや山形空港までは車で約10分、交通のアクセスは良好です。3階からは町並みや山々など様々な風景が眺められます。

 

JRさくらんぼ東根駅東口方向から眺めた風景

 

ちひろは駅の階段を急いで駆け上がりました。そして、一年間住んだ夕日に染まる東根の風景を、目を細めて眺めていました。

 

JRさくらんぼ東根駅西口方向から眺めた夕方の風景、月山、葉山

 

(平成29年3月31日)

 

AD