日曜日、雪の降る寒い朝、突然、ちひろのスマートフォンの音が鳴りました。
 
窓から見た雪(ちひろ撮影)
 
ちひろ:「誰からだろう。」

ちひろはスマートフォンを開いてみました。メールは山形本部長からの2月の連絡でした。


----- Original Message -----
おはようございます。
昨日 大和研修会、新年会に参加し山形に戻っているところです。
大和はとても暖かく春🌸のようでした。
山形は一番寒い月に突入ですね。😣
施設訪問
①やすらぎの里 14:00〜15:00
14日、20日、23日
②ふぁみりー 10:30〜11:30
9日、23日
③おさなぎ 10:30〜11:30
14日、28日

第21回山形本部研修会
15日 12:30〜15:30
霞城公民館 調理実習室
13:00〜14:00
認知症サポーター養成講座
セラピスト全員受講になります。
同じ日に大和でも行われ、これからセラピスト資格取得者は必修になります。
いつものように12:00開場になりますので、来た人からお弁当を食べて下さい。

以上 出欠の返信は今月中にお願い致します。

(注)やすらぎの里:特別養護老人ホーム蔵王やすらぎの里(山形市)
   ふぁみりー:グループホームふぁみりー(天童市)
   おさなぎ:特別養護老人ホームおさなぎ(東根市)
-------------------------------------------------------


山形本部の会員には本部長から毎月の施設訪問、啓発活動、研修会の予定がメール配信されてくるのです。
施設訪問、啓発活動は会員の都合に合わせて参加することができます。
 
2月15日(水)の研修会では「認知症サポーター養成講座」を受講することができるようです。
この講座を受講すると「認知症サポーター」になることができます。
施設訪問時に、アニマルセラピストは認知症の人たちに接する機会が多く、当協会ではこの資格を今後、アニマルセラピスト資格取得者の必修にすることになりました。
 
山形本部のセラピー犬グレースとケリー(シーズー)(ちひろ撮影)
 
山形本部のセラピー犬シャネル(エアデールテリア、メス)(ちひろ撮影)
 
山形本部のセラピー犬ジン(ボルゾイ、オス)(ちひろ撮影)
 
 
山形本部の保護犬さくら(柴犬)(ちひろ撮影)
 
 
ちひろ:「わたしもアニマルセラピストだから認知症サポーター養成講座をうけないとなあ。
でも、認知症サポーターって何? 明日、先生(院長)に聞いてみようかな。」
 
ふと、窓から外をみると、もう雪は止んで青空が広がっていました。
 
雪に覆われた山形空港(遠方には雪で真っ白の月山(左)と葉山(右)が眺望できる)
 
 
(平成29年2月4日)
AD