山形は紅葉の季節になりました。

山形市にある宝紅庵(ほうこうあん)の紅葉は今年も美しく色づき、見物客を楽しませています。

 

宝紅庵の紅葉

 

宝紅庵の紅葉


村山市の在宅介護を支える家族の会からの要請で、柴田健彦理事が「認知症、在宅患者への動物介在療法の実践」の演題で講演を行いました。

 

在宅介護を支える家族の会

 

アニマルセラピーの種類、歴史、在宅医療の実践症例、ユマニチュードについてのお話でした。

講演中に山形本部のメンバーも会場内で講師と一緒にアニマルセラピーを実践しました。

 

講演中のアニマルセラピーの実践風景

 

アニマルセラピー実践中のセラピストの倉田さんとセラピー犬ニコ

   (オーストラリアンラブラドウードル、2歳、メス)


ユマニチュード(Humanitude)はフランスのイヴ・ジネストとロゼット・マレスコッテイによってつくられた、知覚・感情・言語による包括的コミュニケーションに基づいたケアの技法です。

「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つの技術が柱となり、高齢者や認知症患者に接する上での基本となります。

 

アニマルセラピストにとっても、ユマニチュードを学ぶことはセラピー活動をする際には大変参考になります。

 


尾花沢市にある大正ロマンのある銀山温泉(ぎんざんおんせん)も紅葉が見ごろになりました。

 

大正ロマンのある銀山温泉

 

温泉街を山形本部のセラピー犬たちが闊歩する姿は微笑ましく感じられます。

 

紅葉の銀山温泉街を闊歩するセラピー犬たち

(右から ハグ(オーストラリアンラブラドゥードル、2歳)、ポプラ(トイプードル 5歳)、びー(トイプードル、 6歳)
                  

      
(平成28年11月6日)
 

AD