山形にも春が訪れ、桜が例年より早く満開となりました。

 

日塔川河川敷の満開の桜

 

満開の桜の木の下で、ちひろとセラピー犬ラッシー

 

4月1日、クリニックでの朝の業務は早く、午前7時30分には院内掃除が始まっています。ちひろが5分遅れてくると、既に看護師が淡々と院内の掃除や環境整備を始めていました。

 

看護師「あら、新人さんね。時間厳守しないとね。今日から社会人だよ。もう学生じゃないからね。これからいっしょにがんばりましょうね。」

 

看護師は社会に出たばかりのちひろを母親のようにやさしく諭すのでした。

 

午前7時30分は出勤時間でなく、仕事を始める時間だったのです。

 

ちひろは朝が苦手でした。しかし、社会人として、その社会のルールに従わなければならないことを自覚するのでした。

 

さくらんぼのつぼみが開き、花になりました。

 

さくらんぼのつぼみと花

 

山形では花見を2回できます。桜の花が散った後にさくらんぼの木の下でも花見ができるのです。

 

満開になったさくらんぼの木

 

セラピー犬Koroがさくらんぼの木登りをしていました。

 

さくらんぼの木登りをするセラピー犬Koro

 

(平成28(2016)年4月24日)

AD