真夏の太陽が照りつける中でのちひろの山形探訪。今回、ちひろは山形市内にあるドッグ・カフェレストラン「ブラウニーズ・ストーリー」に訪れました。

 

ドッグ・カフェレストラン「ブラウニーズ・ストーリー」正面

 

マスターの鈴木清之さん(通称マスター)は当協会山形本部のアニマルセラピストのメンバーです。ちひろが訪れるとお店の玄関前にはセラピー犬たちが出迎えてくれました。

 

「ブラウニーズ・ストーリー」玄関前でお迎えするセラピー犬たち。 左からわらび(スタンダードプードル、7歳、メス)、よもぎ(ボーダーコリー、13歳、メス)、ちまき(ホワイトシェパード、2歳、メス)、ちゃずけ(ポメラニアンxプードル、6歳、オス)

 

ノー・リードでセラピー犬たちはお店の周囲を歩き回り、ちひろに挨拶をしていました。

 

挨拶するちひろとわらび

 

「ブラウニーズ・ストーリー」はカフェレストランですが、小会議もできることからマスターの御厚意により、山形本部では研修会やアニマルセラピストの試験会場にも使用してきました。

 

「ブラウニーズ・ストーリー」のパンフレット

 

店内入口でわらびがお客様をお迎えし、店内に入るとよもぎが伏せをして待っています。

 

店内入口でリラックスするセラピー犬よもぎ

 

長いソファーには、ちまきがたわむれており、のんびりした雰囲気で大いに癒されます。

 

長椅子でたわむれるセラピー犬ちまき

 

店内は広々としており、ピアノも置いてあります。

 

広々とした店内を見わたすセラピー犬わらび

 

早速、おすすめの広島風お好み焼きを御馳走になりました。

 

おすすめのいか天入りそばの広島風お好み焼き

 

セラピー犬たちはお客様が食べているときもおとなしく、まさにセラピー犬の鏡と感心しました。

 

セラピー犬よもぎ(左)とわらび(右)

 

(平成28(2016)年8月23日)

AD