山形の内陸部は山に囲まれた盆地のためフェーン現象で夏は大変暑くなります。

 

頂上に雪が少なくなってきた月山

 

1933年7月25日当時、日本最高気温40.8℃を記録したのは山形市でした。以後、2007年(埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で記録された40.9℃)まで、74年間、日本最高気温記録地点として知られていました。しかし、当時の新聞記録によれば、その日はあまり暑さを感じなかったと報じられています。

 

山形の夏は暑く、冬は寒く、寒暖の気温差が大きくなります。この気候がさくらんぼやりんごなどの果樹栽培に適しているのです。

 

夏の暑さをしのぐため、山形では様々な冷しの文化があります。

 

冷しの食文化として、冷し中華は全国的にも夏季限定メニューとして定番ですが、山形では、冷しラーメンや冷たい肉そばがあります。

 

冷し中華ののぼり

 

冷し中華

 

冷しラーメンののぼり

 

冷しラーメン

 

また、冷たい肉そばは、冷たく冷やしたそばとそば汁に鶏肉をトッピングした絶品です。

 

冷たい肉そばの看板

 

冷たい肉そば

 

べにばなの里 河北町(かほくちょう)の名物となっています。

 

冷しの文化は食文化だけではありません。理髪店では、夏季限定の冷しシャンプーで洗髪をしてくれます。

 

冷しシャンプーののぼり

 

メンソールの効いたシャンプーを冷蔵庫で冷やしたものや氷を使用したものなどお店によってバリエーションがあります。

 

山形の冷し文化は、暑い山形の夏を、涼しくのり切るための先人の知恵でしょう。最近では、山形の冷し文化はテレビでも紹介され、全国的にも知られるようになってきました。

 

涼を求め、バイクに乗るセラピー犬Koro

 

(平成28(2016)年8月15日)

AD