真夏の夜に行われる夏まつりにはどの地域にも、華麗で、勇壮な群舞や音色、涼を求める特色あるその土地固有の伝統的なお祭りがあります。

 

文翔館(ぶんしょうかん)(旧県庁)

 

青森のねぶた、秋田の竿灯、仙台の七夕にならび東北4大夏祭りのひとつである山形の花笠まつりは、例年8月5日から7日まで山形市(人口約25万人)で開催されます。

 

七日町商店街にて花笠パレードを見物する人たち

 

スゲ笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にして、ヤッショー、マカショ、シャンシャンシャンの「花笠音頭」にあわせて街を踊り歩きます。

 

華麗な群舞

 

花笠の花飾りは山形県の県花である紅花(べにばな)をあしらったとされています。花笠パレードは山形市の中心市街地である七日町商店街の目抜き通りから文翔館(ぶんしょうかん)(旧県庁)まで続きます。

 

花笠踊り

 

花笠まつりで歌われる「花笠音頭」の起源には諸説ありますが、大正中期に山形県尾花沢(おばなざわ)で土木作業時の調子あわせに歌われた土突き歌が起源といわれています。

 

ヤッショー、マカショ、シャンシャンシャンの「花笠音頭」

 

ちひろも山形の花笠まつりを初めて見物し、舞い踊る踊り子たちの華麗で、勇壮な群舞に見入っていました。

 

やまがた舞子の花笠踊り

 

(平成28(2016)年8月8日)

AD