東京駅から山形新幹線に乗ると山形駅のひとつ前にかみのやま温泉駅があります。上山市(かみのやまし)(人口約3万1千人)は山形市の南に接しており、新幹線の車窓から西側に上山城を眺めることができます。上山城はかみのやま温泉街の小高い丘の上に立っています。

 

上山城入口

 

上山城下町では毎年「やまがたワインバルin かみのやま温泉」が開催されています。

 

「やまがたワインバル2016 in かみのやま温泉」で賑わう街角

 

ワイングラスを片手に人々は城下町を往来します。

 

上山城への坂道を往来する人たち

 

浴衣姿でワインをのむ人、出店でワインのつまみを買う人、イベントに参加している人など各々賑わいを創出しています。山形県ではブドウも多く栽培されており、ワイン作りも盛んなのです。

 

上山城

 

上山城

 

この賑わいの中、ちひろは山形本部の街頭啓発活動に参加しました。

 

啓発活動をする山形本部のメンバー(右から西川本部長、ちひろ、設楽さん)

 

啓発活動中の設楽さんとセラピー犬マメ(左)、ちひろとセラピー犬未来(右)

 

観光中のお客様:
「おとなしいワンちゃんね~。どうしてこんなにおとなしいの?」

 

ちひろ:
「ちゃんと訓練しているんですよ。もっと触わってもいいですよ。セラピー犬は触られるのが仕事ですから。この犬たちは施設にも行っているんですよ。」

 

観光中のお客様:
「あら、そうなの。ありがとう。癒されたわ。少しだけど募金していくね。がんばってね。」

 

ちひろ:
「ありがとうございました。」

 

当本部最年長のセラピスト奥山さんとセラピー犬になったばかりの最年長のGOくん(ゴールデンレトリーバー、オス、11歳)も一緒に啓発活動に参加し、道行く人たちに大好評でした。

 

啓発活動をするセラピストの奥山さんとセラピー犬GO

 

おすわり上手なGO

 

(平成28(2016)年7月13日)

 

AD