田植えした稲の苗もすくすくと育ち、田んぼは一面緑一色になりました。

 

田んぼの稲

 

5月に普通乗用車の運転免許を取得したちひろは、その後、引き続き自動車教習所に通い、自動二輪車の運転教習をうけていました。自動二輪車の教習は、学科よりも実技の教習が中心です。まず、自動二輪車が倒れた時に、重いのでおこすのにひと苦労です。

 

しかし、運転中は何も考えずただひたすら走るのです。ストレス解消にはもってこいです。教習も順調に進み、6月中旬には実技試験に合格。自動二輪車運転免許証を取得しました。春から通っていた自動車教習所を卒業しました。

 

自動車運転免許証を手にしたちひろとセラピー犬マメ

 

院長「おめでとう。まず、第一関門突破だね。」

 

ちひろ「ありがとうございます。」

 

院長「これからは、医療事務の勉強に集中できるね。」

 

ちひろ「はい、がんばります。」

 

院長「医療事務の学校も卒業資格試験があるので、気を抜かないように。」

 

普通乗用車、自動二輪車運転免許証を手にし、これでちひろの行動範囲は住んでいる東根市内から山形県内各地に拡がっていくのです。

 

あじさいの花

 

6月中旬から下旬にかけて、山形では、さくらんぼの収穫のピークになります。

 

紅く実ったさくらんぼの木の下では、山形本部所属のセラピー犬のハグとニコが仲良く並んでお座りしていました。

 

セラピー犬ハグ(左)とニコ(右)(2頭ともオーストラリアンラブラドゥードル、2歳)(セラピスト倉田登貴子さん撮影))。

 

(平成28(2016)年7月2日)

 

AD