2016年3月、ちひろは東京駅から山形新幹線つばさに飛び乗り、クリニックのある山形県東根市(ひがしねし)に向かいました。

 

山形新幹線つばさ

 

さくらんぼ東根駅までは約3時間。新幹線の車窓からはまだ雪化粧をした白竜湖(山形県南陽市)が見えました。

 

山形県南陽市の白竜湖 (山形新幹線の車窓からちひろ撮影)

 

約15分間、雄大な景色を眺めていると県庁所在地にある山形駅に停車。その15分後にはさくらんぼ東根駅に到着していました。

 

西には山形県中央部にある月山(がっさん:出羽三山の一つで標高1,984m、日本百名山に選定、夏スキーが有名)、

 

月山

 

そして葉山(はやま:標高1,462m、山岳信仰のある山、村山葉山ともいう)

 

葉山

 

が遠くに見えました。

 

月山(右)と葉山(左)

 

ちひろ:「さあ、着いたぞ。3時間なんてあっという間ね。意外と近いんだなあ。」

 

ちひろは期待に胸を弾ませ、さくらんぼ東根駅前に立ち、大きく深呼吸をしました。

 

 

これから、いよいよ初めての土地でのちひろの新しい生活が始まります。

 

(平成28(2016)年4月15日)

AD