ちひろは今年、デザインの専門学校を卒業したばかりの20歳の女の子。幼い頃から犬が大好きでした。就職先には、犬といっしょにできる仕事を探していました。

 

 

ある日、NPO法人日本アニマルセラピー協会で、医療事務資格とアニマルセラピスト上級資格までを同時に取得できるプロジェクトを知りました。山形県にあるクリニックでアニマルセラピスト資格をもつ医療事務員を募集しているというのです。

 

 

ちひろ:「私は医療のことなんか全然わからないけど、大丈夫かな。でも犬のことならなんとかなるか。」

 

ちひろは日本アニマルセラピー協会のこの新しいプロジェクトに応募することを決意しました。

 

専門学校卒業前の2月に猛勉強し、アニマルセラピスト初級資格にみごと合格。履歴書を送り、面談を受けたら内定の通知が届いたのでした。

 

 

ちひろ:「やったー。山形でがんばるぞ。でも、都会しか知らない私が、初めての土地で、ひとり暮らしできるかな。」

 

ちひろは不安に思うのでした。

 

(平成28(2016)年4月10日)

AD