ゆうやけネットワークってNHKの夕方の番組で安藤塾の取材の様子を見た。


過去の受講生の方で、主婦の方が取材を受けている風景を見ていて、


「これは面白そうだ」と、今まで以上に感じた。


最近ずうっと入るべきか悩んできたけど、この番組を見て結局入る事に決めました。


私と同じく、悩んでいて、このNHKの様子を見てない人は、絶対見るべきでしょう。


公式サイトにアップされてました ⇒ NHKゆうやけネットワーク



金額がやはり高いのがネックでしたが、入塾費意外に元手は、ほとんどかからないようなので、決めました。


少々の元手は、先日も少し紹介したキャンペーンサイトで、レビューを書いて報酬をもらいます。


いまいちどキャンペーンサイトもご紹介しておきますね。お得なのは間違いないですから、利用するのも、賢い手でしょう。


浮いたお金を広告費など好きな事に回せる ⇒ 安藤塾キャンペーンサイト



ダウンロードしたPDFファイルは、結構なボリュームだけど、塾が開講する前に、ひととおり読んでおかなきゃ…。


それでは、頑張りまっせー!



AD

安藤塾って最近やたら目にしますねー。


メルマガやらで、紹介されてたので、検索してみました。


すると、多分古くから存在するであろう伊勢の学習塾とは別に輸入ビジネスの安藤塾というものが出てくる。


実際に公式ページをのぞいてみると


なるほど、簡潔に言えば、今戦後最大とも言える円高の波にも乗って、個人輸入して、作ったネットショップでビジネスをしようというものらしい。



なかなか面白そうだ。しかし高額。29万8000円ですかー。


しかし、この安藤俊介という方はアンガーマネジメントという日本で今まで紹介されていなかった

「怒り」をコントロールして成功する心理術を持ち込んだ方としてメディアにもたびたび出ていて

さんまのホンマでっか?TVにも出演している。


NHKの取材もあったようだが、NHKが取材した理由が、届いたメルマガに書かれていた。


NHKは怪しい会社への取材は極力さけたいのは、当然の事。


そんな中、身元調査的なものをしっかり行った結果、きちんとしたオフィスを構え、スタッフ在沖でいつでも電話がつながる環境にある会社が安藤塾だけだったらしい。要はちゃんとした法人として輸入ビジネスを行い、それを安藤塾として教えているわけですね。


しっかりしたノウハウを教えてもらうとすれば、29万8000円という金額もうなずけないものでもない。

なぜならいわゆる専門学校やビジネススクールは100万単位することももザラだからだ。


自分は少し気づくのが遅かったので、こうなればギリギリまで考えるつもりだが


これをご覧になっている方で、金額面で悩んでいる方のためにひとつ情報を提供しておきます。


レビューを書くことで、報酬がもらえるようです。ウン万円となってますが、私がここで勝手に金額をバラして良いものか?分からないので、興味のある方は、実際にこのサイトをのぞいてみたらいかがでしょう。


安藤塾キャンペーンサイトはここから見れます。⇒ 安藤塾キャンペーンサイト


元が高額なので、助かりますし、私は入るならここ経由で入ろうかと思っています。


予想してたより、レビュー報酬は、かなり大きな金額でした。



NHKの取材内容のオンエアと、最後の安藤塾本部での説明会は、どちらも明日8/24(水)に行われるようなので、この後結論を出したいと思っています。


個人輸入にてショップを開くことは、覚えておいて損はないとは感じてます。


結果は明日の夜出すつもり。


結果については明日の夜、更新してここに書きます。では、また。



AD

「行動展示」という展示方法

テーマ:

日本国内で一番寒い地域である北海道には、動物園ができるのがとても遅かったといわれています。
それは、動物園が元々東京などの大都市にだけ建てられていたからです。
しかし、その後日本がとても潤ってきて、地方都市に動物園がたくさん建てられるようになったことで旭山動物園が誕生しました。

旭山動物園が開園したのは、1967年のことです。
今からもう40年以上前ということになります。
ちょうどその頃、旭川市内で路面電車が運行していたのが大きな決め手になったそうです。
ちなみに、今はもうその路面電車はありません。

開園したばかりの頃の旭山動物園は、今のような特色はなく普通の動物園でした。
それでも、旭川市が発展するに従って入園者数は増加していきました。
しかし、1980年代になると、他の娯楽が発達したことで入園者数が減少していきました。
動物園自体が下火になっていた時代です。

そういった流れを断ち切るべく、旭山動物園ではひとつの珍しい試みを行います。
それは「行動展示」という展示方法です。
1997年に行動展示への変更に着手し、同年度にその第1弾となる「ととりの村」が完成すると、日本でも例の少ない展示形態が多くの人に受け入れられ、旭山動物園の入園者数は一気に増加しました。
そして2000年代に入ると、北海道ならではの「ペンギン館」や「ほっきょくぐま館」「あざらし館」が誕生します。
特に「あざらし館」は、あの細いパイプのような水槽がたくさんテレビで取り上げられて、大きな話題になりました。
それによって入園者数が激増し、旭山動物園は日本でも3本の指に入る人気動物園となったのです。


ペニスを大きくする方法

シトルリンXL

オルビスプチシェイクの効果と口コミ

テニス合宿

ケロコート 口コミ

AD