J'arrive!!

調布市仙川の住宅街にあるフランス菓子のお店


テーマ:
さて、看板の本体ができたら次は塗装です。
これが一番の肝というか大事なところですからね

今回は姉の旦那さんも手伝ってくれて3人掛かりで作業したので時間短縮できました

看板のイメージは2つを青色に、1つを白色に、全体的にエイジング加工をするといった漠然としたものでした
どうやって塗るのか、どうやって加工するのか・・・何も知らないど素人ですからね

さて、どうしたもか・・・ヒントはホームセンターにありました
ペンキを買いに行ったとき、ペンキ売り場に何気なくかけてあったペンキの塗り方の資料。
それを熟読いたしまして帰って早速実践へ

その資料によるとまず下地を塗ります。
下地は表面に出る色とコントラストがあるほうが良い、と書いてあったので白色のものは焦げ茶色を、青色のものは白色を選択しました。

ここからがちょっとしたテクニック
下地が完全に乾く前に、でんぷんのりを水と1:1でといたものを表面に塗ります。
さらに、それも完全に乾く直前に一番上の色を塗り、半乾きの状態でステイン剤という塗料を塗ります。
今回はオークウッド色をチョイス。
それを布でこすると・・・



どうですか
ただのステイン剤でちょっと古びた感じが、さらにのりが伸びて表面にいい感じの模様が浮かび上がります。
さらには下地の色がちょっと出て年季の入ったような看板が出来上がりました

いや~これだけで素人さんたちはかなり満足しましたよ
ホームセンターの資料さまさまです


しかし、これだけではまだ完全に完成したとは言えません。
ここにロゴマークを入れます。
ここからはかなりアナログですよ笑

従来ならステシルのプレートを用意するんでしょうが、それも手作り。
プラ板もなかったのでOPPシートを使用。
しかも、OPPシートに印刷したそれを切り抜こうと思ったら我が家のプリンターでは印刷できず、手描きでなぞりました
もちろん切り抜くのも手仕事。
普段、お菓子でこういう作業をしているのでまぁおんなじ作業のちょっと規模が大きい版ってとこですかね。

それを使っていざロゴ入れスタート




まずはロゴシールをセッティング。
ロゴシールをカットする際、ラインをまたぐように両面テープを貼ってからカットします。
それをはがす作業が大変だった・・・
で、貼り付けます。
そうしないとペンキを塗っている間にロゴが動いてしまったり、隙間に塗料が入ってしまうので要注意

さらには万が一塗料がはみ出てしまわないようロゴの周囲にマスキングテープを貼っておきます。
養生は何よりも大事な工程ですから



ロゴを貼り付けたらいざペンキ塗り
本来はスプレーで塗る予定だったのですがスプレーを買い忘れたため(だめですよね・・)
ローラーで代用。
ローラーもべた塗りでなく、ペンキを極力薄めにつけて少しかすれた感じを出しました。


そしていよいよロゴシールを剥がします。
この瞬間が一番緊張しますね
ゆっくり、ゆっくり丁寧に・・・





イラストの目の部分やアルファベットのa、eなどの丸い部分は切り離されているので
細心の注意を払いながらカッターで剥がしていきます。




そして出来上がったのがこちら





すばらしい出来
もう自画自賛ですよ笑
木材をカットして組み立てるとこからロゴを作ってペンキを塗るところまで全て手作り
まぁ、買ってしまえばそりゃ早いですよ?
時間はかかるけど、費用を押さえられるし何よりも達成感がありますよね
それと愛着がわく
ほっと出来上がったときの喜びは何ものにも代えがたいものです





ちなみに私たちの中では左から【仙川・自由が丘・湘南】って呼び名をつけました。
理由はその土地にありそうな雰囲気の看板に仕上がったから笑

どの子もかわいいです


さて、次回はふすまに壁紙を貼る予定です


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

azさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。