J'arrive!!

調布市仙川の住宅街にあるフランス菓子のお店


テーマ:
久しぶりにお菓子教室の様子をお伝えしようかなと

教室のときはみなさんの様子を撮ろうと心がけているのですが、ついつい作業に夢中になってしまったりして忘れてしまうんですよね
なので今回も生徒さんの完成作品の写真を忘れてしまいました・・・
一番重要なところなのに・・・すいません


今回は【パリブレスト】の教室です。
先日の「森の市」で教室のことを知った方が参加してくれました
なのでご近所さんです
ご近所さんが参加してくれるのはうれしいですね


パリブレストは毎年7月にフランスで行われるツール・ド・フランスという自転車競技の記念に作られたお菓子です。
第一回大会がパリ-ブレスト間で行われたことからその地名をとって名付けられました。
形は自転車の車輪をイメージしていて、中にはプラリネ風味のバタークリームを挟みます。
最近ではクラシックなものだけではなく、パリのパティスリーなんかでは様々な形やクリームのパリブレストが出てきました。



写りが悪くてすいません・・・。
これは私がプラザ・アテネ・ホテルで働いていた時にミシャラクシェフが作っていた
パリブレスト。
輪っかにすらなっていませんw


これは今年、京都にも海外一号店ができたパティスリー・ド・レーヴのパリブレスト。
某有名店のドーナッツみたいな形をしていますよね。




作り方はシュークリームと同じです。
まず、シュー生地を作ります。




水・牛乳・バター・塩・小麦粉からできるシュー生地。
材料だけ見ると案外シンプルなんですよね





そこに卵を加えます。
この卵を加える工程が肝で、入れすぎると膨らまないし少ないと絞りにくいし。。。
見極めがポイントです






大きなシューとそれより一回り小さなシューを焼きます。




続いてはカスタードクリーム。
バタークリームだけだと少し重いのでカスタードクリームを合わせます。





これまた見づらくてすいません。。。
バタークリームです。
バタークリームも色々な作り方がありますが、私は泡立てた卵白に熱いシロップを加えて作るイタリアンメレンゲを使ったバタークリームを使います。
卵黄を使ったものより軽い仕上がりになるからです。


この2つのクリームを合わせ、さらにナッツのペースト、プラリネペーストを入れてクリームは完成


それを大きなシューの中にまず1本。
その上に小さいほうのシュー生地を乗せ、周りにクリームを絞っていきます。
クリームの絞りは慣れないと難しいのですが、やっていくうちに慣れてくるものです





で、完成・・・写真がなくてすいません~

この日は5月12日、そう母の日でした
生徒さんは母の日のプレゼントに作られたみたいですよ




来月の教室のご案内ももうすぐ出しますのでぜひ興味のある方はご参加ください


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

azさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。