J'arrive!!

調布市仙川の住宅街にあるフランス菓子のお店


テーマ:
やっぱりあいにくの雨続きのパリ
気にならない程度ならまだいいんですけど、さすがに傘をさしたくなる強さなのがまた腹立たしい・・・



昨日はヴァンブの蚤の市に行って参りました

「お店を始めるときにディスプレイに使えるようなガラクタを買って来い

との命を受けまずは蚤の市へ。



・・・とその前に

ヴァンブの蚤の市へ行くのなら懐かしい場所に行こうじゃありませんか、ということで朝ごはんがてらこちらのお店に立ち寄りました





ちょっと見づらいかな
ショーウィンドウには

Prix de meilleure baguette a Paris 2010


とかかれています。
そう、ここはかつて私が働いていたDonminique Saibronです


もう3年?いや4年前になるのかな?
当時はできたばかりでお店の屋根や内装もきれいでしたが、今は年月を感じましたね。
私が働いていたときにいた人はいないんじゃないかな、と思っていたのですが売り場には
当時いた小さなおばさんや、私がやめるときに入ってきたブーランジェの人がいました。

相変わらずお客さんがひっきりなしに入ってくる地元でも人気のお店で、お店の外まで
並んでましたよ


ショーケースには大量のガレットデロワが並べられ、追加もどんどんされていました。
「こんなに売れるの?」と思うんですが、売れるんですよ。
私が働いていた頃もこの時期は朝から晩まで延々とガレットデロワを作っていました。
ノエルの前の11月頃に一度仕込んで、冷凍しておき、ノエルが終わるとまた作り出す。
一日に2~300個は作っていましたよ
それが1月の終わりまで続くのだからすごい

とまぁ、なつかしの光景を見て、ついつい思い出に浸っちゃいましたね

店内で食べるのは初めて?か、やめてから一度来たことがあったと思うんですが今回は
店内で。




まずはヴィエノワズリーを。
ここのヴィエノワズリーは働いているときから大好きで、特にパンオショコラは私の中では
パリで上位3本の指に入るおいしさです
もちろんクロワッサンも、パンオレザンもおいしですよ


それと、これはパリの中で一番おいしいと思っています





ミルフィーユ。
今回はキャラメルのミルフィーユにしました。
とにかくパイ生地がおいしい
ヴィエノワズリーの生地も、ミルフィーユの生地もヴィエノワズリー担当が作っているので、
つまりここの生地がおいしいということですよね
ちなみにタルトなどの生地も全てヴィエノワズリーの担当です。






クロックムッシュは初めて食べました。
前からあったっけかな?
覚えてませんが、とてもおいしかったです
日本のクロックムッシュみたいに食パン生地ではなく、おそらくパンドミを使ってるのかと。
厚さが薄く、パン自体がしっとりしているので中にベシャメルソース(かな?)を入れて焼くと
さらにしっとりしておいしさアップです




私達が食べているときにちょうどセブロン氏がコーヒーを飲みに売り場に上がってきたのですがお変わりなく。。。

日本にも支店がいくつかありますがパリの本店は全然ちがいます
今やパリのお店はほとんど日本に入ってきていて、空輸などで商品が運ばれるため、
チョコレートなどは本店そのままの味が楽しめますがパンは違います。
技術のみであとはその場所の気温や湿度、また国民性によって独自のパンを作るので
本店の味とは全く違うことがあります。
Dominique Saibronはまさにそう
扱っているパンの種類も違うし、おいしさも違うので是非パリにお越しの際は訪れて欲しいお店です


観光地とは離れているのでここだけを目指してくるか、あとはそれこそ今回の私のように
ヴァンブの蚤の市に行く前に立ち寄ってみてください


Dominique Saibron

77,Avenue du General Leclerc,75014 Paris
(メトロ4番線Alesia駅上がって目の前のお店です)
Tel:01 43 35 01 07

営業時間:火-日 7:00-20:30






さて、腹ごしらえを済ませたあとはヴァンブの蚤の市へ。
ちょうどお店を出たくらいから雨が降り始め、傘をさしながらの見物になってしまいました
ああでもない、こうでもないと一通り目を通し、いくつかお目当てのものをゲット
しかし、蚤の市というのは紙一重のものばかりですね



お昼からは中心街に繰り出しました




ジュラール・ミロはいつ来てもショーウィンドウが素敵
世界観が伝わってくる飾りなんですよね






ケーキも色鮮やかでこんなに様々なアントルメがあったらどれを買おうか迷って困っちゃいますよね





ここはちょっと変わったお店。
店名が【PISTACHERIE】
ピスタチオの専門店です
前に来たときはなかったから新しいお店なのでしょう。
店内はピスタチオだらけ。
でもなかなかコアですよね。ピスタチオだけってw

お店がちょうどお昼休みだったので外から眺めるだけでしたが機会があったら立ち寄ってみたいですね
ちなみにパリ市内に3店舗あるようです。


PISTACHERIE

64.rue de Seine   75006 Paris

Tel:01 43 29 08 11
営業時間:定休日なし。でもなぜか時間がかいてないんです。。。

http://lapistacherie.boolkit.com/







そのピスタチオ専門店の隣にあるのがこちら。
チョコレート屋さんのようです。


Weiss

62.rue de Seine  75006 Paris

Tel:0143 29 42 17
営業時間:月-土 10:00-20:00



チョコレート屋さんなんですけど、ショーウィンドウに飾られてたマカロンが気になりマカロンを購入。



タルトタタン・クレームブリュレ・塩キャラメルの3つを購入。
タルトタタンが一番おいしかったです



このあたりはレストランやお惣菜屋さんなどグルメのお店が多く、人も賑わっています





このお店のお惣菜は全部おいしかった


J.S.F.P

8.rue de Buci  75006 Paris

Tel:01 43 26 86 09
営業時間:9:30-20:30 定休日なし








ここはフリーズンヨーグルト屋さんみたいですね。





最後はこのお店で〆。





有名ですね。
ストレーです。
やはりこの時期は店頭でガレットデロワを販売。
でもここで買うのはFIGAROで1番をとったエクレア







カフェとキャラメルを。
キャラメルは中のクリームもクリームというかキャラメルそのものでおいしかったし、
カフェも上品な味のクリームでやっぱりここのエクレアはおいしいです







今回久々にトラムを乗ったら、次の停車駅を告げるアナウンスが変な曲調になってたのと、
メトロ4番線が自動ドアになっていたのが驚きでした


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

azさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。