メディアの悪意で支持率低下

テーマ:

応援のクリックを


にほんブログ村


加計問題でメディアの印象操作が目立つ安倍政権

その煽りを受けた形か支持率が低下中である


確かに説明不足の面は否めない

しかし、忖度があったとは言っても彼が何か献金を受けていたかというとそうではない


そうなると、問題であると言っても違法ではないのが現状である


メディアは一方的に前川氏の主張のみを報道する

そして、その報道を過熱させることでもう一方の主張をかき消すのだ

さらにもう一方の主張に関してはほとんど報道されておらず、メディアを信じる国民は愚かにも騙されつつあるのだ


加計問題の審議で何故か報道されなかった誘致したかった側の主張

理に適っていて、実に不合理なのが前川氏側だということが分かる

だが、メディアはそれを隠すという手法で政権叩きを演じているのだ


政治とはメディアの解釈で変わって良いのだろうか

メディアの悪意のある一方的な報道で日本は悪い方向に舵を切りつつある


その舵を元に戻すためにも、我々はメディアの印象操作に踊らされることなく、あらゆる角度で物事を見つめなければならないのだ

安倍政権は説明しても一向に解決することはない


だって、メディアの悪意で真相が有耶無耶になるのだから

勝手な憶測でこうであろうと決めつけたものが横行する

そんな社会が今の社会なのだ


メディアに踊らされる国民

それがどんな日本を招くのか

不安でならない



応援のクリックを


にほんブログ村


AD