海外ビジネスを総合的に支援します--JLD社長日記

合同会社 Japan Live Design 社長日記です。主に海外展開に関する時事やマーケット情報、海外向けECサイトやホームページの作成・運営・集客についてつぶやいています。

海外販売・海外ビジネスのショートコンサルティングを行っています。


テーマ:
皆様こんにちは。

今回は話題の無料ECサイトサービスである「STORES.jp」での海外販売はどんな感じなの?というテーマでご報告したいと思います。

基本無料のECサイトサービスの中でも、英語対応していることで海外販売を検討中の方から注目を浴びているSTORES.jp。こちらは5つ以上のアイテムを販売する際には月額980円のプレミアムプランに加入する必要があります。Jugem cartが月額9ドルですから、お値段は同じようなものですね。

なお、STORES.jpのウリのひとつである倉庫サービスは国内配送のみに対応しておりますので、海外販売の場合は対象外です。
もう一つのウリである商品写真撮影サービスは海外販売商品でも利用できます。きれいな写真があるだけで購入率はグッとアップしますので、ぜひ活用したいですね。

詳しい料金と機能一覧はこんな感じです。
https://stores.jp/price

では実際にストアを開設してみましょう。
ストアの開設はとにかく簡単です!アカウントを開設したら即座にストアが出来上がります。


ただ、サイトデザインのバリエーションは少ないです。画面上部に表示されるお店のロゴを画像にできるのと、アイテムのレイアウトを選べるくらいですかね。シンプルでスタイリッシュななデザインではありますので、とにかく素早く開設するにはいいかもしれません。

英語化はログイン後、「ストア設定」の「英語対応」をONにすると即座にサイトの表示が英語に切り替わります。英語か日本語かのどちらかのみを選べる形なので、日本語と英語の両方に対応したショップの運営は原則としてできません。また、個別の商品説明等の英文は自分で用意する必要があります。


ただ、商品説明欄や商取引の表示には日本語と英語を併記できますので、基本的な表示は英語にして文章は日本語と英語を両方書いてしまうという荒技が可能かもしれません(?)
同じことはJugem cartでも可能なようですが、あくまで自己責任でお願いいたします……。

ちなみに、「英語対応」スイッチをONにした途端に特定商取引法に基づいた表示は初期設定での英文が表示されますが、配送方法や支払い方法などが初期設定のまま思いっきり公開されるので注意が必要です。そのままだと送料が無料になっていたりします。
一文字でも編集すると英文ではなく日本語になってしまうので、あらかじめこの部分の表示も英文を自分で用意しておいた方がいいですね。

個別の商品ページはこんな感じです。オプションの設定ができます。
あくまでシンプルですね。

なお、STORES.jpもJugem cartもサーバーはAmazon Web Service ですので、海外からのアクセスも問題ないと思われます。

Jugem cartとの使い分けですが
・とにかく素早く、簡単にストアを作りたい -- STORES.jp
・色々カスタマイズしたい、本格的に労力をかけてストアを運営したい -- Jugem cart
という感じかな、と思います。
また既に日本国内でカラーミーショップを使用している場合、連携のできるJugem cartの方が便利かもしれませんね。

なおどちらも独自ドメイン設定が可能ですので、後からの乗り換えも可能です。
ぜひローコストでの海外ECに取り組んでみてくださいね!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

lyrico-海外へ情報発信さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。