昨年からインターネット上でアイドル楽曲大賞という催しが行われているということで、2回目になる今回投票に参加してみました。全てのノミネート曲を聴いたわけではないのですがTOKYO IDOL FESTIVALにも参戦してある程度の楽曲は耳にしているので、その中から考えてみた結果が以下の通りになります。なお投票は11月27日(水)中まで受け付けているということです。詳しくはトップページをご覧ください。



~メジャーアイドル部門~
1位 BABYMETAL「メギツネ」
「メギツネ」<通常盤>/BABYMETAL
¥1,260
Amazon.co.jp
この曲はもはやアイドル史どころかJ-POP史に残る傑作と言って良いと思います。ヘヴィメタというジャンルに「和」の要素と「萌え」の要素が内包されているのはこの曲を置いて他にないのではないかと。メロディーといいSU-METALのボーカルといい一秒たりとも隙を感じさせません。BABYMETALというアーティストどころか「ジャンル」の誕生まで決定づけたような、2013年の音楽を語るにあたって絶対に外せない一曲。

2位 Negicco「アイドルばかり聴かないで」
アイドルばかり聴かないで/Negicco
¥1,000
Amazon.co.jp
現在の過熱するアイドルブームの清涼剤としてこれ以上の位置づけはないと言える名曲。あれこれ色々言いつつも最後に「そんなにアイドルが好きなら、ねぇNegiccoにしてね」と、あくまでも慎まやかに投げかけるところが非常に美しいです。小西康陽とNegiccoの相性はほぼ完璧と言っていいのではないでしょうか。

3位 私立恵比寿中学「誘惑したいや」
アルバム『中人』収録曲でレビューはこちら。たむらぱん提供の楽曲。”ゆうわくわくわくわくわくわく、わー!”のインパクトも相当ですが、そもそもとしてのメロディー・構成がすごく上手く作られていて隙がないんですよね。どことなく切なさを感じさせるメロディーは絶品という一語に尽きます。シングル「禁断のカルマ」「梅」「未確認中学生X」いずれも素晴らしい作品でしたが今年のエビ中の代表曲はこれでいいんじゃないでしょうか。

4位 きゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん」
レビューはこちら。アイドルと言うにはもはや違うとも思いましたがノミネートにあったので。中田ヤスタカの発想はもはや天才という域を超えていると思わせた衝撃の作品。

5位 PASSPO☆「妄想のハワイ」
レビューはこちら。HAWAIIAN6の安野勇太提供。大変に記憶に残りやすいキャッチーなサビと、妄想だけあってちょっと切なくなってしまう歌詞。PASSPO☆の曲は常にレベルの高いクオリティを保持していますがその中でも上位に入る出来ではないかとあらためて。


~インディーズ/地方アイドル楽曲部門部門~
この部門はノミネート曲の大半が知らない曲なので、簡単に。
1位 まなみのりさ「花魁サンダーfeat. MASSATTACK from SPONTANIA / アスタラビスタ」
「和」の雰囲気とラップパートがうまくマッチしている傑作。何と言いますか、インディーズでは勿体ないような気がしました。

2位 大森靖子「新宿」
TOKYO IDOL FESTIVALでの初聴。初っ端からきゃりーぱみゅぱみゅという歌詞が出たことに衝撃。ライブの内容も衝撃。

3位 リンダⅢ世「未来世紀eZ Zoo」
4位 リンダⅢ世「愛犬アンソニー」

群馬発の日系ブラジル人ユニット。これもTOKYO IDOL FESTIVALで見たことによる選出。

5位 たこやきレインボー「オーバー・ザ・たこやきレインボー」
関西から生まれたスターダストのダスト系。今後に期待も込めて。


~アルバム部門~
1位 ももいろクローバーZ『5TH DIMENSION』
レビューはこちら。どの楽曲からも発されるオーラが半端なかったです。曲順もかなり練られていましたね。

2位 私立恵比寿中学『中人』
レビューはこちら。とにかくここまで真正面からジャンルの限界に挑戦しているアルバムも他にないと思います。1位と2位はもうほとんど差がないと言い切って良いでしょう。

3位 NMB48『てっぺんとったんで!』
これは未レビュー。シングル曲中心でしたがやっぱり表題曲「てっぺんとったんで!」のギラギラ感が半端なかったですね。この1曲だけでもっても一枚のアルバムとして成立しているという勢いを感じました。

なお一応ノミネートはされてますがきゃりーぱみゅぱみゅ、Perfume、SCANDAL、E-Girlsの作品はランキングから外しました。

~推し箱部門~
・Perfume
自分の中では完全に殿堂入りしていますね。もうアイドルという枠からは飛び超えていると思います。でもこのグループがいなければ今のアイドル隆盛もなかったんじゃないでしょうか。最近そんなこともふと考えてしまいます。


AD

コメント(3)