ぴっぷるご兄弟物語☆

狆のぷるぷるとぴっぴのらぶらぶな毎日♪


テーマ:

メッセージやコメント本当にありがとうございます
本当に淋しくて悲しくて辛くて、まだ全然受け入れられません。
ってか、あのこたちがいなくなったら
私生きていけないと思ってたのに
生きてる。

あの子たちのいない毎日

本当にさみしい
どうして私だけおいていっちゃったのだろう

ぷるは、私と13年一緒にいてくれた。
そのうちの10年ぴっぴと3人ずーっと一緒
日常がなくなった

特にぷるとは、最初何も考えず
ノリだけで買って連れ帰ってきてしまって
(昔のアイフルのくーちゃんのCMのように)
かなり悪戦苦闘し、確執もあった。
最初の1週間、ノイローゼみたくなり毎日、

ショップに返すって泣いてたのは知ってるひとも多い。

たくさんの友達に励まされ、1週間すぎたら
もう手放せないいつでもどこでも一緒になった
 

アルバムをみてる

初めてうちにきた日のぷる

首に青いリボン巻かれてた

ぷるをつれてきた段ボールまだある

DCF00741.jpg

 

DCF00742.jpgDCF00743.jpg

 

着せ替え人形になったり

DCF00757.jpgDCF00767.jpg

 

ぷるといろんなところに行った

ドックイベントはもちろん

旅行もたくさんいったし

花火もお祭りも

普通犬連れていかないようなところも

とにかくいつでもどこでも一緒に行った

 

DCF00744.jpg

DCF00750.jpgDCF00002.jpgDCF00771.jpgDCF00748.jpgDCF00749.jpgDCF00751.jpgDCF00752.jpgDCF00753.jpgDCF00770.jpgDCF00746.jpg

 

 

毎回一緒に帰省して、常に一緒にいた

DCF00762.jpg

お墓詣りも

DCF00003.jpg

 

地元の友達にあうときも

DCF00769.jpg

DCF00761.jpg

 

DCF00745.jpg

 

ぷるのおかげでたくさんのお友達もできた

ぷるがつないでくれた縁はすごい

まだ光が丘のお散歩会が、集合場所の

丸テーブルにみんなが座れる頃には、

ぷるのお誕生日祝いもしてもらった

DCF00765.jpgDCF00766.jpgDCF00756.jpg

いつもたくさんのお友達といろんなことした

DCF00772.jpg

 

ぷるは内弁慶なところがあって

そとだとみんながおやつってわらわら集まってても

輪のそとでちょこんとじーっとみて待ってた

DCF00764.jpgDCF00763.jpg

お散歩が大好きで

いつもマイペースにくんくんくんくんしてた

 

光が丘では偶然、

ぷると同じ顔で一回り体が小さいだけの

同腹の一年後の妹のまめちゃんとも出会えた

DCF00755.jpg

 

さみしい

ぷるに会いたい

ぴっぴに会いたい

 

DCF00758.jpg

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
引き継ぎの先生きて、
血液検査すると同時に
点滴はじめるからお待ちくださいと言われた。

なんかとてもイヤな感じがして
今日ぷる、いきなり死んじゃうとかありますか?
って聞いたら
なんとも言えませんて…

今日、お時間大丈夫なようなら
これから看護士さんが流動食あげたら
一緒にいれるお部屋作るのでなるべく一緒にいてあげてください。
と言われる。
そしてなにかあった場合の気管そうかん心臓マッサージの希望や
輸血の希望なんかをきかれる

もう頭が真っ白になり何もはいってこない
貧血の数値が11まで下がってしまったとか…
ぷるのカラーには酸素つけられてて、
点滴されててかなり痛々しい
なのに何かぷるは訴えてて立ち上がろうとしてる

先生にこんなかんじで昨日一晩中泣いてたんですけど
だいぶ痛いのでしょうか?
ってきいたら
んー痛いというより
何か訴えてるかんじですよね
って先生もいっていて…

何回も何回も立ち上がろうとしてた

おうちにかえりたかったのかな…

もう、治療をやめて家に連れてかえる選択もあった
でも、だいぶ苦しそうで
輸血をしたら少しは楽になるって言われた
ぷるが楽な方がいいって
私がずっとついてる条件で輸血お願いしたけど

クロスマッチングの検査や、色々してぷるまた静脈の確保に足に留置針さされたとき悲鳴あげてた
そして輸血の血のチューブつないで
血栓予防の注射もシリンジポンプにセットして
流す前に体温はかるっておしりに体温計いれてはかってる最中に
ぷるの呼吸がうすくなってきて…
先生が呼吸してないな!!
って、
ママきてって
またぴっぴと同じ部屋に連れてかれて
ぷるにも口にチューブ入れられ
色んな注射打たれて心臓マッサージ
もうぷる、だらんとしてておしっこはたれてる

体温はかってるときに意識失って呼吸がとまってしまったときに
逝かせてあげれば良かったのかもしれない
その前に、家に連れて帰ってあげて家で看取ってあげたほうが良かったかもしれない
ぷるは家に帰りたいって訴えてたのかもしれない

でも私は1分1秒でも長くぷるといたかった。
まさかぷるがこんなにいきなりいってしまうとは思わなかった。
あと1ヶ月ちょっとで3月19日
ぷるの14歳のお誕生日
御祝いしたかった。

でもまた何本も注射打たれて
心臓マッサージどんどんされて
ぴっぴのときと同じ説明…
最後の薬打ってから5分すぎましたが戻りません…

もういいです、もうやめてあげてください
って今さら…
最後の最後までぷるに辛い思いさせてしまった。

ぷるは、ぴっぴと違って赤坂動物病院毎日、
朝から晩までお預かり点滴で毎日毎日、通院してたから
担当の先生はお休みだったけど
病院の先生方スタッフみんな知っていて
代理の先生が、
ぷるぷるちゃんは本当に頑張ってましたよ
いつも一人でずっと点滴してたけど
今日はずっとママもそばにいてくれたし良かったと思いますよ
とか、輸血をもう少し早くしていれば
とか私も後悔が残るばかりですとか
なんか色々言われた。

結局、貧血で酸欠状態になり脳に血液がいかなくなって呼吸がとまってしまったんだそうだ…

本当に眠るようなかんじで…
でも私が気管そうかんやら心マをお願いして苦しい思いさせてしまった


ぷる、ぴっぴの後を追うように
ぴっぴが亡くなってから49日もたってない1ヶ月ちょっとで逝ってしまった。

2017年1月28日15時頃
13歳10ヶ月 永眠

私の可愛い可愛い大好きちゃん
初めての私だけのこ。
がんこで変わり者で、甘えん坊で晩年はすごくビビリで…
何しても何もしなくても存在してるだけで可愛くて
わたあめみたいなすごいいい香りで
ふわふわでむちむちでぴちぴちで
抱っこすると私の凹凸にピッタリはまって、
ぷるは私の一部だった
精神的には私の全て。

ぴっぴもいない…
ぷるもいない…
淋しい
辛い
淋しい
辛い

朝起きて胸の上にいたぴっぴがいない
顔の横か足元にはぷるがむにっていたのにいない

トイレいっても、キッチンいっても戻ると
可愛い可愛いくりくりの4つの目が私をずっと見てた
何するにも二人は私のこと目で追ってた。
そんな二人に私はたくさんお留守番させてた。
本当に二人にはひどいことばかりしたのに
二人にはたくさんの楽しい想い出や癒し、
たくさんの出会い、
本当に素敵な日々をくれた。
本当にさみしい

ぴっぴもぷるも、毎日呪文のように
ママっちょとずっとずっと一緒にいてくれるひとー
って手だすと
はーいって手だしてくれたのに、
12月くらいからやらなくなったんだよね…

環境の変化に自分たちはいないほうがいいのかもしれないって思ってしまったのかもしれない。

本当にさみしい
もうぴっぷるの温かい柔らかいふわふわを抱っこできない…
私をもう見つめてくれない…
本当につらい

ぷるも、ぴっぴと同じ池袋のペットエンジェルゲイトさんで
1月30日にお見送りしました。

ぴっぴと同じく冷たくなったぷるをカートにいれて
ぷるの好きだったお散歩コースを散歩して
ぷるの好きだったいちご大福買ったり
お供えのお花買ったりしながら一周した。
ぷるとは本当に色んなところにいった
色んなことした
ぷるとの生活、本当に楽しかった
ぴっぴがきてもっと楽しくなったのに
一気に二人いなくなっちゃった

ぷるのお口にも大好きだったいちごちゃん入れた
1日中ぷると一緒にいた
寝てるようにしかみえなかった…
何回も呼んだり抱っこしたけど起きない
ぴっぴのときと同じ手握って背中抱いて寝た。
ぷるのときは眠剤飲んで寝たからかなぜか不思議の国のアリスの夢見た。
ぷるは自分のこと犬とは思ってなかったし、
私もぷるはぷるって生き物で犬とは思ってなかったから
不思議の国の住人だったのかもしれない
本当にあんなに私のことをわかってるこはいないだろうな…

30日にお見送りするとき、ぴっぴのときは引越のドタバタで見つけられなかった
ぴっぷるの大好きだった
キタヲさんに作っていただいたあみぐるみを
ぴっぴのぶんもいれて
いちご大福、ささみ、なんこつ、牛ランプステーキ
りんご、いちご、柿、ぼーろちゃん
ぴっぴにもあげてねって大量に持たせた。
あとぷるも大好きだったたまごちゃん
ぴっぴとよくぴーぴーぴーぴー遊んでたな
2つ用意しても
絶対ぷるがカミカミしてるほおぴーが奪いにいくんだよね

二人がいないことに耐えられなくて
ぷるをお見送りしてすぐ
ぴっぴも連れて実家に帰ってきた。

起きてぴっぷるがいないことに耐えられない
ずっと寝てる
でも生きてることが不思議
ぴっぷるがいなくなったら死んでしまうと思っていた。
本当につらい
こんな日がこんなに早くくるなんて

ぴっぷるに会いたい

皆様、本当に今までぴっぷるを可愛がっていただきありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。